ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Vampour・RDA】Amphisbaena RDA を買いました

f:id:nukayoro:20170929193204j:plain

『赤とんぼ』
夕焼け小焼けの赤とんぼ

負われて見たのは
いつの日か

山の畑の桑の実を
小かごに摘んだは
まぼろしか

十五でねえやは 嫁に行き
お里の便りも
絶え果てた

夕焼け小焼けの 赤とんぼ
とまっているよ
竿の先


Vampour Amphisbaena RDAを買いました。

 

24mm
高さ(ポジピン除く) 33mm

f:id:nukayoro:20170929193249j:plain

《夕焼け小焼けの赤とんぼ》

小焼けというのは「単純に語調を整えただけの言葉」というのが一般的な解釈です。でもね、私は「日が落ちて暮れゆく空に残る微かな赤い残照」との説に一票入れておきますよ。

それはともかく、Amphisbaena RDAですがVampourというメーカーが造ったRDAのようです。ググってみても、Vampourというメーカーのことはよくわかりませんでした。

f:id:nukayoro:20170929193315j:plain
《負われて見たのは》

「追われてみたのは」の誤植だとの説もありますが、原詩にも「負われて」とありますので、背中におんぶされて見たということに間違いありません。

f:id:nukayoro:20170929193331j:plain
《いつの日か》

原作者のいつの頃の思い出だったのか記憶が曖昧なことを指しているのでしょう。

f:id:nukayoro:20170929193348j:plain
いけませんね。赤とんぼの歌詞のことばかり考えていて、RDAの記事だということを忘れていました。

Amphisbaena RDAにはプリメイドコイルがぎっしり。LOW RESISTANCEの表記通り、いかにも抵抗値の低そうなコイルがたくさん入っています。これだけ多くのコイルが付属されているRDAは初めてです。


f:id:nukayoro:20170929193607j:plain
《山の畑の桑の実を》

桑の実ってなんなのでしょう。蚕が食べる葉っぱが桑の葉、その実が桑の実。昔の子供たちは学校帰りにそのへんになっている桑の実を食べていたそうです。我々が子供の頃は堤防に生えているスカンポを食べていましたよね。あれ?食べてません?

それはともかく、Amphisbaena RDAはトップキャップが2種類付属しています。使うドリップチップは同じなのですが、トップキャップを違えることで内部空間の高さが変わってきます。

f:id:nukayoro:20170929193625j:plain
《小かごに摘んだは》

桑の実はとても小さく、籠に摘んだら一時には食べ切れないボリュームになるそうです。恐らく保存できるジャムなどを作るためにゴソッと摘んだのでしょうね。

それはともかく、左が標準のトップキャップを使ったときの絵、右が付属のウルテムトップキャップを使ったときの絵です。気のせいレベルで右側のほうが味を濃く感じることができました。間違いなく、気のせいでしょう。

f:id:nukayoro:20170929193636j:plain
標準のトップキャップを用いたときは、810ハーフインチ汎用ドリップチップを使用することができます。

f:id:nukayoro:20170929193652j:plain
《まぼろしか》

童謡では、一番が「いつの日か」で二番が「まぼろしか」となっていますが、原詩では逆になっているそうです。どういう意図があって童謡を作った人はそのようにしたのでしょうね

それはともかく、ウルテムトップキャップを用いると810汎用ドリップチップは使用することができません。

f:id:nukayoro:20170929193717j:plain

デッキは2ポスト2クランプ、デュアルコイル前提の造りになっています。クランプが"コの字"型になっていることでコイル足の行き場が狭くなりますので固定はしやすくなっていますね。

f:id:nukayoro:20170929193733j:plain
《十五でねえやは嫁に行き》

原詩では"姐や"となっています。実の姉をことではなく、奉公にきていたお女中さんのことを指しているようですね。十五とは「原作者が15歳のとき」との説がありますが、それですと姐やは(おそらく)25歳~30歳になっています。やはりここでの十五は姐やの年齢を指すのでしょう。当時でもこれは早婚だったようです。

それはともかく、Amphisbaena RDAのポジピンは申し訳程度にしか出っ張っていません。ハイブリッドで用いるのは禁止します。


f:id:nukayoro:20170929193743j:plain
天井はまっ平。ウルテムトップキャップを使用すると気持ち程度ですが出口に向かって絞れていくような形になります。これが気のせいレベルで味を濃く感じる原因なのでしょうか。間違いなく、気のせいでしょうが。

f:id:nukayoro:20170929210415j:plain
Amphisbaena RDAで「もったいないなぁ」と思う点がこちら。エアフローはYuri RDAのようにサイドからコイルに向かって吹き上げるタイプなのですが、エアの通り道をイメージすればその角度がやけに浅いことがわかります。エアをコイルへまともにぶつけるのは至難の業でしょう。
 

f:id:nukayoro:20170929193814j:plain
《お里の便りも絶え果てた》

これ、どういう意味だろう?誰しも一度は考えたことがあるでしょう。子守り奉公を終えた姐やの実家からの「娘は嫁に行きます。お世話になりました」という便りがあったきり連絡が途絶え、姐やの消息はわからなくなってしまった、という意味が考えられるそうですよ。

それはともかく、Amphisbaena RDA付属のコイルを使ってビルドしてみました。0.22Ω、さすがLOW RESISTANCE COIL。

f:id:nukayoro:20170929193831j:plain
エアの通り道にコイルを置くよう、なるべく外側に、なるべく低い位置にコイルを設置します。

f:id:nukayoro:20170929193847j:plain
《夕焼け小焼けの赤とんぼ》

f:id:nukayoro:20170929193905j:plain
エアフローは無段階式ですが、完全に閉じた状態でも吸えてしまいます。Amphisbaena RDA、気密性が低いアトマイザーですね。トップキャップとスリーブ、スリーブとデッキがゆるゆるなんですよ。

f:id:nukayoro:20170929193922j:plain
《とまっているよ 竿の先 》

原作者は、夕焼けの中で竿の先にとまっている赤とんぼを見て、幼い頃姐やにおんぶされて見た夕空の中の赤とんぼを思い出し、暖かい背中に限りない慕情と郷愁を感じてこの詩を書いたのでしょう。

それはともかく、30Wで吸ってみます・・・・

・・・・惜しい。致命的に味の出ないアトマイザーではありません。それなりにリキッドの味は乗ってくるのですが、ボヤ~ンとした印象になります。コイルがエアをとらえ切れていないのでしょう。出力を変えてみても、コイルを替えてみてもその印象は変わりませんでした。もしかすると、「こんなエアフローでは味が出ないんじゃないか」との先入観がそう感じさせているのかもしれませんが。

f:id:nukayoro:20170929220650j:plain
味は許せたとしても、どうしても許せない点がひとつ。普通Oリングって気密性を上げてエアやリキッド漏らさないようパーツを密着固定させてやるという目的がありますよね。Amphisbaena RDAはデッキ側に取り付けられているOリングに沿った形で、スリーブ側に溝が彫られているんです。意味がわかりません。このせいでスリーブはゆるゆる。スリーブ部分をつまんで持ち上げるとMODの重みでスポンと抜け落ちるほどです。気密性が低いので一晩置いておくとリキッドが滲み出してきます。意味がわかりません。

 

f:id:nukayoro:20170929193937j:plain
なぜこのアトマイザーを購入したのか理由は定かではありませんが後悔しきり。切ない気分になっていたためなのか、いつのまにか"赤とんぼ"を口ずさんでいました。この気分を誰かと共有したい。自分一人でがっかりするのは忍びない。このままではぬかよろがかわいそう。誰かに買わせて「ぷぷっ、だまされてやんのw」って言いたい。

Amphisbaena RDA。万人におすすめできる超ナイスなアトマイザーでした。誰か買ってみ?


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび