ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Wotofo・クリアロマイザー】FLOW SUBTANK をもらいました

f:id:nukayoro:20170818110603j:plain

『The Earth is Blue.(地球は青かった)』

宇宙飛行士ガガーリンの有名な言葉ですが、実際のところガガーリンはこのようなことは言ってなかったそうです。ロシア語から英語に訳されたときの新聞の見出し的意訳がそのまま広く伝わってしまったようですね。ガガーリン少佐が本当に伝えたかったことはたった一つ、「クリアロマイザーは“クリア”な“アトマイザー”である」ということが後の分析で判明しています。

透明なタンクを備えリキッド残量が見えるという点が特徴のアトマイザーは、あのチャーリーチャップリンの一言から生まれました。

 You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

本来は「下を向いていたら、虹を見つけることはできない」という意味なのですが、なぜか「透明なタンクでないと、リキッドは見つけることはできない」と意訳されて世界に広まってしまいました。それからです、アトマイザーメーカーがクリアロマイザーの開発に乗り出したのは。

ここ、テストに出ますよ。


HEAVEN GIFTSさんから、Wotofo FLOW SUBTANK をもらいました。


24mm
高さ ポジピン除くDT込41mm(実測)
コイル 0.25Ω(推奨出力35-60W)
タンク 4ml

 f:id:nukayoro:20170818113524j:plain

FLOW SUBTANKもそうですが、最近のクリアロマイザーって漏れませんね。私が最初に使ったクリアロはEleafのMELO3だったのですが、これが漏れる漏れる。クリアロは漏れるモノとの刷り込みができてしまい、それ以来購入したことはありませんでした。

f:id:nukayoro:20170818113537j:plain

HEAVEN GIFTSさんからWOTOFO FLOW SUBTANKをいただいたとき、一瞬ワクワクしました。“flow”って流れ出るとか溢れるとかって意味がありますからね。これでリキッドが漏れたら記事的にはおもしろいかも、と。ぜんぜん漏れませんでした。ちょっとがっかり。

そうそう、Wotofoさん、そろそろ付属品を入れた小袋は中が見えるモノにしてください。今回はめんどーなので開封していませんが、中に入っているのはOリングだけですね。

f:id:nukayoro:20170818113552j:plain

開封時、タンクの中にはこのような白いシリコンプラグが嵌め込まれていました。恐らくこれはタンクを割らないよう保護のためなんでしょう。気配りのWotofoさん、ですね。

・・・と思ってましたがどうやら違うようです。これ、タンク容量を2mlにするためのパーツですね。EUで昨年5月に施行されたVAPE関連の法律に『容量2ml以上のカートリッジやタンクの禁止』がうたわれています。シリコンプラグはその対策パーツだったのですね。

f:id:nukayoro:20170818113621j:plain

ドリップチップは510サイズなので交換可能です。タンクアトマイザーで一番よく触るパーツはトップキャップなのですが、ここをスムーズに取り外しができないとリキチャの度にイラッとすることになります。FLOW SUBTANKのトップキャップは凹デザインのおかげで指が引っかかってくれるので回しやすいですね。

ポジピンは銀メッキだそうです。

f:id:nukayoro:20170818113636j:plain

コイルは0.25Ω、推奨出力は35~60W。ネット通販で価格を調べたら1個当たり300円超。なんてことのない金額ですが、2個で昼食1食分になると考えると急に高く思えてきました。クリアロの一番のデメリットがここ、コイルのコストですね。

f:id:nukayoro:20170818113650j:plain

最初にコイルをリキッドで濡らしてからリキチャ。トップフィルなので簡単です。

f:id:nukayoro:20170818113701j:plain

ドリップチップは510サイズなのですが、けっこうなワイドボアです。

f:id:nukayoro:20170818113715j:plain

エア流量はボトムのエアフロリングを回して調整します。ストッパーがかかるようになっていますので、リングはグルグル回ったりはしませんね。全開位置と全閉位置でちゃんとストップがかかります。

f:id:nukayoro:20170818113729j:plain

推奨値の35Wから60Wまで徐々に上げながら吸っていきます・・・

・・・うん、うまい!ってほどではありませんが、先日記事にしたPERSEUS Tankの13倍は味が出ています。

最近のクリアロはサブオーム、というか危険水域までコイルの抵抗値が下がっています。そして推奨出力も漏れなく高い。最初は「なんだかなぁ」と思っていましたが、最近はこの環境を楽しめています。0.25Ωなんて抵抗値は普段使いませんし、60Wなんて出力も使う機会は滅多にない。これまで危険水域だと思っていた環境を簡単に楽しむことができるのですから、これはこれでアリなのでしょう。リキッドはハイスピードで無くなっていきますが。

『ガンガン焚いてボンボン煙を吐くスタイルがネオ・クリアロだ』
ガガーリンもチャップリンもそう言い残しています。
 

 

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび