読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[bububu@sky.707.to]

【Vapemod・MOD】Thunder King 88W TC KIT を買いました

f:id:nukayoro:20170316200438j:plain

先日、iStick Picoの代わりとなりうるMOD探しを記事にしました。

その記事のコメント欄にMODの情報提供をくださった方がいましたので、特に深く考えることなく、そのMOD、Vapmod Thunder King 88W TCを買いました。

f:id:nukayoro:20170316201948j:plain

特に表記が無いので、メーカーがわかりません。ケース横に表記されているURLを叩いてみました。「現在、お取り扱いしておりません。」意味不明ですね。恐らく、"Shenzhen SunZip E.S. Technology"という企業がメーカーで、"Vapmod"がブランドで"Thunder King"が製品名なのでしょう。そういうことにしておいてください。ケース裏側にwww.sunzipchina.comとの表記がありましたので叩いてみました。ブラウザをそっと閉じました。今、見てはいけないものを見てしまった気分です。

製品ですが、MODとクリアロマイザーのセットになっています。

<MOD仕様>
高さ:70mm
幅:38.5mm
奥行:23mm

Variable wattage: 5W-88W
Temperature control: 100'C-300'C / 200'F-600'F
Mode: Power mode/TC mode (Ni/Ti/SS)/TCR/Bypass
single 18650 battery

<クリアロマイザー仕様>
高さ:42mm
直径:22mm

2ml juice capacity
Pre-installed 0.9ohm cCELL coil

<同梱>
USBケーブル
ユーザーマニュアル
ワランティーカード

セットするとこんな感じになります。

f:id:nukayoro:20170316204747j:plain

もう見るからにショボいクリアロです。eGo AIOでさえ可能なエアフロー調整もできません。消費者をなめているとしか思えません。腹が立つので、窓からぶん投げてやりました。「いつか私にもメーカーさんからレビュー依頼があるかも」と思い、今日は提灯記事を書く練習をしようと考えていましたがヤメです。

このMODの最大の特徴はここです。

f:id:nukayoro:20170316205549j:plain

iStick Picoと異なり天井部は平坦になっているのですが、なんと電池蓋がアトマイザー設置部分に食い込んでいます。これには驚きました。ナイスアイデアですね。

f:id:nukayoro:20170316210031j:plain

おわかりになるでしょうか。アトマイザーをセットすると電池蓋に被さるようになります。この構造を採用することにより、MODの幅を狭くできたわけですね。

「電池交換の時にアトマイザーが邪魔になるんじゃね?」と思われた方がいるかもしれませんが、そんなことは当たり前ですのでツッコミは入れないようにしてください。なにかを尖らせようと思えば、なにかを犠牲にしなくてはいけないのです。電池交換のときは文句を言わずアトマイザーを外しましょう。 

f:id:nukayoro:20170316210735j:plain

上の画像ではアトマイザーの右部分が少し浮いているように見えるかもしれません。電池蓋はMOD本体と完全なツライチではありませんので当然です。しかも、アトマイザーの締め込みによって電池蓋は傷だらけになります。しかし、心配ご無用。ちゃんと使えはします。

今回、カラーはYellowをセレクトしました。黒いアトマイザーを載せて、阪神タイガースカラーにしたかったからです。しかし、画像ではレモンイエローに見えたMODも実物は山吹色でした。イラっとします。

不親切なことにこのMODはプラス・マイナスの表記がありません。電池は18650を使うのですが、プラスを頭にしてMODに入れましょう。電池底が電池蓋側になるということです。iStick Picoと同じですね。操作スイッチはMOD液晶部の下部にありますが、左側がプラス、右側がマイナスとなります。

f:id:nukayoro:20170316212443j:plain

操作方法ですが、「パフスイッチ5回連打」で電源のON/OFF。「パフスイッチ+マイナスボタン」でメニューに入ることができます。画像はPower ModeでMAX88Wまで設定が可能です。W設定単位は「1W」ですので、小数点第一位の数字が「0」から動くことはありません。あと、温度管理もできるようですが、責任はもちません。なんかむしょうに腹が立ってきました。

f:id:nukayoro:20170316213657j:plain

さて、最重要項目の握り心地ですが、悪くありません。一般の方ならThunder Kingより少し幅のあるiStick Picoのほうが握りやすいかもしれませんが、私は手が小さい方ですのでかなりしっくりときました。いろいろと文句を付けたいところのあるMODですが、この握り心地であれば通常使用に耐えられるだろうと思っています。

・・・と、ここまで記事を書いてきて、先ほど致命的な点を発見しました。

ずっと24Wで吸っていたのですが、先ほど急に10W強まで出力が勝手に落ちたのです。これ、電池残量が少なくなってくると自動的に出力制御をしてくれる機能があるのですが、タイミングが早過ぎます。

電池を取り出して充電器に入れてみると電池残量は45%。別の電池でも試してみましたが、やはり早めに制御が入ります。そして電池残量は46%でした。これって電池半分しか使えないってことですよね。最大出力88Wですが、そんなに出すと3分でカラータイマー点滅でしょう。早いうちに制御を入れることは安全といえば安全なのでしょうが、腑に落ちませんね。

握り心地は合格点、質感は平均以下、機能は最低、といったMODです。次に同じようなMODを買ったとき、間違いなく燃えないゴミとして処分するでしょう。

 

なんかハラ立つ。

 

↓ MODはよく吟味してから買った方がよいと思う方はくりっく!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび