ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VAPE VILLAGE & hoito・Drip Tip】DARUMA ULTEM DRIP TIP を買いました

f:id:nukayoro:20180503171132j:plain

こだわり・・・

誰しもどこかしらにこだわりを持っています。特にVAPEはライフワークと趣味が入り混じったディープな分野ですから、こだわりを持つ方が多くいらっしゃいます。いや、こだわりを持ってこその「VAPE」だと言えるでしょう。「〇〇はかくあるべし」譲れない部分を心に秘めてこそVAPEは楽しいのです。

当然、私にもこだわりがあります。

まず、MODですが・・・MODですが・・・テクニカルでもメカニカルでも特にこれだというものはありません。シングルバッテリーでもデュアルでもOK、ボックス型でもチューブ型でも、スコンカーでもステルスでもどうぞ。スタビMOD等ハイエンド製品には興味無いですし・・・なんでもいいや。

次にアトマイザーですが・・・えっと・・・えっと・・・まあ、漏れなかったらなんでもいいかな。最近大きくハズレるアトマなんてないですからね。オーセンだろうが、クローンだろうがなんでもいいですよ。良し悪しはそのときの気分次第。

やはり、こだわりと言えばビルドでしょう。えーーーーっとーーーーー、えーーーーっとーーーー、どちらかと言えば簡単なほうが好きかな。まぁ、だいたいのモノには慣れてきたからなんでもいいや。ワイヤーもいろいろ使うし、コットンも最近なんでも良くなりましたしね。

リキッドは・・・ちゃんとニコチンが入っていれば、ほとんどが許容範囲に入りますかね。Koi-Koi三光やBaksフィーカが好きだと言っても、週に一度吸うか吸わないかってところですし。普段が素グリなので、味が付いてるだけで御の字ですよ。

以上、私のこだわりでした。


DARUMA ULTEM Drip Tipを買いました。

ドリップチップにもこだわりを持つ方は多いですよね。ベイパーで話題になるドリチと言えば、CHADWORKS、GRAM、そしてDARUMAといったところでしょうか。どれも3,000円とか4,000円とかする高級品ですね。

f:id:nukayoro:20180503171139j:plain
私んちにも汎用ドリップチップが散乱しています。どれもこれも1個500円もしないものばかり。それでも120%満足していますよ。ドリチに大枚を叩くのはどうしても抵抗があります。だって、4,000円あればアトマイザーが買えちゃうじゃないですか。そこそこのMODでも買えてしまいますよ。

ただね、私はミーハーなんです。DARUMAドリップチップの再販を知り、買ってしまいました。さすがに4,000円のほうは厳しいので安いほう(3,000円)を。

f:id:nukayoro:20180503171147j:plain
「あれ?DARUMAドリチってダルマが描かれた丸い缶に入ってくるのじゃないのか!?」うーん、少し残念な気分。いつのまに変わってしまったのでしょう。

f:id:nukayoro:20180503171150j:plain
箱の中にはドリチ本体とOリング。どなたかのブログで拝見したことがあるのですが、このOリングは種類によってゴム硬度を変えているそうですよ。使う側の好みに合わせるためにOリングにまで配慮するとはこだわっていますよね。私はOリングが固かろうが柔らかかろうが気にならないので開封せずに箱に仕舞いましたけど。

f:id:nukayoro:20180503171153j:plain
今回購入したDARUMAドリチの素材はブラックウルテム。デルリンの黒は仕上りをきれいにするのが難しいのでウルテム素材を入手されたそうです。

f:id:nukayoro:20180503171155j:plain
DARUMA ULTEMシリーズは、直径が10mm、内径が4mm。

f:id:nukayoro:20180503171157j:plain
にしても、なんと滑らかに作られていること。表面処理もですが、ドアップで見ると角の処理に驚きますよ。鋭角になっている部分も細かく細かく手が入っていますので、キレッキレな角は皆無です。DARUMAから発せられるまろやかなオーラは、丁寧な作りが生み出しているのでしょう。

f:id:nukayoro:20180503171159j:plain
特徴的なシルエット。どんなアトマイザーに載せてもそれなりに似合いますよね。あれにもこれにも似合うドリップチップは珍しい。

f:id:nukayoro:20180503171201j:plain
さすがDARUMAドリップチップ、3,000円の価値はある!気がしないでもない!

「吸い心地?」
いえいえ、500円ドリチの中にも同じような吸い心地のモノはありますよ。

「咥え心地?」
うーん、これも特にすごいとは思いませんでしたね。

「コスパ?」
たしかにかかったであろう外注費(原材料費、工賃)と手間を想像すれば納得のかかくですけどね。それでもコスパがいいとは言えませんよ。

「作り手の心意気?」
丁寧な作りであることは間違いないですが、別に知人が作ったわけでもないですから、心意気を感じるほどの思い入れは湧いてこないです。

価値を感じたのは「見栄え」なんです。
モノへのこだわりや執着の薄い私が、VAPEで唯一こだわっているのが「全体の見栄え」なんですね。MODやアトマイザー個々のかっこよさも大切ですが、デバイス全体としてしっくりくる見栄えになっているかどうかってところを結構気にします。今回10個くらいのアトマイザーに載せてみたのですが、DARUMAドリチは大きく外さなかったんですよね。どんなアトマイザーに載せても違和感を覚えるようなことはありませんでした。手持ちのドリップチップの中でそれができたのがこのDARUMAだけだったのです。

機能的なところはトーシロの私にはわかりません。私はこのシルエットと表面処理のきれいさに、手に入れる価値があると思いましたね。もう売切れになってしまいましたが、タイミングが合えば次はSSシリーズの方も買ってみよう。

『VAPEは見た目が8割』


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび