ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Vapefly・RDA】Galaxies MTL RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20180224203353j:plain

『シンボリルドルフ』
『オグリキャップ』
『ナリタブライアン』
『テイエムオペラオー』
『ディープインパクト』
『オルフェーヴル』

これ、なんの名前だかわかりますか?

そうです、競走馬の馬名です。いずれもG1という最高峰レースを複数回勝利して殿堂入りした名馬たちです。最近引退したキタサンブラックは置いといて、やはり強い馬というのはそれなりに強そうな名前が付けられていますね。

『ノラネコ』
『イセエビ』
『モチ』
『シシャモチャン』
『トリアエズナマ』
『イラッシャイマセ』
『ソンナノカンケーネ』
『ジーカップダイスキ』

これ、なんの名前だかわかりますか?

そうです、競走馬の馬名です・・・ってマジですか、馬主さん。大レースに勝てるような馬名とはまったく思えないのですが。同じ何千万円も何億円もする競走馬なのに、どうしてこうなった・・・

「馬群を割って伸びてきたのはイセエビ!前を行くノラネコを捕らえにかかった!直線の叩き合い、ネコかエビかネコかエビか!?エビだ、エビだ、ついにイセエビがノラネコを下しましたーーーっ!」無いわーそんなん無いわー

「最後の直線、外から飛んできたのはイラッシャイマセだー!大外一気に伸びてきたー!イラッシャイマセ、イラッシャイマセ、ソコノ シャチョーサン イラッシャイマセ、ハイ、一名様ご案内!勝ったのはイラッシャイマセ、イラッシャイマセが春秋の天皇賞を連覇だーーー!」無いわーそんなん絶対無いわー

「第〇回 宝塚記念、今年もまたあなたの夢が、そして私の夢が走ります!あなたの夢はキタサンブラックか、サトノクラウンか!?私の夢はジーカップダイスキです!私の夢はGカップ大好きです!(杉本清アナ)」ん・・・?これはアリかもしれない。

珍妙な名前を付けられたとしても競走馬は競走馬、めげずにがんばって走ってほしいものです。


Vapeflyさんから、Galaxies MTL RDAをもらいました。

立派な製品名に違わずとてもよくできたRDAでした。「名は体を表す」と言いますが、やはり名前は大切ですね。自分の娘にキラキラネームを付けなくてよかったと思う今日この頃。

f:id:nukayoro:20180224203403j:plain

  • 径:22mm
  • 高さ(ポジピン除く):33mm

f:id:nukayoro:20180224203406j:plain
一切の装飾が無いとてもシンプルなデザインのパッケージ。どうもこれは先行サンプル品だけのデザインみたい。正規品のパッケージは、色は一緒ですが製品の絵が描かれていたり、ちゃんと「ニコチン注意」の張り紙もされてるようですよ。

f:id:nukayoro:20180224203409j:plain
今回のお品はサンプルとの印字がありますね。しかし「うちの製品をレビューしてくれてありがとね~」なんて印刷がされているモノに会ったのははじめて。些細なことではありますが、個人的にはVapeflyさんにハートを鷲掴みされた気分。私、単純なんでね。

f:id:nukayoro:20180224203413j:plain
Vapeflyの製品は今回初めて触ったのですが、ホント気配りの心がすごいですよ。ここまでされたら誰でも墜ちるってほど。まず、ドライバー。こちらは+でも-でも使えるモノなのですが、Galaxies MTL RDAはこれひとつで賄うことができます。なのに六角レンチまで付属してきます。これね、コイル足を留めるイモネジをマイナスネジから六角ネジにわざわざ交換できるようになっているからなんですよ。「-ネジでも六角ネジでもお好みで」って・・・"おもてなしの心" 炸裂ですね。今回は用いませんでしたが、BF-Pinもきっちり付属させています。

f:id:nukayoro:20180224203424j:plain
次に付属プリメイドコイル。ニクロムワイヤーで編みこまれたコイルなのですが、目が細か過ぎてなにをどうやってるのかさっぱりわからない精密さ加減。「Ni80  28ga+48ga*2*16」とありますので、28ga線に48ga線をたくさん巻いてみたって感じなのでしょう。Ni80なのでカンタルより抵抗値が低くなりそうな点が心配ですが、このコイルは一見の価値がありそうです。アートコイルみたい。

f:id:nukayoro:20180224203445j:plain
そして、真っ白なクロス。メーカーサイトをチェックしてなければヤバいところでした。最初は「きれいな~。ちょっと変わったコットンだな~」って思ってましたもん。もう少しでジョキジョキ切ってコイルに突っ込むところでした。まさかマスプロ品にクリーニングクロスが付属してくるなんて思わないじゃないですか。ホント、"おもてなしの心" 炸裂です。

f:id:nukayoro:20180224203449j:plain
Galaxies MTL RDA本体をバラしてみました。ひっかかりもなく緩くもなく、パーツの付け外しはとてもスムーズ。

f:id:nukayoro:20180224203452j:plain
ドリップチップはいかにもMTL向けといった出で立ち。内径極小ってわけではないですが、秀逸な咥え心地とあいまってGalaxies MTL RDAの性格に合った仕上がりになっています。

f:id:nukayoro:20180224203455j:plain
サイズは510規格ですので汎用ドリップチップとの交換も可能です。MTL向け製品ですが、内径の小さ過ぎるドリップチップは合わない気がします。小さなコイルで焚けばそれもありかもしれませんが、Galaxies MTL RDAはそこそこの大きさ以上のコイルを使わないと本領を発揮できないと思うのでどうですかね。

f:id:nukayoro:20180224203418j:plain
トップキャップが美しい。トップキャップ上部に装飾パーツがはめ込まれており、デザイン上のインパクトになっています。ウルテムっぽいカラーですが、この透明度なのでアクリル樹脂ですかね。

f:id:nukayoro:20180224203458j:plain
トップキャップ側面両サイドには3つずつエアホールが開いています。惑星軌道図のようなデザインからGalaxiesと名付けられたのでしょうね。縦に並んだエアホールも珍しい。開口部は上から Φ1.5mm、Φ1.2mm、Φ0.8mm。縦に並んだ3つの穴以外はダミーですね。

f:id:nukayoro:20180224203549j:plain

f:id:nukayoro:20180225121112j:plain
デッキはシングルコイル前提の2ポスト式。ジュールウェルは深めに掘られていますが、そうは言っても22mm径のRDA、リキッドをたくさん保持するスペースはありません。ということはやっぱりBF運用がいいのかな。

イモネジが片側に2本ずつあります。一本はコイル足を留めるためのモノなのですが、もう一本の存在がおもしろい。エアホールの真上に設けられており、このネジでエアホールの開け閉めをするんですね。

f:id:nukayoro:20180224203609j:plain
エアホール用のイモネジによって、エアを絞りたければ極限まで絞ることができるというわけです。片側を完全に閉ざしてしまえば、Galaxies MTL RDAをシングルエアフローRDAとしても使うことができますね。まぁ、両サイドからエアを当てた方が味がしっかり出るので、そんな使い方はしないですけどね。

f:id:nukayoro:20180224203606j:plain
トップキャップに縦並びに開いていたエアホールはデッキのこの部分と合わさってエア調整がなされます。凝っていますよね。変わった仕組みですが、エアフローコントロールはバッチリ利きます。

f:id:nukayoro:20180224203547j:plain
トップキャップ裏はこんな感じ。天井はきれいなドーム型になっています。側面にある切り欠きはデッキのそれと合わさってストッパーの役目をします。このおかげでデッキと組んだ際、トップキャップはエアホール全閉から全開までの範囲内でしか可動しないわけです。こういった小さな配慮はうれしいですよね。

f:id:nukayoro:20180224203614j:plain
ポジピンはしっかり出っ張ってくれています。ハイブリッド環境でも安心。(ハイブリッドで使う場合はしっかり手元の実物を目視確認してからにしてくださいませ)

f:id:nukayoro:20180224203555j:plain
ここからビルドしていくわけですが・・・Galaxies MTL RDAのデッキにはちゃんとコイルジグを載せるための切り欠きが用意されています。これがあるのとないのでは手間が大違い、Vapeflyさんってホントしっかり気配りしてくださるメーカーさんですね。

f:id:nukayoro:20180224203558j:plain
ここにも気配りが。コイル足を置く場所にはネジを締め込む際にコイル足が逃げないように外側に段差が設けられています。ただ、内側にもなぜか段差があるので画像のようにコイル足は内へ向かって逃げてしまうんですよね。気配り失敗。

f:id:nukayoro:20180224203723j:plain
付属されてきたアートコイルのようなNi80プリメイドコイルで組んでみました。意外と抵抗値は下がらず、0.76Ω。このコイルの内径は3mm。このくらいの大きさのコイルがいいと思いますよ。このコイルの前に内径2.5mmでカンタル線を6巻きしたモノで組んでいたのですが、味の出方は今一つでした。何パターンか試したところ、シングルとクラプトンの差よりもコイルの大きさの差の方が味の出方への影響が大きい気がしました。

f:id:nukayoro:20180224203733j:plain
バーンしていくとコイルがとてもきれいに色づいてきます。

f:id:nukayoro:20180224203744j:plain
12W、MTLで吸っていきます。サイドエアホールは1つだけオープン、デッキ内部のホールも1/2ほど閉めます・・・・

・・・・これはいい感じの重さ。私にとってはベストに近いドローの重さです。味はめちゃくちゃ濃く出ます。MTL向けのRTAもいいですが、やっぱりRDAのほうが凝縮された味を楽しむことができますね。これで吸えばKAMIKAZEでもおいしく感じるのではないか(それはない)ってくらいしっかりと味が乗ってきます。

デッキ内ホールのネジを締めることでへんな風切り音を発しないか心配したのですがそれもありません。クラプトンにも関わらずコイルの立ち上がりも激早。Ni80って立ち上がりが早いんですね。今まで使ったことがなかった材質ですが、ワイヤーを買ってみようかな。

Galaxies MTL RDA。MTL製品としてはほぼ隙の無いRDAでした。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび