ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VAPTIO・クリアロマイザー】THRONE TANK をもらいました

f:id:nukayoro:20180212213709j:plain

『いや、ホントまいった・・・』

今年のインフルエンザB型ってそれほどの高熱が出ないって噂だったのに、実際掛かってみると丸三日間39度を下回ってくれなかったんですよ。発症5日目となってようやく床から起き上がることができるようになりました。『ホントまいった・・・』インフルエンザにもまいりましたが、それよりもまいっているのが明日の出社です。インフルエンザが流行り始めた頃、部下たちに向かって『うちの部署はインフル禁止な~これ、業務指示な~』と言ってたんですよね。もちろん冗談なのですが、完全に墓穴を掘ってしまってますね。明日はうちのメンバー全員からの口撃で、ぬかよろハチの巣確定。

熱も下がって余裕が出ていたので今日はVAPEをしながら大好きなVシネマを視聴、いわゆる極道モノというやつです。そこに出ている車を見ながら『20代の頃にはこんな車に憧れていたよなぁ』と思いながら手元を見るとそれがありました。


VAPTIOさんから、THRONE TANKをもらいました。

  • 径 : 23.5mm
  • 高さ(ポジピン除く): 51mm
  • コイル : 0.25Ω(推奨出力30-70W)1.2Ω(5-20W)
  • タンク容量 : 2.0ml


Vシネマに出演していた車がこんなやつ。

f:id:nukayoro:20180222151856j:plain

そして、Vシネマを観ながら使っていたアトマイザーがこれ。VAPTIO THRONE TANK。

f:id:nukayoro:20180212213724j:plain
漆黒のボディ、ゴールドのホイール、スモークガラス、そして王の風格。もう黒ベンツそのまんまですな。THRONE TANKは「Vシネマイザー」だったのか。使っていて妙にグッとくるクリアロマイザーだなぁと思ってましたが、その理由はここにあったんですね。さすがVAPTIOさん、和の心をよく研究なさってます。ジャパニーズベイパーの80%はVシネマ好きと言われてますからね、日本のショップに置けば飛ぶように売れるはずですよ。なわけない


f:id:nukayoro:20180212213726j:plain
トップキャップとベースパーツにガツンといかつい彫り物がなされています。メーカーのサイトではこれを王冠のイメージとしていますが、私には銃器かドスにしか見えませんね。メーカーとして、企業として『ドスをイメージしました』とは言えないでしょうから、ここはVAPTIOさんのおっしゃる通りにしておきましょう。これは王冠です。でも、銃器です。

f:id:nukayoro:20180212213731j:plain
VAPTIOはアメリカのメーカーさんです。製品企画はアメリカで、実際の製造は中国でって感じ。中国といっても製造は深センのファーストユニオンテクノロジー社ですから品質は悪くないですよ。


f:id:nukayoro:20180212213733j:plain
ちゃんと考えられている製品も多いし品質もいい、パッケージングやマニュアル類から伝わってくる真面目さもあって私はVAPTIO製品が好きですね。もし気に入らないモノに当たっても「次はイケてるはず」って期待感を持たせてくれるメーカーさんだと思います。

ただね、アトマイザーの製品ラインナップはなんとかしてほしい。販売されているアトマイザー9種の内、8種がクリアロマイザーなんですよね(残る1種はRDTA)。追加コイルの入手性が悪いのでこれはつらい。そろそろRTAを出してくれないもんですかね。


f:id:nukayoro:20180212213735j:plain
VAPTIOのクリアロマイザーは予備タンクには異なるカラーのモノを付けてくることがあるのですが、THRONE TANKは同色のタンクが付いてきました。当然、スモークガラス仕様です。タンク容量は2mlですね。最近、EUのTPDの都合で2ml容量のモノが多くなってきました。当初はイラッともきましたがもう慣れました。こんなもんだ、と思って楽しむしかありませんからね。

f:id:nukayoro:20180212213904j:plain
あ、先に言っておかなくてはいけなかったですね。THRONE TANKは6色でカラー展開されているのですが、Black/Gold以外は無いものと考えてくださっても構いません。スモークガラス仕様はBlack/Goldのみの特別仕様です。Vシネマイザーと呼べるのはBlack/Goldのみです。

f:id:nukayoro:20180212213819j:plain
やけに長いコイルヘッドが目立ちます。一番右のベースユニットはがんばればもう少しバラすことができるのかもしれませんが、元に戻せない自分が予想できたのでここまで。

f:id:nukayoro:20180212213820j:plain
ドリップチップは2種類で、左側がDL用、右側がMTL用とされています。しかし・・・なんなのでしょう、これ。MTL用ドリップチップ、テカってます。妙にテカってます。マジでテカってます。これを装着した途端、THRONE TANKはボンネットだけにワックスをかけた黒ベンツになってしまいました。しかしこの下品な感じ、これはこれでいいのかもしれない。

f:id:nukayoro:20180212213825j:plain

コイルヘッドは2種類。D1はニクロム単線、D2のほうはカンタル単線が使われています。

 D1 COIL・・・0.25Ω(推奨出力30-70W)
 D2 COIL・・・1.2Ω(推奨出力5-20W)


f:id:nukayoro:20180212213828j:plain
上からヘッドコイルを挿す形のクリアロマイザーは珍しいですね。THRONE TANKは上部からコイルを抜き差しする仕様。これ、本体を立てた状態でタンクにリキッドを残したままコイル交換ができるということなんですね。「うまくできてるなぁ」ちょっと感心してしまいました。

f:id:nukayoro:20180212213829j:plain
リキッドを残したままのコイル交換ともなると、リキッドがコイル側に流れてこないよう堰き止めておく必要があるのですが、その点もTHRONE TANKは大丈夫。クリアロマイザーに珍しくジュースホールの開閉機能が付いているのです。ここをしっかり塞いでコイル交換をすればリキッド漏れはありません。

「これいいわぁ」クリアロマイザーって使わずに長くほったらかすとジュルリが出てくることが多いのですが、これならそれが防ぐことができそうです。あと、THRONE TANKはトップキャップを外すと、構造上必ずジュースホールが閉まる仕組みになっているんですよね。よくできています。

 

f:id:nukayoro:20180212213832j:plain
私がVAPTIOを好きな理由の一つがこれ。VAPTIO製品ってアトマイザーやMODに関わらず、全製品のコンタクトピンにシリアル番号が刻印されているのです。あろうが無かろうがどーでもいいモノですけど、なんか真面目なモノ作りをしてるって気がするではないですか。メーカーの印象操作に踊らされているだけかもしれませんが、別にそれでいいですよ。

f:id:nukayoro:20180212213823j:plain
これまで触ってきたVAPTIOのクリアロマイザーには全てこのようなシリコンパーツが付いてきました。タンクの上面を覆うように取り付けられており、リキッドの逆流を防ぎます。他の製品ではそうでもありませんでしたが、THRONE TANKに限ればこのパーツは邪魔。

f:id:nukayoro:20180212213858j:plain
シリコンパーツを上から押さえてできた隙間からリキチャをするので、けっこう奥までスポイトを突っ込む必要があるのですが、THRONE TANKは中央部のパーツにスポイトがぶつかり奥まで入らないのです。

いったいこのシリコンパーツはなんのために付いているのだろう。とりあえず取り外してみました。

  • 逆さにして2日間放置 → リキッド漏れ無し
  • コイルヘッド交換 → 特に影響なし
  • リキチャ → 快適になる

無くても影響はなさそうですが・・・しいて言えば、本体を逆さにするとトップキャップにまでリキッドが回ってきますので、それを開け閉めした際にリキッドが少量外部に滲み出すくらいですかね。これも手荒く持ち運んだりしない限り気にする必要はなさそう。やっぱりTHRONE TANKにシリコンパーツは不要ですよ。

f:id:nukayoro:20180212213900j:plain
エアホールは無段階調整式。この角度から眺めるとかっこいい。

f:id:nukayoro:20180212213902j:plain
これ!これです!同じ黒金配色のMODに載せてみたところ、黒ベンツのイメージにドンピシャ!小沢仁志さんや白竜さんが手にしていても違和感のない風貌ですね。これは長く使ってみたい!追加コイルは・・・5個入送料込みで・・・25ドル・・・やっぱ、いらない。

D2 COIL(1.2Ω)MTL用ドリップチップを付けて12Wで吸ってみます・・・・

・・・・ちょっと味がやさし過ぎますかね。AFCがきっちり利きますので、エアを絞ればちゃんとMTLに適した吸い心地になるのですが、なんと言うか凝縮感が足りていない気がします。MTL独特の「濃いやつ!」って感じにはなりません。リキッドの味が薄っすらオブラートに包まれたかのよう。最近のよくできたMTL向けRTAを知っている方は不満に思うレベルだと思います。ちょっと残念。

次にD1 COIL(0.25Ω)へ交換して吸ってみます。ドリップチップもDL用へ交換、出力は出力は40W・・・・

・・・・うっまっ!VAPTIOらしさが全開です。基本的に味を濃く出すことが得意なVAPTIOですが、爆煙仕様のクリアロマイザーは繊細な部分が飛んでしまいがちです。このTHRONE TANKは味が濃い上に精細な部分もしっかり感じさせてくれますよ。あまりのおいしさに最初はD2 COILとのギャップで生じた気のせいを疑ったのですが、他のRTAやRDAと比べてそうではないことがわかりました。なんてことのないニクロム単線巻きのコイルでここまでスカッとした食感と味を出してくるとは。

見た目と味がここまで自分にしっくりきたクリアロマイザーは過去に無かっただけにすごく惜しい気がしますね。日本のショップで替えコイルが1,500円くらいで販売されていたらホントに使い続けていたような気がします。

 




にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび