ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【EHPRO・RTA】MORPH RTA TANK が送られてきました

f:id:nukayoro:20170520183836j:plain

ある日、twitterで交流させていただいている方から荷物が届きました。思い当たることがなかったので、荷を開けるか否か悩みました。「これって今流行りの"送りつけ商法"じゃね?それとも開封口にカッターの刃でも仕込まれてるんじゃね?」

16秒ほど悩んだ後、開封したところ中に一通の手紙とアトマイザーが入っていました。送り主のことをここでは仮に「禁煙(ベイパー)さん」と呼ぶことにいたします。あくまでも仮の名です。

禁煙さんからの手紙を読み進めてみましょう。

 

禁煙さん「EHPROの製品レビューを頼む。」
ぬかよろ(禁煙さんってメーカーかショップの人だったのかな?)

f:id:nukayoro:20170522185206j:plain

禁煙さん「知っての通り、EHPROはドイツの高級アトマイザーメーカーである。」
ぬかよろ(まったく知らん。しかもググったら中国だし。)
 

f:id:nukayoro:20170522190803j:plain

禁煙さん「今回送ったのはEHPRO MORPH RTA TANK。最新のRTAだ。」
ぬかよろ(2015年製造になってますが・・・)

禁煙さん「とりあえず、イナズマデザインを取り入れた。青いリキッドを入れてくれ。
     これで"青いイナズマ"だ。」
ぬかよろ(なにが"これで"なんだかわからん)

調べたところ、2015年9月あたりにリリースされた製品でした。メーカーサイトの製品ラインナップからは消えてますが、FTなどではまだ購入することができるようですね。
 

f:id:nukayoro:20170522185545j:plain

禁煙さん「とりあえず、なんだかんだたくさん入れておいたので使ってくれ。」
ぬかよろ(たしかにOリング山盛りだな)

f:id:nukayoro:20170522185603j:plain

禁煙さん「ドライバーは画期的なプラスマイナス一体型だ。特許申請中である。
ぬかよろ(いや、それ、無理だし)
 

f:id:nukayoro:20170522185617j:plain

禁煙さん「パーツがたくさんになってしまったが、そこは気にするな。」
ぬかよろ(この人、説明するのがめんどーになってきてるな)

このアトマイザーの変わっているところは、オプションでアダプターが用意されている点です。そのアダプターを噛ませることで、SubtankやAtlantis、Delta IIといったサブオームタンクのコイルユニットを流用することができるようになります。ようするに、クリアロマイザーとしてMORPH RTA TANKを利用することができるというわけです。

f:id:nukayoro:20170522185652j:plain

禁煙さん「ボトムエアフローだ。ビルドにはちょっとしたコツが必要だ。がんばれ。」
ぬかよろ(いや、そこはそのコツを説明すべきでは・・・)

f:id:nukayoro:20170522185814j:plain

禁煙さん「チムニーの内部は軽くドーム型にしてある。がんばれ。」
ぬかよろ(もう、めんどーなんだよね、説明するのが)

f:id:nukayoro:20170522185837j:plain

禁煙さん「コイルはエアホールの真上に設置した方がいいかもしれない。」
ぬかよろ(そこ以外、コイルの置き場所無いし)

f:id:nukayoro:20170522185852j:plain

禁煙さん「コットンは・・・コットンは・・・とにかくがんばれ。」
ぬかよろ(・・・・・・・・)

エアホールが大きいのでコイルも大きめに作っています。ぎゅうぎゅうに詰め込むと供給が追いつかなくなる系のデッキ形状ですので、コットン両サイドはフワッと底に載せてやる程度にしています。

f:id:nukayoro:20170522204621j:plain

禁煙さん「リキチャは流行りのボトムチャージだ!」
ぬかよろ(はい、そこっ、そんなことでドヤ顔をしないっ)

Doggy Styleと同様、リキッドはタンクを外して底からチャージをします。トップフィル全盛の中、時代を感じるところですね。しかも、上図でわかるようにチャージするスキマが狭い。ユニコーンボトルの先が入らないので、スキマにあてがいながら慎重にチャージをしなくてはなりません。慣れればなんということはないのですが。

f:id:nukayoro:20170522190718j:plain

禁煙さん「追伸:うまい!みんな買え!と記事に書いておいてくれ。」
ぬかよろ(もうほとんど売ってないし)

 

抵抗は1Ω前後、同じMOD、同じドリップチップでMORPH RTA TANKとKayfun V5を比べてみました。まず、当然ながらエアホールの大きいMORPH RTA TANKがミストを多く吐きます。味はKayfun V5の方が出ていますね。ただ、コストを考慮に入れるとMORPH RTA TANKは相当がんばっていると思います。エアの関係で食感の異なる両者ですので、共存はできますね。

何パターンかコットンワークや出力を変えて試してみましたが、リキッドによっては供給が追い付かなくなることがありました。相当チェーンしないとそうはなりませんが、Kayfunよりは早くイガります。

発売当初、メーカーは爆煙仕様としてこのアトマを世に出していたのかもしれませんが、今は爆煙仕様のアトマは他にいくらでもあります。エアを絞って12Wくらいでジンワリとミストを楽しむ形が私はいいと思っています。

手頃な価格の背の高い22mm径RTAは減ってきました。2年前はどうだったのか知りませんが、現在は格安で入手できます。一つくらい持っていても損はしないアトマですね。


まぁ、青いイナズマデザインを許容できればの話ですが。

※注・・・文中の「禁煙ベイパー」さんは仮の名前であり、もちろん彼は
     メーカーの方でもショップの方でもありません。

 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび