ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VANDY VAPE・RDA】Berserker MTL RDA を買いました

f:id:nukayoro:20180401212530j:plain

三菱東京UFJ銀行から「三菱UFJ銀行」へ。

この4月、大銀行の名称が変わりました。変更した理由は「行名が長すぎるから」だそうです。いいかもしれませんね。名称を短く呼びやすいモノにして成功した企業はたくさんあります。うまくすれば企業のイメージアップにも繋がりますしね。がんばれ、三菱UFJ銀行!! まったく興味無いけど

松尾糧食工業株式会社。これ、どこの会社かわかります?かっぱえびせんを作っているカルビーの旧社名なんですね。お菓子会社らしい短くポップな響きが世間に浸透したことで、かっぱえびせんやサッポロポテトのヒットに繋がります。松尾糧食工業のままだったとしたら、2,000億円近い売り上げを叩き出す企業になんてなっていないはずです。

お次は株式会社山梨シルクセンター。これはいかがでしょう?そうです、ハローキティやマイメロディ、シナモロールなどのキャラクターを抱える株式会社サンリオの旧社名ですね。社名を変えたあとにキティちゃんが炸裂ヒットしました。キャラクターの版権ビジネスで400や500億も稼ぐ会社ですが、もし社名変更をしていなければハローキティのヒットはあったかどうか。

その他にも「株式会社早川金属工業研究所→シャープ株式会社」、「東京通信工業株式会社 → ソニー株式会社」、最近だと「NHN Japan株式会社 → LINE株式会社」、「健康コーポレーション株式会社 → RIZAPグループ株式会社」等が、社名を短く簡潔にして成功しました。


VANDY VAPEの、バカ RDAを買いました。Berserker MTL RDAのことですね。

バーサーカーアールディーエーが長いので、バカに縮めてみました。MTLも省略です。これでバカ売れです。

  • 径:18.1mm
  • 高さ(ポジピン除く):39mm

f:id:nukayoro:20180401212553j:plain
VANDY VAPEさんが二匹目のどじょうを狙って、大ヒット作Berserker MTL RTAに続けてRDAをリリースしてきました。Berserkerはぜんぜん値崩れしてくれないので嫌いです。しかもプレオーダーでポチッてしまっていたので納期が結構かかってしまいました。ポチったときの情熱は既に失われてしまっている今日この頃。

f:id:nukayoro:20180401212557j:plain
とは言え、楽しみです。Berserker RDAは18mm径なんですよ。今どき珍しいですよね。今日日、18mmアトマイザーが似合うMODなんてそうはありませんが、そこはVANDY VAPEさんお上手です。22mm径と24mm径のビューティーリングを付属させてきました。しかし、「ビューティーリング」って長いわりに情けない呼び名ですよね。「ビューリン」でいいでしょう。

f:id:nukayoro:20180401212704j:plain
MODに合わせてビューリンを取り付けると見栄えがとてもよくなります。上の画像はPico21700に載せているところ。左画像が22mmのビューティーリング、まだ余裕がありますね。初代Picoならバッチシだったでしょう。右画像が24mmのリングですが、いやもう、Pico21700のために生まれてきたRDAなのではないかと思えるほどいい感じ。

f:id:nukayoro:20180401212602j:plain
そのビューリンや麻雀の点棒みたいなモノ、BF-Pin、コイルジグ等、わさわさと付属品が入っていました。見慣れないモノが多くてなんだか楽しい。

f:id:nukayoro:20180401212610j:plain
この麻雀の点棒みたいなモノがどういった役割を果たすのかをパッと見てわかった方は相当のMTLerです。King of MTLer、God of MTLerと自称してしまっても差し支えありません。この点棒はエアの通り道に置くことで、ドローの重さやコイルへのエアの当たり具合に影響を与えるものなんですね。ベイパーはこの点棒をとっかえひっかえしながら、好みのドローの重さや味の出具合を探すというわけです。

f:id:nukayoro:20180401212620j:plain
本体をバラしてみました。さすが18mm径のRDAだけあって、スリーブ内径やデッキが小さい。径の小さなRDAはリキッドの保持量が少なくなるといったデメリットはあるものの、内部空間が狭い分ダイレクトな味が出しやすいと言われているんですよね。

f:id:nukayoro:20180401212623j:plain
ドリップチップは上下分割式。小さなトップパーツですが、これを交換するだけで意外と見栄えが変わるものです。このドリップチップ、かっこいいですよ。ギザギザのヒートシンク的なデザインなのですが、指に引っかかるのでつまみやすい。実際、放熱効果があるのかどうかは知りません。

f:id:nukayoro:20180401212647j:plain
こうやってトップのカラーを変えるだけで全体の印象まで変わります。ウルテムはどんなMODにでも合いますが、黒いMODに載せるのであればドリップチップトップは黒でいいかもしれません。まぁ、10人中9人はウルテムで使うと思いますけどね。

f:id:nukayoro:20180401212653j:plain
ドリップチップは510サイズ。手持ちの汎用品との交換が可能です。基本的にMTL向け製品ですので、内径の細いドリップチップが合うでしょう。上の画像の中では真ん中のドリップチップが一番しっくりきました。Berserker RDAの性格に合っています。

f:id:nukayoro:20180401212656j:plain
スリーブからトップキャップを引き抜いて裏返したところ。こちらが天井になります。このトップキャップも形状に工夫が凝らされています。くびれがあることがわかると思いますが、これのおかげで指の引っかかりがよくなり、延いてはパーツが外しやすくなるというわけです。ドリッパーとして使用する際、リキチャで頻繁に取り外す部分ですからね。トップキャップの付け外しをストレス無く行うことができることは大切。

f:id:nukayoro:20180401212659j:plain
18mm径ゆえにデッキも極小。ジュースウェルは深く取られていますが、リキッドの保持量はたいしてことがありません。どうしてもリキチャの頻度が高くなってしまいますので、BF運用がいいですね。

f:id:nukayoro:20180401212701j:plain
ポジピンはそこそこ出っ張っています。きっちり締めた状態でも、うちではハイブリッド運用ができました。ポジピンそのものも調整可能な2パーツ分割式。私、この構造を信用してないんですよね。万が一、ネジがバカになってしまったときのことを想像すると怖いので。Berserker RDAについては、もしネジが痛んでポジピンが一番奥まで引っ込んでしまったとしてもいきなり短絡するということはなさそうですけど。

f:id:nukayoro:20180401212707j:plain
麻雀の点棒はこの位置に差し込みます。デッキには両サイドにホールがあるのですが、点棒自体は片側からしか吸気できない構造になっています。よって、デッキへのエアの入り込みは一ヶ所のみ。

f:id:nukayoro:20180401212815j:plain
Berserker RDAには独特の形状のコイルジグが付属してきます。コイルの設置位置が一段下がったところになりますので、通常のストレートジグではデッキの縁が邪魔になってうまくビルドができないのです。素直に付属のジグを使いましょう。ジグの形状に従ってビルドを行うと、コイルはこの位置になります。かなり点棒(エアの吹き出し口)に近いですね。

f:id:nukayoro:20180401212819j:plain
Berserker RDA、工夫されていますよ。左画像の赤丸部分、ポストにワイヤーを逃がすための溝が切られているのです。ここでワイヤーを逃がして、余った分を切れ!というわけですね。「でも、イヤです」右画像にありますように、私はワイヤーをネジにぐるりと巻きつけてカットするのが好きなんです。こうしたほうがしっかりと固定できるのです。

f:id:nukayoro:20180401212823j:plain
付属のフューズドクラプトンで組んでみました。抵抗値は0.7Ω。コイルからデッキの底までそこそこの距離がありますので、コットン足の切り過ぎに注意。

f:id:nukayoro:20180401213019j:plain
リキチャはトップキャップを外して行います。大きく口を開けてくれるのでリキチャ自体は楽なのですが、内部空間が狭いだけあってリキッドの保持量は見た目ほどはありません。特に不満というわけではありませんが、BF運用したくなるRDAであることは確かですね。

f:id:nukayoro:20180401213027j:plain

エアフローホールは6つ。中に仕込んだ麻雀の点棒の種類にもよりますが、MTLを謳うだけあってドローは重め。点棒を1.2mmに、エアホールを最小にすると私にとっては激重。長くチェーンをしていると舌の根元が筋肉痛になりそうです。私、Berserker「RTA」のほうを知りませんので、比較してどうかという点に触れることはできませんが、Vapefly Galaxies RDAよりはドローを重くできるということは言えます。
f:id:nukayoro:20180404203040j:plain
個人的に点棒は一番左の「横穴版」か左から2つ目の「三つ穴版」が好きですかね。穴一つの点棒のほうがエアは整っていると思うのですが、味の乗りは左の2つに劣るような気がします。

f:id:nukayoro:20180401213031j:plain
立ち上がりが遅いですが、18Wで吸ってみます。麻雀の点棒は三つ穴版で・・・・

・・・・おお~、ガツンと味が出てきます。ダイレクトな味と言えばいいのでしょうか、キュインとした味と言えばいいのでしょうか、ズバッとした味と言えばいいのでしょうか。とにかくそんな感じ。これはリキッドの記事を書くときに使うと良さそう。直接的でとてもわかりやすい味の出方をしてくれます。好きか嫌いかと問われるとどうでしょう。しっかり味が乗ってくるので、もちろん嫌いなわけはないのですが、どちらかと言えばGalaxies RDAのほうが私は好みですかね。Galaxies RDAも味をしっかり乗せてくるのですが、Berserker RDAよりはやさしい出方をします。Berserker RDAでダラダラ長時間吸うのは疲れる。

f:id:nukayoro:20180401213044j:plain
Berserker RDAのように、コイルの真下でエアフローをコントロールするパーツを付属させてくるアトマイザーは他にもあります。Berserker RDAのいいところは、ビルドをした後でもそのパーツの交換ができる点。いったんコイルを外してやらないとパーツ交換ができない製品がほとんどですからね。

麻雀の点棒をとっかえひっかえしながらベーピングすると楽しいですよ。味の出方や食感の違いに驚くはずです。これは初体験でしたね。わずかの時間の間にこういったパーツを何度も交換しながら試したことはありませんでしたから。

f:id:nukayoro:20180401213059j:plain
ドリッパーとしての使用はリキチャ頻度が高くなってしまうので、BF運用にチェンジ。

f:id:nukayoro:20180401213101j:plain
普通にカンタル単線で0.7Ω。付属のコイルジグを使わなくてもなんとかビルドはできますね。いつものストレートジグを使って組んでから、コイルをグイッと下に押し下げてやりました。

f:id:nukayoro:20180401213104j:plain
あー やっぱりBerserker RDAにはBF運用が合ってるわ~ 改めて眺めているとかっこいいRDAです。『どちらかと言えば、Galaxies RDAのほうを人には薦めるかなぁ』と思ったこともありますが、この見栄えは捨てがたい。味の好みは置いといて、「安さのGalaxies RDA、見栄えのBerserker RDA」といったところでしょうか。

「安さは正義」
「VAPEは見た目が8割」

迷いますね・・・めんどーなので、両方ポチっちゃってください。

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび