ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Clone・RTA】Kayfun Prime っぽいモノを買いました

f:id:nukayoro:20171130231521j:plain

Kayfun Primeっぽいモノを買いました。クローン製造会社、YFTKの製品です。 

22mm
高さ(ポジピン除く) 55mm
タンク 2ml

f:id:nukayoro:20171202164715j:plain
Kayfun PrimeはKaufunシリーズにおけるMTL仕様のRTAとして最近発売になりました。ここへきて続々とクローン製品も発売されていますが、以前と異なる状況になっています。まず、クローン製品は「Kayfun」の名称を使わなくなりました。「KF」と表記されていることが多いですかね。私がポチッた11/1の段階では「Kayfun Prime Styled」となっていたので、ここ一ヶ月の間になにか大人の事情があったのでしょう。

あと、全てがそうであるのかはわかりませんが、ほとんどのClone Kayfun Primeは、偽メーカーロゴや偽シリアルNo.を刻印することをやめました。オーセンメーカーであるSvoёMestoが本気を出したのかもしれませんね。

f:id:nukayoro:20171202164718j:plain
Clone Kayfun Primeの内容物一式。Kayfunシリーズはこのステンレスタンクがかっこいいですよね。私はKaufun V5を常用しているのですが、タンクはあえてステンレスのモノを使用しています。「VAPEは見た目が8割」です。ステンレスタンクではリキッド残量が見えないとかジュースホールの開き具合がわからないとか不満はあるでしょうが、そこは我慢をしなくてはいけません。

すいません、ウソついてました。ガラスタンクを割ってしまい、VAPECHKさんに入荷されるのを待っているだけです。ステンレスタンクなんて使いにくくて仕方ない。

f:id:nukayoro:20171202164720j:plain
部品構成はKayfun V5とよく似た感じ。ドリップチップは510サイズですので交換が可能です。

f:id:nukayoro:20171202164722j:plain
デッキもKayfun V5の構造を踏襲しています。MTL仕様ということで、エアホールの開口部が少し絞られていますね。

f:id:nukayoro:20171202164724j:plain
オーセン品にあるメーカーロゴ、製品名、シリアルNo.などの刻印がClone Kayfun Primeには施されていません。しょせんパクリなので、あろうがなかろうがどーでもいいですけどね。ポジピンは結構出っ張っています。うちではハイブリッド環境で使用することができましたよ。

f:id:nukayoro:20171202164725j:plain
ジュースホールはチムニーのぐるりに六ヶ所設けられています。左の画像が全閉状態、右の画像が全開状態。チムニーを反時計回りに回すことでジュースホールが開いていきます。調子に乗ってクリクリ回しているとパーツがポロリと外れて、リキッドがドバッ。特にステンレスタンクを使用しているときは気を付けましょう。

f:id:nukayoro:20171202164727j:plain
Kayfun V5には二ヶ所にあったエアホールですが、Clone Kayfun Primeには一ヶ所しかありません。いかにもMTL仕様ですね。調整は6段階。調整位置に打たれているポッチの数が少ないほどエアは絞られていきます。

MTL仕様だけあって、ドローは重めです。エア調整可能範囲すべてで「MTLで使え」って言われているよう。とは言え、エアホール開度最小状態でも超絶重くはなりませんよ。Siren 2 GTAのほうがドローは重いと思います。

f:id:nukayoro:20171202165030j:plain
てきとーに巻いてみたところ、1.4Ωでした。Kayfunはコイルの巻き数や位置にそれほどシビアではありませんので、なんでもいいでしょう。特に私の場合、Clone Kayfun Primeは素グリ(ニコチン摂取)専用機として使うので、このへんどーだっていいです。

f:id:nukayoro:20171202164732j:plain
Kayfun V5と同じであれば、コットンは詰め過ぎない方がいいです。コットン足はふわっと置いてやるイメージでセットしてきます。

f:id:nukayoro:20171202164734j:plain
しかし、偽物なのにきれいに作ってますね。Clone Kayfun Primeは、単独で使っている限り、質感の面での不満は出ないと思います。

ただね、オーセン品と比べたら(たぶん)質感は落ちますよ。私、Kayfun V5はオーセン品もクローン品も持っているのですが、クローンの方は使わなくなってしまいました。使い勝手や味の出方は一緒なんですけどね、質感が違うのです。オーセン品のほうがステンレスの目が細やかで、光を反射したときに「いかにも上質」な佇まいとなります。まぁ、並べない限りわからないことなんですけどね。

f:id:nukayoro:20171202165106j:plain
リキチャはトップから。このとき、ジュースホールは全閉にしておかないと漏れますよ。


f:id:nukayoro:20171202164739j:plain
シングルコイル 1.4Ω 12W、MTLで吸ってみます・・・・

・・・・ふだんDLの私にとってみれば、エアホールの開度がどの程度であろうと同じ印象。いつでもどこでもドローは重い。「重い」中でもちゃんとエア調整が効いていますので、MTL派の方にとっては楽しいRTAだと思いますね。

エアホールを全開にしてDLで吸ってみます・・・・

・・・・ドローは重いですが、ぎりぎりDLはできます。私、グイッと強引にDLでベーピングすることも嫌いではないので使えますよ。ただ、リキッドのニコチン濃度は上げてやらないといけないでしょうね。ミスト量が少ないので、いつもの濃度では身体が満足しないと思う。

味ですが、誰しもが「おいしい」と思えるレベルに達しているのはないでしょうか。最近は「おいしくない」アトマイザーなんてほとんど無いですけどね。ただ、個人的には味も使い勝手もSiren 2 GTAのほうが上だと思っています。Kayfun Primeが圧倒的に勝っているのは"上質さ"でしょう。とすれば、やっぱりKayfun Primeについてはクローン製品ではなくオーセン品を買わないと意味が無い。

f:id:nukayoro:20171202164845j:plain
蛇足ですが、Clone Kayfun V5とClone Kayfun Primeを並べてみました。高さが15mmほど違いますが、Primeにオプションの拡張タンクを取り付けると容量も高さも同程度になるでしょう。

f:id:nukayoro:20171202164848j:plain
デッキを並べてみました。デッキの作りもエアホールやネジもV5のほうが大ぶりですね。ビルドはどちらも楽ですよ。

f:id:nukayoro:20171202164850j:plain
V5は八角形、Primeは六角形。

f:id:nukayoro:20171202164852j:plain
Primeもオプションの拡張パーツを取り付けてやると、チムニーの高さは同じくらいになると思います。なーんとなくですが、Primeは拡張してやらないほうがいいのではないでしょうか。デッキと口の距離が近いから味がしっかり出ているような気がする。

f:id:nukayoro:20171202164855j:plain
Primeの一番の不満点はここ。リキチャする際はトップキャップを外すわけなのですが、指でつまむ部分が狭く、ホールドがしにくいのでめちゃくちゃ回しにくい。あまりきつく締めないほうがいいかも。
 

f:id:nukayoro:20171202165412j:plain
私はDL派ということもあり、V5のほうが好みです。日常、手放すことのできないアトマイザーの一つになっています。DL派とは言え、たまにMTLでベーピングしたくもなります。そんなときには・・・そんなときには・・・うーん、Siren 2でいいや。

やっぱり、Clone Kayfun Primeはいらない。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2017 ぬかよろこび