ぬかよろこび in VAPE

Please request product review by e-mail.[nukayoro.vape@gmail.com]

【Augvape・RDA】DRUGA RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20170701175110j:plain

Augvape DRUGA RDAは、インドネシアのPride Coil BuilderのMikeさんとAugVapeの共同デザインだそうです。で、Pride Coil Builderってなんだ?職業?

AugvapeさんからDRUGA RDAをもらいました。Augvape(メーカーサイト)

24mm弱
高さ ポジピン除くドリップチップ込み29mm(実測)
エアフロー サイドエアフロー
デッキ 2ポスト ( Clamp Snag System )

f:id:nukayoro:20170701211816j:plain

開けてビックリ、なんだこの色は・・・一目見て「合わせるMODが無い」ことがわかりました。製品カラーは「Yellow」ですが、黄色というより金色、金色でも赤黄色ですね。

510ドリップチップ変換アダプタやBF-Pinが付属しています。六角レンチが付いてきますが、ビルドには使えません。BF-Pin取付で使用するためのものですね。

f:id:nukayoro:20170701211937j:plain

ドリップチップを交換してみました。左から標準のドリップチップ、付属のドリップチップ、510アダプタを利用した汎用品、となります。手持ちの810ドリップチップもそのまま使用できます。

f:id:nukayoro:20170701211832j:plain

デッキをバラしてみました。にしても、なんとも言えない色ですね。シンプルなデザインのMODでは太刀打ちできないでしょう。本気でこの色のDRUGA RDAを使い続けるのであれば、サイケなカラーデザインのMODを用意すべきです。

f:id:nukayoro:20170701211854j:plain

今、中華通販を覗くと30ドルもしない製品ですが、作りに安っぽさは感じませんね。デッキは金メッキがなされています。デッキの特徴としては、コイル足を留めるネジが手回し可能なところでしょう。プラスドライバーが使えるようになっていますが、勇気があれば開け閉めは手回しで行うことができます。私はチキンですので、本締めにはドライバーを使用しますけどね。だって、もしネジがポロリと落ちてショートしたら、なんて考えるだけで怖いじゃないですか。

この指で開け閉めできる仕組みを「Clamp Snag System」と言うそうです。直訳すると、「止め金を邪魔するシステム」ということですね。インドネシアの方と中国の方が作ったので、英語がわからなかったのでしょう。きっと、"勢い"や"語感"で名付けたんでしょうね。ぜんぜんありですよ。
 

f:id:nukayoro:20170701211916j:plain

天井はドーム型になっている模様。私はドーム教の信者ではないのであまり気にしない部分です。「この画像、記事に必要かぁ?」と毎回悩んではいますけど。

f:id:nukayoro:20170701211957j:plain

ポジピンの出っ張り具合はこんな感じ。私はメカニカルMOD(ハイブリッド接続)で運用していますが、今のところ爆発はしていません。なんとなくギリギリの感じがしますので、使用可否はご自身で判断してくださいね。

f:id:nukayoro:20170701231247j:plain

いつものように、シンプルにビルドしてみました。

すいません、ウソついてました。これはPride Coil BuilderのMikeさんのビルドですね。

f:id:nukayoro:20170701231456j:plain

Mikeさんのようにうまくは巻けませんが、少し頑張ってみました。

すいません、またウソをついてしまいました。

f:id:nukayoro:20170701212017j:plain

今回のビルドはこんな感じで。Mikeさんさんのビルドと見比べ、先ほどから涙とハナミズが止まりません。クラプトンデュアルで0.4Ω。エアフローはサイドから。エアホールの高さに合わせてコイルを設置します。

最近、クラプトンコイルは使わなくなりました。歳を取るっていやですね、どうしても立ち上がりの遅さが許容できなくなってきてしまいました。

f:id:nukayoro:20170701212050j:plain

Pico25に載せてみました。うーん、似合わないなぁ・・・ただ、Pico25がオールホワイトのMODであればイケてたかもしれません。

クラプトンの立ち上がりの遅さをカバーするために50Wで吸ってみます。

あ、これおいしい。ありふれたシンプルな構造ですが、50Wまで出力を上げるとたいていの場合ミストが荒くなるのですが、これはそんなことにはなりません。エアホールは全開で当然の如くスッカスカ。50Wですので爆煙にはなってしまいますが、そこそこ多くのエアを取り込んで、そこそこ多くのミストを吐いてやりたいところです。そんなことからエアホールの開度は40~50%あたりがいいのではないでしょうか。

Pico25は出力上限が85Wですが、50Wでは力一杯になってしまうのかな。しばらくチェーンをしているとMOD本体が熱くなってきました。50Wですので、RDAが熱くなるのは当然ですが、MODまでそうなるのは少し気味が悪い。触れないほどではないのですが、爆発するとイヤなのでPico25で使うのはやめておきます。

f:id:nukayoro:20170701212117j:plain

我が家にある一番ケバいMODに載せてみましたが、いまいち。

f:id:nukayoro:20170701212135j:plain

Therion DNAに載せてみました。真っ黒なMODならまだ許容範囲ですね。

少し気になったので、他のRDA(Yuri RDA)をデュアルクラプトン50Wでチェーンしてみましたが、やはりDRUGA RDAほどは熱くなりません。DRUGA RDAは放熱に時間を要するのかもしれませんね。(Pico25とは違い、Therion DNAはMOD本体まで熱くはなりませんでした)

6/27に記事にしたAPIS RDAもそうですが、値段の割に簡単でおいしく吸えるアトマイザーにあたるとうれしくなります。ボトムエアフロー教の信者の方々には申し訳ないのですが、私はデッキ内空間の広いサイドフロー製品が好きなんですね。プラシーボ効果もあり、味に関してはボトムからの方が濃くなるとは思っていますが、とにかくリキッド漏れを起こしにくいことが大きい。リキッドの滲みが多いアトマイザーはいずれ窓開けてぶん投げることになりますから。

f:id:nukayoro:20170702003908j:plain

ここまで褒め倒したDRUGA DRAですが、気に入らないところがひとつ。

上図は24mm径のチューブMODに載せているのですが、RDA側が一回り小さいことがわかると思います。DRUGA DRAは公称24mm径のアトマイザーですが、測ってみると23.5mmくらいしかありません。購入する場合は、24mm径MODに載せてもツライチにならないことを理解した上でポチりましょう。

DRUGA RDA NEW COLORS(メーカーサイト)

 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび