ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VSCMOD japan・RDA】HEAD RDA KIYOMASA LE を買いました

f:id:nukayoro:20170806083910j:plain

関ヶ原の戦いで実権を握った徳川家康はその翌年から将来の大坂城攻撃を想定して次々と築城を行います。膳所城、伏見城、二条城、彦根城、篠山城、亀山城、名古屋城、そして上野城と姫路城。大坂城包囲網が着々と敷かれる中、豊臣家を存続させるため加藤清正は奔走します。そして家康との謁見を頑なに拒んできた豊臣秀頼の実母淀殿をついに説得、京都で秀頼と家康の和解会見斡旋に成功したのです。

1611年(慶長16年)、後に「二条城会見」と呼ばれる豊臣秀頼と徳川家康の会見が執り行われました。そのとき加藤清正は饗応の席にもつかず、秀頼の隣に控えていたといいます。秀頼の暗殺を防ぎ、この会見を成功に導こうと腐心した加藤清正の鋭い眼光が目に浮かびます。

f:id:nukayoro:20170806092128j:plain


そんな加藤清正の名を冠したRDA、VSCMOD japanのHEAD RDA KIYOMASA LEを買いました。

24mm
高さ ポジピン除くドリチ込み30mm
エアフロー サイドエアフロー
デッキ 2ポスト4ホール

f:id:nukayoro:20170806092408j:plain

Brainbox ConceptsとVSCMOD japanのコラボレーションモデルです。ということは、フィリピン製ですね。素材はカッパーのみ。

f:id:nukayoro:20170806093046j:plain

中が見渡せるアルミボックスに入ってきます。ドリップチップなどの小物入れにいいですね。画像では高級感が出ているかもしれませんが、アルミはぺらぺら、ロゴは印字ではなくシールを貼り付けているだけなんですけどね。

f:id:nukayoro:20170806093101j:plain

これ以上無いほどシンプルな内容です。RDA本体の他は六角一本とイモネジ二個だけ。使用上まったく問題はないのですが、記事を書く身としては書くことが無さ過ぎて困ってしまいますね。

f:id:nukayoro:20170806093117j:plain

RDAを本体をバラします。こちらもシンプル過ぎるほどシンプル。ドリップチップは専用品になっており、510や810サイズはフィットしません。ドリップチップがネジ留めになっている点は珍しいですね。

f:id:nukayoro:20170806093155j:plain

トップキャップ裏はこんな感じ。天井に向かって傾斜がかかっていますが、そもそも開口部が大きいのでドーム型になっていようが、フラットであろうがあまり関係無い気もします。

f:id:nukayoro:20170806093218j:plain

パッと見はふつうのHEAD RDAですが、ここが"KIYOMASA"なのです。加藤清正は「桔梗紋」と共にこの「蛇の目」を家紋として使用していました。「ふつうのHEAD RDAに丸をひとつ印刷しただけやん」これこれ、そこのあなた、そんなこと思っていても口に出すことではありませんよ。

蛇の目紋ですが、少し磨いただけで画像のように色が落ちてきました。VAPE POWERさんの商品ページに「メンテナンスの際はあまり強く擦らず・・・」との注意書きを見つけたのはもっとあとの話。

f:id:nukayoro:20170806093237j:plain

ポジピンはカッパー。カッパー、かっぱー、かっぱ、河童。

ご存知ですか。加藤清正は河童と合戦をしたことがあるのです。九州にはその昔「九千坊」と名乗る頭目率いる河童の軍団が存在していました。所属する河童は九千を下らなかったそうです。ある事件に激怒した清正は河童討伐に乗り出します。

国中の高僧を集め、まず河童を川に封じ込めました。そして川上から毒を流し、数千の焼石を淵という淵に投げ込んだのです。たまらず淵から這い出る河童たちに向かって、今度は大動員していた猿の軍団をぶつけ・・・・・加藤清正とは、相手が人間であろうが河童であろうが戦には一切手を抜かない武将だったようです。

f:id:nukayoro:20170806093359j:plain

デッキはビルドのしやすい4ホール式。内部もそこそこ広いので、比較的簡単にビルドができます。エアフローの方式はYuri RDAに似ていますね。斜め下からコイルにエアを当ててやる仕組みです。

あまり好きではありませんが、早く在庫消化をしてしまいので今回はクラプトンコイルを用いました。0.4Ωくらい。ぬかよろによっては、メカニカルMODで使用するには不安の残る抵抗値です。

f:id:nukayoro:20170806093545j:plain

清正MODに清正RDAを載せて吸ってみます・・・

・・・予想通りの食感と味でした。Yuri RDAとよく似ています。ドリップチップ口径の違いによる差は感じますが、ぬかよろレベルの人間にとっては「ほとんど同じ」。Yuri RDAもそうですが、コイルの設置位置(上下)によって大きく味が異なります。「ここだ!」と思うところより少しズラしたところがおいしかったりするところもYuri RDAと同じ。と言っても清正RDAをディスっているわけではありません。Yuri RDAは私にとって"永遠の一軍選手"、ディスってるのではなくベタ褒めしているというわけですね。

 

f:id:nukayoro:20170806093723j:plain

クラプトンは立ち上がりが遅くイラッとするので、単線で巻き直し。24Gワイヤーを使って約0.5Ω・・・

f:id:nukayoro:20170806093626j:plain

・・・斜め下からコイルにエアを当てる仕組みがそうなのでしょう、この食感が私には一番合っています。22mm径のYuri RDAと24mm径のHEAD RDA KIYOMASA LE、共存できそうですね。欲しいと思えるアトマイザーが無くなったら、HEAD RDAの異なるカラーでも購入しようかなと考えています。

f:id:nukayoro:20170806094044j:plain

豊臣秀頼と徳川家康による二条城会見は無事に終わります。京の都、大坂の町は合戦回避の安堵感に包まれ湧き立ちました。清正も大仕事を終え、豊臣家存続に望みを繋いだことに満足していたのではないでしょうか。

1611年(慶長16年)6月24日、加藤清正死去。享年50歳。

二条城会見から三ヶ月、国元へ戻る道中に発病し清正はこの世を去りました。そして、そのわずか四年後、大坂城は家康によって攻め落とされ豊臣家は滅亡します。

もし清正があと数年生きていたら豊臣家はどのようになっていたのか、もし関ヶ原の戦いのときに黒田官兵衛と共に九州で家康に反旗を翻していたら歴史はどのように動いたのか。

想像は膨らむばかり・・・

 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび