ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Smkon・RTA】RVTA を買いました

f:id:nukayoro:20170513095228j:plain

「がんばりたいのに、がんばれない」

「がんばるのがつらい」

リーマンをやってる方々なら会社で年に38回は耳にするセリフです。お仕事をがんばることがつらくなる原因の多くは「がんばる方向を間違っている」からです。あなたが管理職なのであれば、そう言う部下の日常業務のやり方、特に優先順位の付け方をウォッチしてみてください。どこかに違和感を感じる部分が見えてくるはずです。そこを押さえるだけで変わってくることがよくあります。

そこでどなたか私にアドバイスをお願いします。

「ビルドする気の起きないアトマを買ってしまったときは、どのように考え方を切り替えればよろしいでしょうか?」
「イラッとしてぶん投げたくなったときは、何メートルを目途に投げればよろしいのでしょうか?」

 

Smkon RVTAを買いました。

買いましたというより、しばらく前に買っていました。箱からを出して眺め、一度バラしてみたものの、そっと箱に戻して放置していたアトマイザーです。せっかく買ったのだからブログ記事にしなくてはと思ってはいたのですが、その見慣れない複雑怪奇な構造が私を「がんばりたいのに、がんばれない」状態に陥れていたのです。

もう、めんどーでめんどーで仕方ありませんが、がんばってみます。

25mm
高さ ドリチ込み56.5mm
タンク容量 6mm
デッキ よくわからない形状で4ホール

f:id:nukayoro:20170513110349j:plain

外箱です。ところでRVTAとはなんなのでしょう。「V」はverticalなんですかね。このアトマ、コイルを垂直に設置する仕様です。結局のところ、RTAですね。縦巻きですって。いやぁぁ、めんどくさいぃぃ

 

f:id:nukayoro:20170513110509j:plain

同梱物です。小袋の中にコイルジグのようなものが入っていますが、これはビルドを行うとき必要になります。久しぶりに見たSmkon RVTAですが、もうこの時点で萎えます。めんどーです、最後までやりきる自信がありません。

 

f:id:nukayoro:20170513110538j:plain

アトマを分解しました。真剣にやれば10くらいのパーツにバラすことができますが、これ以上はかんべんしてください。ここまでバラすのもめんどーだったのですから。

f:id:nukayoro:20170513110839j:plain

めんどーなので、メーカーのサイトから画像を引っ張ってきました。これ見てやる気を起こすベイパーなんているのでしょうか。なぜ私はこのアトマを買ったのでしょう。「25mmのRTA」くらいしか見てなかった気がします。いやぁぁぁ、めんどくさぁぁぁい。

 

f:id:nukayoro:20170513161253j:plain

付属のコイルジグを利用してコイルを固定、ネジを締め上げます。コイルジグがしっかりと固定されているので、コイル足をネジ留めしている間コイル位置は一切ぶれません。曇天の空に晴れ間が見えた気がします。これ、見た目よりビルドは難しくはありません。逆にやりやすいとさえ言えます。難を言えば、このジグでしょうか。約3mm径ですので、コイル内径はそれ以上が求められます。2Φや2.5Φで組むときは代替品を探す必要がありますね。

 

f:id:nukayoro:20170513162033j:plain

あっと言う間にコイルを組むことができました。いい感じです。私は彼のこと、Smkon RVTAのことを誤解していたのかもしれません。

 

f:id:nukayoro:20170513162411j:plain

コットンは下から上へ通します。(ベースパーツから外して作業します)ピンセットさえ持っていれば簡単です。鼻歌を歌いながらでも2~3分で終わるでしょう。もうこのあたりになればご機嫌。パッと見で「複雑」「めんどくさい」と考えてしまった自分を恥じたいくらいです。

 

f:id:nukayoro:20170513163343j:plain

機嫌がいいので、撮り忘れていたポジピンの出っ張り具合も再撮影します。ふだんなら撮り忘れたら忘れたで「それはそれでよし」とするのですが、Smkon RVTAへの贖罪の気持ちが私に再撮影をさせたのです。肝心のポジピンですが、あまり出っ張ってはいませんね。

 

f:id:nukayoro:20170513163708j:plain

はいっ、完成!エアフロホールはボトムに4ヶ所開いています。
Smkon RVTAはコイルが縦巻きですので、コットンの端は上下に置かれることになります。ここは一工夫されており、コットン上側下側共にリキッドが供給される仕組みになっています。当然ながらガラスタンク内のリキッドは下側から供給されるのですが、チムニー内にもリキッドを溜める部分があり、上側のコットンへはそこから供給されるのです。Smkonのこのアイデアには"称賛"という言葉しか出てきません。いずれはGeek VAPEやWatofoのような有名メーカーになるでしょう。

 

f:id:nukayoro:20170513164639j:plain

リキチャはトップからです。画像上はリキチャホールが閉じている絵、下はホールが開いている絵です。トップリフィルを捻るだけでホールの開閉ができますので、パーツを取り外すことなくリキチャができます。手を汚すこともありません。Smkon RVTA、神懸っています。

 

f:id:nukayoro:20170513165423j:plain

リキチャしてみました。メーカーサイトには「最低このあたりまでリキチャしてね」との注意書きがあります。チムニー内のタンクにもリキッドを流入させるためなんですね。すでに私はSmkon信者ですので、なんでも従います。いや、従わせていただきます。

コイルはクラプトンデュアルですので、最初から出力高めで吸ってみます。0.6Ω 30Wで。

 

ドボドボドボドボ・・・・・

ボトムエアホールからリキッドがだだ漏れです。
パーツ同士の締め付けが甘かったのでしょう。一度すべてバラシて再度組み上げます。水で洗浄したのでコットンも入れ替えです。再度、リキチャをします。

 

ドバドバドバドバ・・・・・

だだ漏れです。もう一度アトマをバラシてよく眺めてみました。
漏れているのはここです。

f:id:nukayoro:20170513170607j:plain

ここのパーツ間の隙間から下へリキッドが漏れています。Oリングは嵌っているのですが効いていないようです。

 

デンタルフロスを下に敷いてからOリングを嵌めます。
ダラダラダラダラ・・・・・

 

一回り太いOリングを探し、それを嵌めます。
ビロビロビロビロ・・・・・

 

チムニー内のタンクにリキッドが入れないようにリキチャ。
それは無理っ。

よーくよーく見ると、パーツが少し歪んでいます。ふっ、と自然と笑みがこぼれます。

 

窓開けてぶん投げてやりました。

 

先日のリキッドの記事では「味」の記述が無いとのお叱りを受けましたが、今回も「味」の記述はありません。クレームは受け付けません。

----------

※後日談
買った先のGEARBESTさんに相談したところ、10ドル分のポイントをくれました。購入価格が23ドル、モノは返送しなくていいので、まーいーかと。返送するとそれだけで送料2,000円くらいとられるみたいですしね。GEARBESTさん、ありがとう!ということでMODを発注してしまいました。

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび