ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[nukayoro.vape@gmail.com]

【クローン・RDA】MEB MODS M-Atty っぽいモノを買いました

f:id:nukayoro:20170429194641j:plain

「限定品」、「入手困難」、「プレミア」・・・この言葉に弱い人は多い。

家内がこっそり隠れて食しているハーゲンダッツのアイスもほぼ「期間限定商品」であり、娘たちが顔に塗りたくっている化粧品も「限定カラー」のモノが多い。販売数量の限られる人気スイーツを買うために長蛇の列を成す人々を目にすることも珍しくはない。

他人の価値観に口を挟むつもりはないが、私は「無ければ無いでかまわない」とする人間なので、こういったプレミアものを必死になって求める方々の気持ちが理解できない。無駄な労力とさえ思ってしまう。

 

VAPE界においても入手困難な人気アトマイザーが存在する。MEB MODSのM-Attyである。プレミアがついており、正規購入以外でこいつを手にするには10万円以上の金が入用とのことだ。

正規購入にはまずは完全招待制のFacebookグループに参加させてもらう必要がある。あの手この手でそのグループに招待されようとするのであろう。もう、その行為を想像するだけで私にとってはじんましんモノである。娘の言葉を借りれば「きもっ」ってことである。次に抽選を突破する必要があるらしい。私は、両手が擦り切れるくらいの揉み手をしながら一喜一憂をする買い手の姿を思い浮かべながら苦笑いを浮かべることしかできない。 

f:id:nukayoro:20170429214441j:plain

手に入りにくいモノを求めるのは「こだわりがあるからだ!」との意見はもっともである。こだわりを持つ人に対しては尊敬の念を抱くし、その思いは尊重したいと考える。

ただ、「それはホント?」と尋ねたい。人が持っていないモノを持っているという優越感はホントに感じないのか?見せびらかして自慢したいという気持ちはホントに持っていないのか?これらの一片でも心にあるとすれば、それは“こだわり”とは言えないのである。早く気付いた方がいい、それは虚栄心だ。

 

MEB MODSのM-Attyっぽいモノを買った。クローンメーカーとして有名なSXKの製造である。3F VAPEで9ドルもしない。お得だ。

f:id:nukayoro:20170429204648j:plain

外箱と内容物である。オーセンだとオプション扱いになる510ドリップチップアダプターが標準で付いてくる。お得だ。

 

f:id:nukayoro:20170429205233j:plain

アトマを分解している。シンプルな構成ではあるが、いかにもいい味を出しそうな風貌をしている。赤いOリングにプレミアを感じることができるであろう。お得だ。

 

f:id:nukayoro:20170429205427j:plain

ポジティブピンがかなり出っ張っている。メカニカルMODを所有しておらず、ここが出っ張ってようがいまいが全く関係のない私であるが、「将来メカを買ったときに使えるかもね(ハート)」と思えるだけでプロベイパーな気分だ。お得だ。

 

f:id:nukayoro:20170429210010j:plain

デュアルマイクロで組んだ。なにも考えずに組んだのでコイルが偏ってしまった、と見えるかもしれないがそうではない。ワイドボアドリップチップということもあり、正面にコイルを置くとスピットバックにやられてしまう。あえてずらして設置することにより、それを未然に防いだわけである。という言い訳は今思いついたのである。

 

f:id:nukayoro:20170429211126j:plain

26Gカンタル 変則デュアルマイクロ 0.5Ω。SMOK AL85に載せた。

これは、ナイスな見栄えである。背が低くシンプルなデザインがMODとの一体感を醸成している。この時点で14,000円もするNectar Micro-steel RDAを超えている。お得だ。

 

さて、ベーピングだ。出力は24Wで。

エアーホールを全開で吸ってみる。
スッカスカである。味は出ていない。

エアーホールを半開で吸ってみる。
スッカスカではないが、スッカである。味は出ていない。

エアーホールを1/3開けたくらいで吸ってみる。
これくらいの食感が心地いい。味は出ていない。

エアフローホールを全閉で吸ってみる。
吸えない。味は出ていない。

つまり、味は出ていないのである。

 

その後何度かコイルの位置を変えたり、コットンボリュームを変えたりしたものの、ピンとくるビルドに行き当たることができなかった。

f:id:nukayoro:20170429212613j:plain

まだマシであったビルドがこいつである。スペースドで組んで、コットンは緩めで短めに。けっこう食感のいいシルキーなミストが出るのであるが、味がどうしてもぼやけてしまう。Yuri RDAはその構造上、なぜ味がしっかり出るのかわからないでいたが、このクローンM-Attyはこの構造でなぜこんなに味が出ないのかがわからない。

ここまでコイルは材質や巻き数、設置場所を変えて7回組みなおしている。コットンワークを入れればその試行錯誤パターンは20を超えているのである。そう、私がこの記事の冒頭から機嫌が悪いのはこのせいなのである。まちがいなく八つ当たりがしたかっただけなのである。

 

もちろん、クローン製品がオーセンと同じ性能を持っているわけでないことは理解している。しかし、構造は同じだ。クローンであってもオーセンの半分くらいの性能は持っているだろう。クローンM-Attyが発する味を2倍にしてもYuri RDAやHAOARYの足元にも及ばないことは明白である。私のスキルが足りていないことも重々承知している。しかし、私のような素人ベイパーが苦労してしまっていることだけを見ても、このアトマは良いアトマとは言えない。

 

M-Attyユーザーは本当にこいつに満足しているのであろうか。それは満たされた虚栄心で味付けされた妄想、いわゆるプラシーボ効果なのではないか。

 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび