ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【DIGIFLAVOR・RDTA】Pilgrim GTA をもらいました

f:id:nukayoro:20170710202711j:plain

「男だったらよーてめーの人生ぐれーてめーで責任とれや・・それとも一生言い訳して生きんのか?」

「先生っつーのはあれっすか?生徒をしかる時も、誰かの顔色見てからやらなきゃならないんすか?」

f:id:nukayoro:20170712204159j:plain

『GTO(Great Teacher Onizuka)』。元暴走族の教師、鬼塚英吉が学園で起こる数々の問題を体当たりで解決していく物語。少年マガジンで連載されていた漫画で、後にアニメやTVドラマにもなりましたね。金八先生とはまた異なる鬼塚英吉の熱血教師ぶりを「んなことあるかいな~」と文句垂れながらも、胸を熱くしていた方は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。

そんな「GTO」の精神を受け継ぐ熱いアトマイザーが誕生しました。

その名も、Pilgrim G・T・A!ジー・ティ・エー!

 

 

・・・・・って、ええええええ?? 節子、それGTOやない、GTAや

 

Efun.topさんから DIGIFLAVOR Pilgrim GTA をもらいました。
Efun.top - 2017 Ecig Sale - Electronic Cigarettes, Deals e cigs

25mm
高さ ポジピン除くドリチ込み44mm(実測)
デッキ 2ポスト4ホール ベロシティ
タンク 4ml

f:id:nukayoro:20170710202914j:plain

無駄に丈夫な梱包材から中身を取り出します。マニュアル、Oリングやネジ類、510ドリップチップ変換アダプタ、ドライバなど。このT字ドライバはひとつあると便利ですよね。特に変わったものは入っていませんが、後に救世主となるパーツが一つここにあります。

f:id:nukayoro:20170710202931j:plain

本体をバラします。一番右のデッキ&タンクもなんとかすればバラせるのでしょうが、固いのでこれ以上は止めておきました。予備タンクが付属されているわけではないので、パキッとやってしまうとまずいですからね。一番左のパーツもドリップチップが外せませんでした。ぬかよろは気合いが足らんのです。

f:id:nukayoro:20170710202950j:plain

デッキはベロシティタイプ。この手のデッキはコイル足一本につき一個のホールが割り当たっていますので、ビルドがとても楽です。前にも書きましたが「コイル足一本につきホール一個」を早く法制化してほしいものです。政治家を目指すベイパーさん、よろしくお願いします。

デュアルコイルが前提のデッキですが、右図のようにリデューサーをセットすることで、シングルコイル運用も可能になっています。

f:id:nukayoro:20170710203003j:plain

トップキャップを下から覗き込みます。天井がドーム型になってるとかなってないとかは、この際どーでもいい部分です。RTAのようにチムニーを持っており、二重になっていることがわかりますね。ということは、25mmのアトマイザーにしてはデッキ内部の空間は狭いということです。

“GTA”とは、RTAとRDTAの合いの子みたいなものです。めんどーなのでここでは詳しい説明はしませんが、「Pilgrim GTAは上半身がRTAで下半身がRDTA」とでも覚えておけば、知ったかぶりくらいはできるのではないでしょうか。

f:id:nukayoro:20170710203019j:plain

左図が標準のドリップチップ、中図がトップキャップを交換しての810ドリップチップ、右図がさらにアダプタを付けての510ドリップチップ、となります。上でも書きましたが、この中に救世主がいました。

f:id:nukayoro:20170712212734j:plain

ポジピンはけっこう出っ張ってくれています。ここ数日、ハイブリッド運用していましたが大丈夫っぽいです。

f:id:nukayoro:20170710203038j:plain

実は私、リデューサーを用いてシングルコイルでビルドさせるアトマイザーを信用していません。いつからそのように考えるようになったのかは覚えていませんが、とにかく「これ、あかんやつや」とピピッとくるわけです。

というわけで、最初から少しでも味を出すようにツイストワイヤーで巻きます。これで0.8Ωくらい。ここで気を付けなければならないのは、デッキにそれほどの自由度があるわけではない点。あとからチムニーが覆いかぶさってきますので、デッキ内部は見た目ほど広いわけではありません。コンパクトにまとめましょう。上図はツイストワイヤーでコイル内径2.5mmです。

f:id:nukayoro:20170712220258j:plain

リキチャはトップフィルから行います。ユニコーンボトルからでしたら余裕、ガラススポイトでもなんとかリキチャはできます。

f:id:nukayoro:20170710203058j:plain

エアホールはサイドに3つ。2つはデュアルコイル用、残る1つがシングルコイル用となります。あちらこちらがクルクル回るので、調整のコツをつかむまでは少しイラッとくるかもしれません。

Pilgrim GTA、シングルコイルバージョン、24Wで吸ってみます・・・

・・・あははははは。味、しません。ぜんぜんダメです。

f:id:nukayoro:20170710203116j:plain

ツイストワイヤーでコイルをデュアルに。こちらで0.4Ωになります。他のRDTAであれば、ガラスタンクからコットンが見えるとかっこ悪いので短めに切ってタンク内に落とします。Pilgrim GTAはタンクの中が見えにくくなっていますので、コットンはてきとーな長さで切って落としています。

f:id:nukayoro:20170710203153j:plain

Pilgrim GTA、デュアルコイルバージョン、24Wで吸ってみます・・・

・・・・・・・・

32Wで吸ってみます・・・

・・・・・・・・窓開けて、ぶん投げてやりました。

いつまでも付き合ってもらえると勘違いできるほど世の中甘くはありません。どんな製品でもてきとーに組んでもそれなりの味を出してくるこのご時勢、いったいなんなのでしょう、このボヤーッとした味の出方は。


車に踏まれたらイヤですので、走って取りに行ってきました。

f:id:nukayoro:20170712221326j:plain

ここで救世主の登場。トップキャップを交換して手持ちの810ドリップチップを取り付けます。

「このドリップチップ、だっさっ」わかります、わかります。涙が出るほどダサいドリップチップです。でも、場合によってはとても味を出してくれるのです、これ。

36Wで吸ってみます・・・

・・・ほらね、おいしい。味が出てきてくれました。エアホールの開度は25%程度、末広がりのドリップチップを使うことでようやく満足できる味と食感がが出てきました。狭いチムニーで発生したミストを少し強めの吸引力(?)で引っぱり出してやり、かつ、口に入る前にドリップチップ解放してやるといいのかもしれません。

コイルの材質や形状、設置位置を変えることで、また味の出方も変わってくるような気がします。“当たり”を探す手間暇を楽しめる方は一度お試しください。その手間暇がめんどーだと思う方は窓開けてぶん投げてください。

DIGIFLAVOR Pilgrim GTA Genisis Tank Atomizer(Efun.top)

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび