ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【HiLIQ・リキッド】鉄観音 Tie-Guanyin をもらいました

f:id:nukayoro:20171231210428j:plain

最近のHiLIQはお茶系で攻めていますね。出来がいいモノが多く、これまでのHiLIQリキッドのイメージを覆すレベルで勢いを増しています。なぜお茶系なのか・・・

2016年の中国における茶の生産量は240万トンで世界第一位、2位のインドをダブルスコアで突き放すボリュームです。中国は緑茶主体、インドは紅茶主体の違いはありますが相手になっていません。ちなみに日本は生産量約8万トンで世界第10位。中国のスケールの大きさを思い知らされます。HiLIQは言わずと知れた中国のリキッドメーカー。240万トンを背景にお茶でのし上がってくるのも不思議ではないかもしれませんね。 


HiLIQさんから、鉄観音 Tie-Guanyinをもらいました。


鉄観音は烏龍茶の一種で全烏龍茶の5%ほどを占める品種です。我々日本人は、中国のお茶と言えば「烏龍茶」を思い浮かべがちですが、割合としては中国で生産されるお茶の1割程度しか占めてないのですよ。意外なこと(?)ですが、中国が生産するお茶の7割は緑茶なんです。中国に緑茶大国のイメージは無いですよね。

 

鉄観音 Tie-Guanyin(VG:PG / 80:20)

f:id:nukayoro:20180103092145j:plain
最初に書いてしまいますが、HiLIQ鉄観音はベーピング環境に関わらずおいしく吸うことができました。ドリッパーだろうがタンクだろうが、高出力DLで吸おうが低出力MTLで吸おうが・・・これ、MAGIC7の地位を脅かしてますね。私にとってのHiLIQNo.1リキッドはダントツでMAGIC7だったのですが、抜いたかもしれない。しかも、ベイパーの95%がマズいとするMAGIC7に対して、HiLIQ鉄観音は逆に95%がおいしいって言いそう。MAGIC7、危うし!

低出力MTLで吸うと、お茶らしい渋みを楽しむことができます。おもしろいことにその渋みは舌で感じているわけではないんですよね。舌の上ではぜんぜん渋みはありませんし、へんなクセもありません。万人が吸いやすいリキッドに仕上がっていると思いますよ。お茶の渋みは身体が感じるのです。ふわっ漂うお茶の香りに身体が勝手に渋みを感じてしまっているだけなんですね。" お茶 "と" 渋み "はセットみたいなものですから。

VG:PG比率が80:20のモノだったからでしょうか、私は高出力でグワッと吸う方が好みに合いました。鉄観音ってよく飲まれる烏龍茶に比べて甘みが強いと聞いたことがあります。HiLIQ鉄観音は高出力で吸うと急激に甘みが強くなり、いかにも" 鉄観音 "といった味わいになります。ま、本物の鉄観音は飲んだことないんですけどね。

ともあれば「薄い」ととられかねない濃さなのですが私はこのあたりでちょうどいいと思います。これ以上フレーバーの濃度を上げるとHiLIQのよくないクセが出てくるのはないかと。HiLIQ鉄観音 Tie-Guanyin。スッキリさっぱりした気分にさせてくれるリキッドでした。
 

f:id:nukayoro:20180103092151j:plain

世界最大のお茶生産国であり、世界最大のお茶消費国でもある中国。それでは一人当たりの年間消費量はどうなっているのでしょう。中国人一人当たりの消費量は年間0.86Kg、日本人はそれを超える1.02Kg。あれま、日本人の方がお茶をたくさん飲んでるのですね。それよりも驚くのがアラブ首長国連邦の年間消費量。一人当たり6.24kgですって。日本や中国の6倍以上ですよ、6倍以上。紅茶や緑茶を含めてさまざまなお茶が飲まれているようです。HiLIQさん、日本なんて相手にしている場合ではありません。アラブに売り込みましょう!

アラブにVAPE市場があるのかは知らんけど。

 




にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび