ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[nukayoro.vape@gmail.com]

【Cthulhu MOD・RDTA】GAIA RDTA を買いました

f:id:nukayoro:20170305132312j:plainf:id:nukayoro:20170305132326j:plain

China Vape TVを観て「これ、欲しいなぁ」と思っていたところ、VAPECHKさんに入荷したので購入。Cthulhu MOD GAIA RDTAを買いました。

私、平日はiStick Picoを持ち歩いています。持ち出すタンクアトマイザーはMerlin RTA、Fodi F2 RDTA、Theorem RDTAなのですが、Theoremのリキチャのしづらさがガマンできなくなってきたので、その代わりとなるタンクアトマイザーを探していたのです。

f:id:nukayoro:20170305143758j:plain

ふだんは小さいウエストポーチにPicoと15mlユニコーンボトル1本を入れて持ち歩いてるんです。なので、タンクはそんなに大きくある必要がありません。リキチャがスムーズにできれば2mlもあれば十分なんですね。

しかしこのウエストポーチ、ダイソーで買ったのに500円もしたんです。値札をよく見ていなかったので、レジで「ウッ」となってしまいました。

 

 

f:id:nukayoro:20170305134621j:plain

ベロシティデッキはやっぱり組みやすいですね。今回はカンタル、デュアル、マイクロで0.5Ωくらいで巻いてみました。ボトムフローですので、エアの出口になるべく近づけるようコイルセッティングをしました。ベロシティ&マイクロコイルのパターンはマッハで組めますので気持ちがいいものですね。鼻歌全開です。さっき録画しておいた「アナと雪の女王」を観ていましたので、ここは松たか子さんの「ありのままで」でしょう。サビしか知らないので、そこをループさせるわけですが、「少しも寒くないわ♪」のフレーズで隣りの部屋から娘が必ず「寒いわっ」とツッコミを入れてくれます。部屋が寒いのか私が寒いのかをたずねる勇気はありません。

それはともかく組みあがりましたので、Picoに載せてみましょう。

f:id:nukayoro:20170305142147j:plain

え゛・・・・・・・・・・すいません、へんな声が出てしまいました。みなさん、お気をつけください。綿密な調査を実施したところ、このGAIA RDTAは24mmだということが判明しました。Picoには載りません。やる気がなくなったのでTVでも観てきます。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻りました。どうでもよくなってきました。こんな感じです。まー いいんじゃないでしょーかー 漏れるかどうかはわかんないけど まー どーせ 外に持ち出すことないですしー まー いいんじゃないでしょーかー なにがいいのかはよくわかりませんけどもー

f:id:nukayoro:20170305142520j:plain

気をとりなおして、20Wで吸ってみました。スッカスカです。これ、画像に見えるボトムのエアホール(これボトム)以外にサイドにもホールが開いてるんです。トップキャップがネジ式になっており、それを回して開けていくとサイドエアホールが徐々に現れる構造です。

f:id:nukayoro:20170305164053j:plain常道ですので、サイドを全閉にしてボトムエアフロー全開で吸ってみました。これでもスッカスカです。私、「ズボボボッ」って感じが好きなのですが、「ヒュオーン」って感じになってしまいます。伝わってますよね、言ってることが。サイド全閉ボトム半分で吸ってみましたが、これでもいまいち。

 

実は、China Vape TVではボトム閉めてサイドエアフローだけで吸う方がおいしい、とChengさんがおっしゃってたんです。「んなわけあるかいな」と思ってたんですがそれが正解でした。ボトムを全閉にして、サイドホールを下から1mm程度見えるくらいに開けて吸ってみたところ、きました。ナイスな食感です。

そういえば、上下でホールの開閉ができるサイドフロー製品は初めて使います。多くの製品は左右の開閉で調整しますよね。他の製品はわかりませんが、ことGAIA RDTAのサイドホールはほんの少しの開閉で大きく食感が変わります。また、左右調整のものと比べてヒューッと鳴る風切り音が出にくい気がします。

このポイントはめちゃくちゃいいところかもしれません。これだと私、どんなコイルをどのように巻いてあったとしても、エアフロー調整だけで好みの食感に合わせにいける自信があります。根拠はありません。

しかし、不思議です。なぜボトム全閉でこれだけの味が出るのでしょう。一生懸命中を覗いてみましたが、サイドにはぽっかりと穴が開いているだけで、エアをコイルへ導くような仕組みはありません。しかも、好みの食感に合わせたとき、サイドのホールは中のコイルから大きくずれて距離ができてしまっています。

GAIA RDTAは「コイルの位置は下から上へ流れるエアの通り道に」といった私の中の常識を覆してしまいました。ボトムのエアーホールを閉めてしまえばリキッドの漏れ耐性も上がりますし、これ、サイドオンリーの運用でぜんぜんいけます。しつこいようですが、Picoに載らないので私は外出の際の持ち出しには使いませんし、別に漏れてもいいんですけどね、別にね。どーでもいいですけどね。

ならば最初からサイドエアホールのみで製品を作ればいいのに、と一瞬考えましたがそれは違いますね。これにボトムエアフローの仕組みが付いていなければ、いくらChengさんがホメてたとしても私、買ってませんね。エアをボトムに導く仕組みの無いサイドエアフロー製品なんて興味も持たなかったでしょう。“ボトムは見せかけ”という空前絶後の企画を承認したCthulhu社上層部の思い切りが販売台数8600万個の大ヒットを導いたのでしょう。商品企画部の勝利ですね。数字はうそですけどね。

GAIA RDTAにはもうひとつおもしろい仕組みがあります。

f:id:nukayoro:20170305172211j:plain

絵にあるように、デッキの真ん中に穴が開いており、ここからリキチャするのです。すると、タンク内に位置するデッキの中央柱の小さい穴からリキッドがウニョって感じで出てくるのです。ウニョというよりもウンニョォって感じですかね。どうでもいいですね。

タンク内にあるデッキの穴がユニコーンボトルの先端より小さいため、最初は不安でしたが余裕でした。穴の口がすり鉢状に少し斜めに広がっており、そこにユニコーンボトルの先端を押し当てながらチャージすると、リキッドはこぼれることなくタンクに納まっていきます。トップキャップを外さずとも、ドリップチップを外すだけでリキチャができますので、手がべとべとになることもないでしょう。

もし、GAIA RDTAが22mmアトマイザーであったならば、持ち出し用のTheoremだけでなく、MerlinやFodi F2までもを駆逐していたことでしょう。 

f:id:nukayoro:20170309203806j:plain

まったくどうでもいい画像なんですが、少しうれしかったのでアップしました。

ここ一週間ほど、GAIA RDTAばかり使っていたのですが、その際のMODが嫌いになりかけていたPioneer4You iPV 6Xなんです。Dani BOXに載せるよりぜんぜん似合ってました。iPV 6X、復権です。Picoには載りませんけどね。しつこいですけどね。どーでもいいですけどね。

 

↓ 「GAIA」でパチンコ屋をイメージしてしまった方はくりっく!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび