ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【HiLIQ・リキッド】清涼剤Cooling Agents と 甘味剤Sweetener を買いました

f:id:nukayoro:20170320201029j:plainf:id:nukayoro:20170322103534j:plain

【清涼剤 Cooling Agents】

「清涼剤とはす清涼効果を発生して薬性の強くない化学物質の総称ということです。一般、清涼剤はメンソールを指します。その濃厚な匂いや皮膚や粘膜組織と目の強烈な刺激性ので、大量に使用すべきでない。それで、HiLIQは新世代の涼味剤を合成しました。HiLIQの新世代の涼味剤の特徴は、清新、無刺激性なピリ辛、無苦味、低用量です。(原文ママ)」

たまにあやしげな日本語のフィッシングメールが届き、そこから受ける違和感にイラッときますが、HiLIQがやると微笑ましいですね。訴えたいことはわかります。ただ、これ高いんですよね。いえ、10mlで9.99ドルですので一般的には安いとさえ言える価格なのですが、HiLIQのサイトにあっては高級品です。

おすすめの添加濃度は2~6%だそうです。ためしに5%濃度でバカバカ吸っていたのですが、先ほど「キーン」ときました。例のあれです。アイスクリームを頬張っているときにくるあれです。メンソールでそんなことになったことはないのですが、この清涼剤はきますね。

私、飽和メンソールを添加剤に使っているのですが、これは口から喉にかけてスースー感があります。と同時にメンソ特有の苦みを感じます。HiLiQ清涼剤は、ミストが口を通る段階ではそれほどのスースー感はないが、喉奥にきたところで一気にそれを感じる、といったイメージですね。なんか楽しい感覚です。リキッドの風味に対する影響度もメンソより低そうですし、これはいいですね。私にとって濃度5%は高すぎるようです。2%くらいで十分かもしれません。さっきからキーンが止まりません。

以前、同じHiLIQで購入したリキッド、MAGIC7。マズくてどうしても吸えないシロモノだったのですが、これを添加するとおいしいリキッドに昇華しました。リキッドの臭みを3割ほど清涼剤で飛ばしてやったところ、吸えるようになりました。

f:id:nukayoro:20170322170553j:plain

 

【甘味剤 Sweetener】

 「甘味剤は日本の甘党のお客様のために、開発されたVAPE用添加フレーバーです」だそうです。こちらは10mlで3.99ドル、お試しで買いやすい価格ですね。

清涼剤もそうですが、これ、調子に乗って入れ過ぎるとリキッドを抹殺してしまいますね。相当甘いです。キャンディー系の甘さなので、合わせるリキッドは相性を少し考えた方がいいかもしれません。

おすすめの濃度は1~3%だそうです。

低濃度1% キャンディのような甘さ
中濃度2% ハチミツのような甘さ
高濃度3% シュガーのような甘さ

とのこと。これを見ると、5%くらいで試してみたくなりますね。やめておきます。これ、このまま購入したことも忘れ去られるリキッドの一つになる予感がします。言い換えれば、いらんかった、ということですね。

 

うーん、やはりリキッドの記事は書くことがない。 

 

↓ HiLIQはKAMIKAZEを駆逐すると思う方はくりっく!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび