ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【The Vapor Hut・リキッド】After Hours Washington Apple をもらいました

f:id:nukayoro:20180124203933j:plain

VAPEを始めた頃はちょっとしたことに衝撃を受け、感動していたものです。

KAMIKAZEリキッドばかりを吸っていた頃、初めてKoi-Koi雨流れに出会って衝撃を受けました。『同じリキッドなのにまったくの別物じゃないか・・・』新しい世界が広がった気がしたものです。

初めてMODの出力を上げて爆煙を吐いたとき、視覚的にも荒々しいスピットバックにも衝撃を受けました。怖さを感じると同時に意味もなく感激していた記憶があります。MTLからDLに切り替わったのはこのときからでしょうか。

初めてメカニカルチューブMODを手にしたときもズンッとくるインパクトがありました。無骨な金属管が放つオーラにやられてしまいましたね。今でもパフする度にちょっとした幸せを感じています。

初めてクラプトンコイルを用いたとき、初めて温度管理を使ったとき、見慣れないカラーや形状のデバイスに出会ったとき、コットンをkendoコットンに代えたとき、ドリップチップ一つで味が大きく変わることを知ったとき、初めて強烈なイガりに襲われたとき・・・毎日が感動や発見の連続でした。これはベイパー全員に当てはまることだと思います。VAPEが生活に溶け込み馴染んでしまうと良かれ悪しかれ新たな発見にぶつかる頻度は下がってきます。ちょっとやそっとのことでは衝撃を受けたりなんかしなくなってくるのも皆同じなのではないでしょうか。私も同じ。

ベプログshopさんから、The Vapor Hut After Hours Washington Appleをもらいました。


大げさかもしれませんが、このリキッドのおかげで新たな世界が開けました。5秒ほど感動を覚えたほどです。些細なことなので笑われるとは思いますが、私のVAPEライフ、VAPEの楽しみ方に2ミリほどの影響を与えたことは間違いないでしょう。 

After Hours Washington Apple(VG:PG / 60:40)

『ワシントンアップル カクテルフレーバー。サワーアップル、ウォッカ、アップルジュース、ライムジュース、グレナデンシロップ。THE VAPOR HUTのカクテルラインのVAPE(電子タバコ)リキッドです!りんごの香りがいいです!青りんご系の味に近いです!日本人にも馴染みがある味だと思います!お酒感は薄いのでお酒飲めない方にもおすすめですよ♪(ベプログshopより)』

ワシントン・アップルというカクテルの味ということですね。それにしてもベプログさん、「!」マークが多過ぎやしませんか。あまりの勢いにサイトを閉じてしまうところでした。もう少し肩の力を抜いたほうが・・・

f:id:nukayoro:20180124212131j:plain
シングルコイル 1.2Ω 12W、MTLで吸ってみます・・・・

・・・・カクテル味と言うことである程度のお酒感をイメージしていましたが、まったくといっていいほど感じませんでした。私は基本的にお酒が嫌いなのでそのほうが好ましくはあるのですが、お酒感を求めている方は拍子抜けをしてしまうでしょうね。

カクテル味のリキッドとしては不合格を付けられてしまうかもしれませんが、リンゴ味のリキッドとしては超合格です。リンゴの再現性が極めて高く、ほのかに感じる酸味からはリンゴの皮さえもイメージができてしまうほど。アップルリキッドとしては相当おいしい部類に入るのではないでしょうか。

The Vapor Hutって当たりハズレの大きいメーカーさん、との印象を私は持っているのですがいかがでしょう。WOOKEY COOKIEのようなイケてるリキッドと、BLACK LEAF TOBACCOやGERMAN CHOCOLATEのようなイケてないリキッドとの差が超絶激しい。同じメーカーが作ったとは思えないほどです。

そこからするとAfter Hours Washington Appleは当たりでしょうね。" リアルを求めたリンゴ味 "ととらえるとよくできたリキッドです。アップルリキッドが苦手な方は少ないこともあって、多くの方に受け入れられるのではないでしょうか。ただね、ただ・・・比べてしまうのが私の悪いクセなのですが、『これならHiLIQのダブルアップルでいいや』と考えてしまう自分がいることも確かなんですね。似た系統の味というだけなのですが、尖った部分を持っていないとHiLIQリキッドのコスパの前では苦しいですね。

f:id:nukayoro:20180124212148j:plain
『なんとかしておいしく吸える方法は無いものか。』アトマイザーをとっかえひっかえ、出力を上げたり下げたり・・・そしてついにおいしく吸える方法を発見しました。「バカなんじゃないの?」と陰口を叩かれること必至ですので、書くことをためらわずにはいられないのですが、正直私にとっては革命的なことでしたし他に書くこともないので書きます。

After Hours Washington Appleをおいしく吸う方法ですが・・・

クリアロでもRTAでもかまいません、タンクアトマイザーを使います。RDAではなぜかその効果が薄い。そして出力値を50W以上、いわゆる爆煙にします。その爆煙をダイレクトに舌の先へ当てるのです。ドリップチップのすぐそばに舌先をもってくる感じ。舌は少し浮かせた形になっていると思います。

ミストを吸い込むとき舌が浮いた状態になんて普通しませんよね。私は今回初めて舌を浮かせ、ミストを舌先に当てることを意識してベーピングしてみました。これがまたAfter Hours Washington Appleではとてもおいしく感じたのです。舌先の味覚を最大利用することで酸っぱさは5倍に膨れ上がり、その酸味はリンゴの本物感を大きく高めます。味は完熟リンゴではなく" まだ青さの残るリンゴ" 、ジューシーさが増しておいしさアップ。

『こんな吸い方があったのか・・・』3秒ほど感動しました。不思議なことに同じ吸い方をしてもHiLIQダブルアップルではおいしさアップに繋がりませんでした。他のリキッドを舌先に当ててみても同じ、After Hours Washington Appleほどの効果は見られませんでした。不思議不思議・・・


もしかするとAfter Hours Washington Appleだけに通用する吸い方かもしれない。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび