ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【HiLIQ・リキッド】Hey Cowboy をもらいました

f:id:nukayoro:20180519101228j:plain

HiLIQさんって何ヶ国向けにサイトを分けてらっしゃるのでしょうか。

HiLIQサイトを覗くと日本語表記になっていますよね。日本だけに向けて発信されている情報を我々は見ているということです。日本向けの情報と本家(.Com)の情報はかなり異なっています。簡単に言えば、売られているリキッドの種類が少ないのです。

少し昔の話ですが、高濃度ニコチンベース(100mg/mlだっけかな?)が日本向けページから一時期削除されてしまったことがありました。消えてしまったときは「げげっ!」と思ったものです。あくまで人伝に聞いた話なので真偽のほどは不明ですが、なにやら日本の某ブロガーさんがクレームを発したとのこと。「高濃度ニコチンを売るなら絶交するぞ」って。で、日本向けページからだけそれが削除された、と。

『余計なことしやがって・・・』当時の私はそんなことを考えていたと思います。このブログを始める前でした。私のことですから『リスクのある海外通販を使うスキルを持つ人間が事故っても、それは自己責任でしょ。バカなだけっしょ。』と考えていたことでしょう。

今ならどうしていたでしょうね。それでもやはり(全世界のベイパーに向けて販売されているモノなのであれば)メーカーさんにクレームを入れるなんてことはしないでしょうね。私、世界において日本人のモラルが低いとは思えないのです。ニコチンは毒物ですので取り扱いには細心の注意と「常識」が必要です。言うなれば、モラルが大切なんだと。そのモラルが劣っているとは思えないのですね。信用し過ぎですかね。

現在、HiLIQの日本向けページに100mg/mlは復活しています。某ブロガーさんは今でもクレームを発信し続けているのでしょうか。それともHiLIQさんと絶交されたのでしょうか。


HiLIQさんから、Hey Cowboyをもらいました。

日本向けには販売されていないリキッドです(5/19現在)。 HiLIQのkittyさんが、日本人の買えないリキッドを私にお送りくださるのはなぜでしょう。日本語でいくら記事にしても宣伝効果は無いですよ。日本向けに販売する予定があるということでしょうか。

※5/24、日本向けにも販売が開始されました。

 

Hey Cowboy(VG:PG / 70:30 CHINA)

f:id:nukayoro:20180519101430j:plain

メーカーサイトに情報が無いのでいったいなんの味だかわかりません。先入観無しで吸ってみるのは、これはこれでいいかもしれない。

デュアルコイル 0.4Ω 30Wで吸ってみます・・・・

・・・・リキッドの色からしてなんとなく想像していましたが、タバコ系のリキッドですね。葉っぱ寄りではなくナッツ寄り、HiLIQリキッドで言えばRY4とかニューポートとかそっち系。RY4と比べて甘味が少なく、あっさりした印象を与えつつも後からガツッときます。一服目はそうは思わなかったのですが、けっこう濃いですね。RY4に感じるようなヌメッとした感覚は出てこないので吸いやすく、チェーンもしやすい。喉の奥に蓄積してくる渋みがまたイイ感じ。吸い応えのあるリキッドになっています。

ただ、身体に染み渡る系のタバコリキッドではありませんので、「味わう」という感覚にはなれません。ドリッパーよりタンクへ放り込んでやった方がいいかもしれませんね。私はドリッパーで吸っていたのですが、エアをそこそこ取り込んでやるととてもイイ感じになってきました。エア量が増えると多少は味が飛んでいってしまうものですが、Hey Cowboyはしっかり踏みとどまっています。それだけ濃いと言うことですね。

HiLIQリキッドってどのリキッドにもベースに独特な味があったものです。なんと言えばいいか・・・「水っぽさ」を残すリキッドが多かったように思います。最近リリースされるリキッドにはそれが薄らいできました。国産リキッドも進化していますが、HiLIQも進化しています。BaksやHMRが抜かれるとは思いませんが、KAMIKAZEなんかはHiLIQの足元にも及ばないほどになっていますよね。

いつの日かコスパという武器が無くても戦えるリキッドメーカーになるかもしれませんよ。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび