ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[nukayoro.vape@gmail.com]

【VANDY VAPE・RTA】KYLIN RTA を買いました

f:id:nukayoro:20170624191850j:plain

6/15の記事でこのアトマイザーをクイズの問題にしました。先に記事にしたPHARAOH RTAとよく似たデッキでもあり、よくある大径RTAにしか見えなかったので記事にするつもりはありませんでした。が、気が変わりました。

RTAに衝撃を受けるのはKayfun V5 RTA以来かもしれません。「とにかく濃い」の一言に尽きます。そのへんのRDAなど足元に及ばないほど味の出るRTAですね。「それはぬかよろのビルドがプロ並みにうまいからだ」とおっしゃる方もいるでしょう。まぁ、VAPE職人ばりのぬかよろビルディングを一度でも目にしてしまえば、そう口にしてしまうのも仕方ありません。あなたに罪はありません、これを糧に人生をやり直してください。

VANDY VAPEのKYLIN RTA を買いました。数日前に記事にしたPHARAOH RTAの二軍行き確定です。
f:id:nukayoro:20170624191921j:plain

24mm(タンク周り26mm径)
高さ

ポジピン除くドリチ込み45mm(実測)

エクステンションタンク取付時57mm

デッキ ポストレスデッキ
タンク 2ml(エクステンション6ml)

f:id:nukayoro:20170624191906j:plain

内容物です。リキッド保持容量が6mlとなるガラスタンクとエクステンションパーツも付属しています。ドリップチップは本体付属のモノと合わせて3種類が付属していますが、私にはこの3つに大きな違いは感じませんでした。510アダプタが付いていますので、手持ちのお気に入りドリップチップに取り替えるほうが手っ取り早いでしょうね。

f:id:nukayoro:20170624191943j:plain

全ての金属パーツは外周がでこぼこしています。そういうデザインなのでしょうが、指にひっかかりのある形状はバラすときに助かりますね。RTAは、アトマ分解や取付、リキッドチャージ、エアホール調整などでパーツを回す機会が多いのですが、KYLIN RTAはそれをストレスなく行うことができます。

f:id:nukayoro:20170624192046j:plain

チムニー裏はこんな感じ。ゆるやかに上側に向かって傾斜しています。以前も記事に書きましたが、私は「天井がドーム型になっていると味が出る」説は“たんなる気のせい”だと思っていますので、このあたりはどーでもいいです。

f:id:nukayoro:20170624192026j:plain

デッキです。ポストレスなので、コイル足の長さを先に揃えてやってから設置する必要があります。慣れてなければめんどーな部分ですね。デュアルコイル前提で、エアは真下と斜め下から当たる形になります。この構造がAmmit Dual Coil RTAと似ていますね。

f:id:nukayoro:20170624192148j:plain

26Gカンタル マイクロをデュアルで組んでみます。抵抗値は0.4Ω程度。海外のYouTuberたちの動画をいくつか拝見しましたが、ほとんどがクラプトンコイルを使用していました。やはり、ガンガン炊いてバンバン味を出すぜ系のRTAなんでしょう。

コイルは真下のエアホールに近づけたくなるところですが、斜め下からのエアにも当ててやる必要があるため、ある程度高い位置に設置します。

f:id:nukayoro:20170624192203j:plain

最初にビルドするとき、コットン足の長さはだいたいこれくらいにしています。底にギリギリ届かない長さですね。これでいいのかどうかはわかりませんが、今のところリキッド漏れもイガりもありません。

f:id:nukayoro:20170624192247j:plain

タンクの中にはバカでかいジュースホールが口を開けています。リキッドはトップからのチャージなのですが、その際はジュースホールは閉じておきましょう。KYLIN RTAに限らず、RTAはこうしていたほうが無難です。KYLIN RTAがそうなのかはわかりませんが、ジュースホールを開けたままリキッドチャージをすると漏れるRTAが多いことをご存知の方も多いでしょう。

f:id:nukayoro:20170624192224j:plain

iStick Pico25に載せてみました。

画像では伝わりにくいのですが、ずんぐりむっくりでいい感じ。ダルマさんの置物みたいです。背の低いRTAなのに、ガラスタンクの中はチムニーでいっぱいです。リキッドが2mlしかチャージできないことが難点と言えば難点ですね。エクステンションタンクで6mlにもできますが、ぶさいくになりますので禁止です。

24W(プリヒート30W1秒)で吸ってみます。

感心するほど味が出ます。24Wから32W、40W、50Wと上げていってもだんだんとイガりやすくなったり、ミスト温度が高くなっていくだけでそれほど味の印象は変わりません。(出力によってジュースホールの開度を調整しましょう)

あまり出力が高過ぎるとリキッドがあっという間に無くなってしまうので、単線のデュアルコイルならばプリヒートをかけて20~30W程度で吸うのがいいのではないでしょうか。

「ひさびさにいいモノ買ったなぁ」と思えたRTAでした。

 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび