ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【HiLIQ・リキッド】Sakura Tea サクラティー を買いました

f:id:nukayoro:20180202220916j:plain

サクラティー・・・桜茶・・・桜・・・さすがはHiLIQさん、いいところを突いてきましたね。日本人は桜が大好き、花と言えば桜。

桜ブームは平安時代に始まっています。和歌で例えてみましょう。奈良時代の「万葉集」ではそれほどのウエイトを占めていなかった桜ですが、平安時代に入って「古今和歌集」では春の部の半数以上に " 桜 " が使われました。そして勅撰八代集のラストを飾る「新古今和歌集」ともなると、春の部174首のうち135首が " 桜 " で占められます。この頃に日本人にとって花と桜は意味を同じくするようになりました。

日本人の心に根付いた " 桜 "。HiLIQ Sakura Teaという製品名だけで日本人ベイパーの8割は心が揺さぶられたはずです。2/8現在、まだ販売されていませんけど。心が揺さぶられたベイパーの7割が購入を決意したはずです。まだ販売されていませんけど。大ヒット間違いなし、生まれた瞬間に大成が約束された商品と言えるでしょう。

と言いたいところなのですが、そうは問屋が卸しません。歴史のある黄桜やサクラクレパスなどは別ですが、取ってつけたように「桜・サクラ・Sakura」を名乗った商品はヒットしたことがないのです。清涼飲料や化粧品、家庭用品、雑貨等、様々な製品にこの言葉が使われてきましたが、大成したモノは皆無なのです。2015年の日経MJヒット商品番付で西の横綱を張ったのが「ラグビー桜ジャパン」だったことを覚えている方はいますでしょうか。ヒット商品であったかどうかさえも怪しいところですね。

森山直太朗さんの「さくら」や初音ミクさんの「千本桜」など、桜がヒットするのは古今和歌集からの流れを汲んだ歌の世界だけ。ここまで日本人に愛されている " 桜 "がヒットに結びつかないことは、マーケティング業界七不思議の一つに数えられています。

HiLIQ Sakura Tea サクラティーを買いました。いや、正確に言うと、他のリキッドを買ったときにおまけで付いてきました。まだ販売はされていません。

Sakura Tea サクラティー(VG:PG / 80:20)

VAPE業界で、桜はヒットに結びつくのでしょうか。HiLIQさんのお手並み拝見といったところです。まだ販売されてないですけど。

f:id:nukayoro:20180202220928j:plain
シングルコイル 0.7Ω 18Wで吸ってみます・・・・

・・・・口の中で桜の花がふんわり開いていくようです。桜のとてもいい香りが鼻腔に充満し、そして、タイプトリップが始まります。時計の針が逆転、あなたは数十年昔に思いを馳せることになるでしょう。母親に手を引かれ緊張の面持ちで歩いた桜並木の道。到着した小学校の校舎や体育館の大きさに圧倒され、わけのわからないうちに終わってしまった入学式。喧噪、静寂、悦喜、挫折、飛躍、決意、奮迅、そして初恋。HiLIQ Sakura Teaによって思い出が脳裏に現れては過ぎ去っていきます。走馬灯のように。

うそです。タイプトリップしません。桜の味もしません。

桜茶だと勝手に思っていたのですが違いましたね。桜茶とは塩漬けの桜花にお湯を注いだモノ。リキッドで再現するとマズくなってしまいますかね。梅昆布茶リキッドとかあってもいいのになぁ。買わないけど。

f:id:nukayoro:20180202220940j:plain
HiLIQ Sakura Teaですが、フローラル系柔軟剤の香りがしますね。一瞬いい香りに感じるけど、だんだん鼻についてイヤになってくるあの感じが同じ。桜というよりベリー系のなにかを感じますが、お茶の渋みのせいでそれがノドに引っかかってイヤな感じ。実は初めて吸ったときから身体が拒絶反応を起こすのか、ずっと咳込んでしまってます。多少マズくてもニコチン摂取さえできればたいていのリキッドは吸い切ってしまえるのですが、これは自信無い。味覚に合わないというより、身体に合わないみたいです。

HiLIQ Sakura Tea。とてもおすすめなリキッドです!みんなで買おう!(まだ売ってない)


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび