ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VAPTIO・スターターキット】FUSION 3.8ml をもらいました

f:id:nukayoro:20180127185317j:plain

この前、なんとも言えない光景を目にしました。

二十代男性の方とたまたまキャッチボールをする機会があったのですが、かわったボールの投げ方をするんです。" 女の子投げ "というのでしょうか、身体を使わず腕だけで投げるあの投げ方です。ガッシリした体つきの男性が内股気味でフニャッと投げる姿にはなんとも言えないものがありました。もちろんボールに距離は出ず、まともなキャッチボールにはなりません。

そんな彼ですが、サッカーボールを持たせたら天下一品。さすがは草サッカーチームのエース、躍動感の塊に変身します。リフティングなんてやらせたら日が暮れるまでボールを落とさないでしょう。(かなり盛った)

私が子供の頃は猫も杓子も野球でした。学校でもそう、友人との遊びでもそう、毎日ボールを投げていたと思います。その男性はそれが野球ではなくサッカーだったんですね。きっと毎日ボールを蹴っていたのでしょう。とてもかっこいい姿を見せてもらいました。

ただね、もし結婚してお子さんができたとき、その子供がサッカーに走るとは限らないじゃないですか。もしかすると、彼にはお父さんとして子供と野球をする機会がやってくるかもしれません。そんなときのためにキャッチボールくらいはできるようになっていたほうがいいと思うんですけどね。はい、完全に余計なお世話ですね。


VAPTIOさんから、スターターキットの FUSION 3.8mlをもらいました。

<MOD SPEC>
Size:63 x 54 x 24mm
Battery:1500mAh
Output wattage:30W / 40W / 50W
Capacity:3.8ml

f:id:nukayoro:20180127185345j:plain
MOD、アトマイザー、スターターキット、どれもこれもVAPTIO製品ってホント丁寧に作られています。ここのところVAPTIO製品の記事を多く書いていますが、かなりの好印象が残っています。日本では無名なメーカーですが、VAPE界を席巻する日もそう遠くはない。そう思うほど期待しています。

f:id:nukayoro:20180127185351j:plain
今回VAPTIOさんが送ってくださったのはFUSIONというスターターキットです。JoyetechのeGo AIO BOXとよく似た形状ですが、モノはまったくの別物です。手にした瞬間に質の良さが伝わってきますね。ポケットサイズで手のひらに収まる大きさなのですが、材質に金属を使っている部分が多く少しズシッときます。この手応えがスターターキットにありがちなチープさを打ち消しているんですね。

f:id:nukayoro:20180127185348j:plain
本体の大きさに似合わない大きな箱に入ってきます。VAPTIO製品はパッケージにも本気を出しています。過剰包装と言えなくもないのですが、こういったところは日本人ウケすると思いますね。外箱と中箱に分かれている点がちょっぴりプレミアム。

f:id:nukayoro:20180127185350j:plain
" FUSION "という製品名がいいですね。実は私、仕事でこの言葉を日に何十回と口にしているんですよ。今日も朝から2時間ほど" FUSION "に関する会議をしてきたところです。仕事はVAPEとまったく関係ありませんが。

f:id:nukayoro:20180127185353j:plain
FUSIONのパフスイッチはカチッカチッと節度ある押し心地。この手のスターターキットではおざなりにされがちな部分ですが、こういったところは製品の質感に大きく関わってくる部分です。FUSIONのパフスイッチの押し心地は期待に反することのない好ましいものでした。

パフスイッチの5連打で電源ON/OFF。

f:id:nukayoro:20180127185355j:plain
タンク容量は最大で3.8ml。感覚的にはそこまで入っていない気がします。よくて3mlって印象。使い勝手に影響があるほどではありませんけどね。リキッド残量はとても見やすい。

f:id:nukayoro:20180127185541j:plain
タンクをじーっと眺めていて気になったのはこの部分。コイルユニットのジュースホールがかなり高い位置にあります。リキッドが減ってジュースホールよりレベルが下がったらイガるんじゃないかと。心配無用でした。リキッドが画像のレベルにまで減ってもイガることはありませんでした。ベーピングする際に本体を傾けるので、リキッドがジュースホールに届くのでしょう。ただ、念のために早めのリキチャは心掛けた方がいいかもしれませんね。

f:id:nukayoro:20180127185451j:plain
パフスイッチを押すとタンク内部が光ります。画像には赤・青・緑の3色を写していますが実際は7色。パフする度に7色が順番に変わっていきます。ベーピングしている本人が目にする機会はあまりないところですけどね。見えないですし。

f:id:nukayoro:20180127185457j:plain
ドリップチップは510サイズですので汎用品との交換が可能です。

f:id:nukayoro:20180127185459j:plain
エアホールを絞りに絞って、一番右側のようなドリップチップを使えばMTLでもイケます。

f:id:nukayoro:20180127185453j:plain
本体前面下部には3つのLEDランプと充電用micro USB端子があります。FUSIONがおもしろいのは、出力を30・40・50Wと三種類設定することができる点。パフスイッチを3連打する度に設定出力が変化していきます。3連打の後、LEDランプが一つ点滅すれば30W、二つ点滅すれば40W、三つだと50Wに設定されているという意味です。

f:id:nukayoro:20180127185738j:plain
充電は5V/1A。からっぽから満充電まで2時間半なんだそうです。この3つのLEDは電池残量の表示も行います。パフスイッチから指を離したときにLEDが3つとも光っていれば電池残量は70~100%、2つなら50~60%、1つしか光ってなければ40%以下、といった感じ。ざっくりとした表示方法ですが運用するのに十分でしょう。

f:id:nukayoro:20180127185456j:plain
FUSIONはトップエアフロー式となります。基本的にはスッカスカですので、たいていの方は開度20%以下に絞ることになるでしょう。私はエアホールを全閉にしてMTLでベーピングするのが好きですかね。

f:id:nukayoro:20180127185856j:plain
f:id:nukayoro:20180127185808j:plain
本体からチムニーとコイルユニットを引き出してやりました。チムニーの先にコイルを取り付けてから本体に突っ込むよくある形です。

f:id:nukayoro:20180127185920j:plain
チムニーの外径はそこそこの太さがありますが、中に細い管が通っています。その管の内径を考えるとMTL向けかなと思えるのですが、エア量が多いのでDLでも運用することができます。爆煙は求められませんよ。


f:id:nukayoro:20180127185924j:plain
f:id:nukayoro:20180127185927j:plain
コイルユニットは0.25Ωと0.8Ωが付属。コイルユニットはリキッドを数滴垂らしてコットンをちゃんと湿らせてから本体にセットしましょう。

f:id:nukayoro:20180127185933j:plain

VAPTIO製品のすごいところは、コンタクトにわざわざシリアル(?)No.をふっている点。マスプロ品にここまでするメーカーはほとんど無いでしょう。検査証明書の添付と合わせ、VAPTIOさんの真面目さがよく表れている点だと思いますね。

リキチャはこの状態で行います。開口部が大きく口を開けていますので楽に行うことができるでしょう。

f:id:nukayoro:20180127185938j:plain
すいません。キャッチボールの話の続きを忘れていました。せっかくですので、ボールを投げるコツを書いておきます。元サッカー少年のお父さん方も是非キャッチボールくらいはできるようになってください。

 まず「ステップを踏み出す」
 次に「頭の位置を動かさずに軸足で体を回転させる」
 「先に前足に体重を乗せる」
 「体重を後ろに戻してテイクバック開始」
 「投げます。実際に投げる際は頭の位置は必ず固定」

ハイ、実際にやってみましょう。

まず「窓を開けます」
次に「FUSIONを手に持ち助走をつけます」
「ぶん投げます」

OKです。たいへんよくできました。FUSIONはかなり遠くまで飛んでいったのではないでしょうか。外の人に当たってないといいですね。

最初、0.8Ωコイルで試してみましたが、まともに吸うことはできませんでした。とにかくジュルります。30Wから50Wまで試しましたがジュルりは一向に無くなる気配がありません。完全供給過多モードへ突入です。FUSIONのような方式のスターターキットは多いですが、限られたスペースの中で工夫しなくてはならないので、コイルの設計は難しいんだと思います。少しバランスが崩れるだけでジュルったり、イガったり、味が出なかったり・・・

f:id:nukayoro:20180127190530j:plain
0.25Ωコイルを試さなくてはいけませんので、先ほどぶん投げたFUSIONを走って拾いにいきましょう。外の人に当たってないといいですね。

0.25Ωコイルをセットして試してみます・・・・

・・・・うーん、まともに吸えるようにはなりましたが味は出ませんね。どんなルートをエアが通っているのかよくわかりませんが、エアがコイルにまともに当たっていないときの感覚に似ています。リキッドの上澄みだけを吸っているような感じ。そこで登場するのが「エアホール全閉&MTL」です。これでようやくまともにリキッドのフレーバーを楽しむことができるようになりました。よかったよかった。

その翌日、窓開けてぶん投げました。外の人に当たってないといいですね。

0.25Ωコイルも時間を開けるとダメでした。しばらく時間が経つとまたジュルジュルが始まります。一連のVAPTIO製クリアロマイザーのコイルはよくできていると思いますが、こと、FUSIONのコイルだけは厳しいですね。たまたまハズレコイルに当たっただけならいいのですが、これが通常品なら使用に耐えないと思います。これほどバランスを崩したコイルは今どき珍しい。

FUSIONはぶん投げてしまいましたが、それでもVAPTIOさんに対して悪いイメージは付かなかったですね。とにかくどの製品でも『限られたコストの中でできるだけ丁寧なモノ作りをする』といったような信念が見える気がしますから。FUSIONもモノとしては" いいモノ "です。次世代コイルが誕生すると同時にイケてるスターターキットへと変貌するはずです。たぶん。知らんけど。

どーせ買わないですよね。だって、替えコイルが手に入らないですもん。

 




にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび