ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Ripe Vapes・リキッド】Private Reserve VCT をもらいました

f:id:nukayoro:20171103104933j:plain

『ローストアーモンドに甘くてセクシーなバニラカスタードを加えた豊かな仕上がりのたばこ風味。90日間オーク樽で熟成され、よりナッツの香ばしさと深みの有る味わいを楽しめます。』


ベプログshopさんから、Ripe Vapes Private Reserve VCTをもらいました。



ふむふむ、オーク樽で90日間熟成ね。ワインやウイスキーを樽で熟成させることは知っていますが、私に味の違いはわからないのではないでしょうか。キリンラガーとアサヒスーパードライの違いどころか、ビールと発泡酒の違いもわからないんですよ、私。

Ripe Vapes VCTは以前記事にしました。今回は同じVCTでもPrivate Reserve VCTです。

twitterのフォロワーさんが『Private Reserve VCTはぜんぜん違うよ』っておっしゃってましたね、たしか。そういえば、会社の村上くんも同じよーなことを言ってました。これはヤバい。区別が付かなければ会社でバカにされる・・・ここは思い込み作戦でいくしかありません。事前情報をしこたま詰め込んで、脳に「Private Reserveはぜんぜん違う」ということを刷り込むのです。

  • オーク樽にはフランスのオーク材で作られたフレンチオーク樽と、ホワイトオーク材で作られたアメリカンオーク樽がある。
  • フレンチオーク樽はヴァニラの香りが強く、アメリカンオーク樽はヴァニラとココナッツの香りが強い。
  • フレンチオーク樽はアメリカンオーク樽の2倍高価。よって、フレンチオーク樽を使ったワインの方が高価。
  • フレンチオーク樽は他の樽よりもしっかりと樽の香りをつける。

・・・よし、完璧。

Private Reserve VCT(VG:PG / 75:25)

VCTはその言葉通り、バニラとカスタードとタバコ味のリキッドです。Ripe Vapesのサイトによるとフレンチオーク樽を使用して熟成させているらしい。 フレンチオーク樽はバニラの香りをしっかりと付けるそうなので、Private Reserve VCTはバニラの味わいがより深くなっている・・・ということにしてこう。

f:id:nukayoro:20171103105107j:plain
シングルコイル 0.8Ω 25Wで吸ってみます・・・・

・・・・ひょぉぉぉぉっ、おいしーいっ!あいかわらずVCTはおいしーい!五臓六腑にVCT的バニラが染み渡ります。なんといいますか、身体がVCTを吸収していくのがわかる感覚なんですね。やっぱりタバコ感は少ないですね。アーモンドも感じないことはないのですが、小さな枠の中に閉じ込められた隠し味という感じ。VCTが他のバニラカスタードリキッドとは別物の存在感を放っているのは、タバコとアーモンドの配合割合の妙なのでしょう。

でもね、でも・・・VCTとPrivate Reserve VCTの違いがよくわからないんですよ、やっぱり。

f:id:nukayoro:20171108195544j:plain
しかたがないので、自家熟成(スティープ)中のノーマルVCTを引っぱり出してきました。色がぜんぜん違う・・・

ノーマルVCTを吸ってみます・・・・

・・・・うまっ!スティープが進んでる!あいかわらず、VCTうまっ!五臓六腑に染み渡・・・るスピードがさっきより早い?あれれ?薄く感じますね、これ。いや、薄いわけではないか。なんというか、サラリとしている感じ。

もう一度、Private Reserve VCTのほうを吸ってみましょう・・・・

・・・・うへっ、こっちのほうがおいしいかも。ノーマルVCTは吸うと同時に胃を直撃する感じですが、Private Reserve VCTのほうは口蓋に味を残しつつワンテンポ遅れて胃に到達する感じ。あああ、また意味不明なことを。比べてみて初めてわかりましたが、Private Reserve VCTのほうがタバコ感は強まっていますね。それがバニラカスタードにさらなるコクをもたらせているのでしょう。

(肺ではなく)胃を直撃する感覚は両方共同じなのですが、Private Reserve VCTのほうは口蓋から喉、食道のラインにしばらく味が留まっています。これね、ノーマルVCTを2~3ヶ月寝かせたら出てくる感覚なんですよ。でも、ここまでには至りません。あまり認めたくはないのですが、ノーマルVCTをどれだけスティープさせたとしても、Private Reserve VCTのほうがおいしいでしょうね。

わざわざPrivate Reserve VCTにはシリアルナンバーが振られているのが、これまたいけない。こんなことをされると余計においしく感じてしまう。

f:id:nukayoro:20171103105117j:plain
ノーマルVCTとPrivate Reserve VCTの価格差は30mlで700円もあるんですよね。4本買えば、ノーマルVCTが約一本買えてしまう差です。そう考えれば、その差は小さくありません。これ、並べて吸ったらアカンやつでした。一ヶ月おきくらいで両方を交互に吸っていたら、たぶん味の差に気づかなかったと思います。並べて吸ってしまうとダメですね、次はPrivate Reserve VCTを買ってしまうと思います。プラシーボだろうが、なんだろうが、たぶん買ってしまうと思いますね。

うーん、ノーマルVCTを1年くらいスティープさせたらPrivate Reserve VCTにならんかな。

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび