ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[nukayoro.vape@gmail.com]

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その3 コットンについて

「中学生の娘に、なに贅沢なもん買い与えているの!」家内が怒っています。聞くと、自分が使っているモノより何倍も値段の高いコットンを娘が使っており「お父さんにもらった」と説明をうけたとのこと。「コットン程度で・・・」と言うと火に油ですし、「VAPE用にいろいろと・・・」と言うと火にダイナマイトですので、家内にも一袋コットンを献上しました。機嫌が直りました。

そういえば、VAPEを始めた頃、コットンについていろいろ調べた記憶があります。ネタも無いことですし、コットンについて書いてみます。

Q:コットン選びは重要?リキッドのおいしさはコットンで決まるの?

A:少し長くなりますが、聞いてください。コットン選びは重要です。コイルで熱するのですから有害物質が含まれているものを使用するわけにはまいりません。農薬等の化学薬品を使っていない“100%オーガニックコットン”を使用しましょう。

私がこれまでに購入したコットンは以下の通り。

 

【江原道(Koh Gen Do) オーガニックコットン】

f:id:nukayoro:20170305183442j:plain

VAPE界ではMade in Japan製品が世界的に好まれているのですが、その中でも有名な製品のひとつです。娘が言うには100均のコットンとは肌触りがぜんぜん違うそうです。もう少し大きかったらなぁ、とも言ってました。

 

【資生堂 クレ・ド・ポーボーテ ル・コトンn】

f:id:nukayoro:20170305184208j:plain

舌の噛みそうな名前のコットンですが、こちらも有名どころのひとつです。江原道はamazonと楽天で売ってましたが、こちらは楽天にしかありませんでした。家内が言うには「高もんはやっぱり違う」だそうです。

 

【Kendo Vape Cotton Gold Edition】

f:id:nukayoro:20170305185035j:plain

VAPE用のオーガニックコットンです。海外製なのに日本っぽさを演出しています。VAPE界では日本製品が好まれる、との証明になっていますね。GOLDでないスタンダード版もありますが、繊維の向きが揃っているこちらの方が扱いやすいと思います。

 

【Cotton Bacon Version2.0】

f:id:nukayoro:20170305185756j:plain

こちらもVAPE用のオーガニックコットンです。Kendoはマレーシア製ですが、こちらはアメリカ製になります。雑味が少ないとされています。

 

 

上記の製品以外では、購入はしたことありませんが、無印良品のオーガニックコットンやNINJA WORKZの製品が有名ですね。

 さて、コットン選びですが、100%オーガニックという大前提を除けば、ポイントは二点だけだと私は思います。(今回、価格は無視)

① 家庭持ちであるか否か
家庭持ちであるならば、資生堂か江原道をおすすめします。コットンなんて普通に使っていればそうそう減るもんではありません。一袋で100枚以上入っているものが多いので、半分も使わないうちに他のもんを試してみたくなると思います。そんなとき、奥さまか娘さんがいらっしゃれば、プレゼントにできるわけです。「いい歳のおっさんから高級コットンをもらう」という一般的にはありえないシチュエーションが家族の和を強固にするでしょう。

② ものぐさであるか否か
あなたがものぐさであるならば、Kendoコットンをおすすめします。正直なところ、購入した製品に吸水力の差は感じませんでした。唯一、Kendoだけはウィッキング直後、めちゃくちゃ吸水しにくいのです。リキッドを染み込ませるためにボトルの先でちょんちょんぐりぐりとやってやる必要があります。ただ、一度リキッドを染み込ませてしまえれば、あとは他の製品と同じように吸水しますよ。

私はものぐさですので、リキチャの手間を惜しむがゆえによくコットンを焦がします。「あ、イガった」と感じてからリキチャをすることが多いということです。当然のことながら、そういう運用のしかたをしているとコットンの寿命が短くなりますよね。コットンが焦げれば焦げるほどリキッドの味は落ちていきますし、どこかのタイミングにコイルの中で焼け切れてしまいます。

Kendoコットンは他製品と比べて、なぜか焦げにくいのです。これに替えてから、コットンが焼け切れるということがほぼなくなりました。しょっちゅうコットンを交換するという方は別ですが、一日でも長くもたせたいという方にはもってこいのコットンです。(ちなみに私のコットン交換サイクルはだいたい週一です)

f:id:nukayoro:20170305195313j:plain

吸水性、耐久性の面で述べてきましたが、次は“味”について。

誤解を恐れずに言うならば、味はどれも同じです。ネット上にはたくさんのレビュー記事で味の違いが語られていますが、メーカーから製品提供を受けてのレビューに対しては、それは「ウソ」か「プラシーボ効果もしくは体調の変化」だと私は思っています。かたや、自ら購入して味の違いを語ってらっしゃる方がいますが、その方はズバリ「プロベイパー」です。スーパーサイヤ人ということです。金髪です。

私はスーパーサイヤ人ではないので、味の違いがわからないのです。そういう意味では、Cotton Baconの購入はプロベイパーになってからでよかったのかもしれません。味も吸水性もどうってことないようにしか感じませんでしたから。

コットンについては、製品よりもコットンワークを重視したほうがいいと思います。私の場合、「デンシタバカー blog」の"コットンワークの真相"という記事を拝見してから以降、安定したビルドができるようになりました。コットンの量については今でも試行錯誤をしていますが、作業の基本はここで身に付いたのではないかと思っています。ご参考まで。

 

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その1

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その2

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その3 コットンについて

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その4 ビルド用の道具について

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その5

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その6 海外通販について

【Q&A】VAPE初心者の疑問(その7

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび