ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【RISCLE・RDA】Pirate King RDA を買いました

f:id:nukayoro:20180701200607j:plain

ドクロのデザインはお好きですか?

『骸骨は不運を呼ぶので避けるべき。現在は地獄の門が開いていますので、骸骨の形象は寄り代となり悪い憑依を受けます。他人を傷付ける行動がしたい欲望に駆られます。』これはとある霊能力者さんのお言葉。

『ドクロマークを身に付けているのは死人の頭蓋骨を付けていると同じことです。そして、ドクロはマイナスの運気を身にまとい、運気を下げ、死や仏を寄せ付けます。』これはとある宗教関係者さんのお言葉。

『仏教でドクロは無常、つまり永遠不変のものはないという真理をあらわすシンボル。ドクロを身につけたり、身近にドクロを飾ることは、人間に生まれ変わることが動物に生まれ変わったり、地獄に行くことに比べとても貴重なのだということを連想させます。ドクロは人の命の大切さを連想させる縁起の良いものなのです。』これはとある風水師さんのお言葉。

『ドクロ柄好きベイパーの95%は世間一般の感覚から大きくズレている人。ドクロ柄の吉凶など考えていない。仁王像や風神雷神、昇り龍等と同様、「いかついから」という理由でしか説明ができないバカ。人生の無駄になるので、一般ピーポーはこういうベイパーとは付き合わない方が無難。』これはとあるぬかよろの言葉。


RISCLE Pirate King RDAを買いました。

径:24mm
高さ(ポジピン除く):33mm

f:id:nukayoro:20180701200618j:plain
私はドクロだけでなく仁王さんも昇り龍も好きなのですが、やっぱりこのセンスはおかしいんでしょうね。理解者はうちの長女だけですわ。

Pirate King RDA、見た目がすべてのRDAですね。例え性能が抜群だったとしても、それを理由にこのRDAを購入するような方はいないでしょう。合わせたいMODがあってこそのPirate King RDAです。

f:id:nukayoro:20180701200721j:plain
メーカーさんはRISCLE。「RISCLE」でググってもパッとは出てきてくれません。正式な社名は「Shenzhen RISCLE Technology Co., Ltd」、ちゃんとホームページもありますよ。サイトを開けるといきなりドドンとPirate King RDAの画像が。そしてその横にはジャック・スパロウ(映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の主人公)が・・・パイレーツ~ってディズニーじゃなかったでしたっけ?ディズニーは版権に厳しいですよぉ。大丈夫なんでしょうかね。

Shenzhen RISCLE Technology Co., Ltd


f:id:nukayoro:20180701200723j:plain
なんだかシャレで作られたようなRDAですが、意外と高品質。開封直後、RDA本体はこのようにラッピングで表面保護がなされていました。よほどこのデザインに傷を付けたくないのでしょう。このRDAは正式名は「Pirate King RDA Skull Engraving Version」ですが、これホントに全部エングレービング?別パーツの接着で成り立っているようにも見えますがどうなのでしょう。ホントにこれだけの彫り物を入れてたら採算が合わなくなるような気がするのですが。

f:id:nukayoro:20180701200725j:plain
同梱物はこんな感じ。今回Pirate King RDAを載せたかったMODはチューブ型でしたので使用はしませんが、BF Pinも付属しています。Pirate King RDAは運用環境によってはBF Pinがマスト条件になってきますので無くさないよう大切に扱います。

f:id:nukayoro:20180701200730j:plain
正面に大きなドクロのパーツが接着されています。ドクロの目には赤い石が2つ。これはルビーです。海賊にはお宝が付き物ですので、これはルビーです。たかだか3,000円程度のRDAですが、これはルビーです。ルビーだと思っていたほうが幸せになれます。なかなかきれいな作りをしてると思いませんか。一見の価値はありますよ。

f:id:nukayoro:20180701200731j:plain
ドリップチップは810ハーフインチサイズ。汎用製品との交換は可能ですが、距離が短いので足の長いドリップチップはデッキポールと接触してしまいます。金属製のドリップチップは避けておいた方が無難でしょうね。

f:id:nukayoro:20180701200818j:plain
標準のドリップチップでも足がピコンと内側に飛び出してしまってます。トップキャップの天井自体はドーム型を作ろうとしていますが、ドリップチップがそれを邪魔してますね。

f:id:nukayoro:20180701200748j:plain
驚くべきはここ。トップキャップの肉厚が2mmもあるのです。ということはホントにエングレービングがなされているということか・・・。ちなみにGoon24等、一般的なRDAのトップキャップの肉厚は1mmを切っています。

f:id:nukayoro:20180701200840j:plain
Pirate King RDAはメカニカルMODで運用がしたかったので、ポジピンの出っ張り具合だけは気になってました。真横から見ると、あまり飛び出ていないように見えますよね。実はPirate King RDAのポジピンはネジ頭が斜めにカットされているのです。なので出っ張りが短く見えてしまう。正直、もう少し出ていておいて欲しかったところではありますが、許容範囲としておきましょう。(私はハイブリッド環境で利用していますが、手元のポジピンはよーーーく観察してくださいませ)

f:id:nukayoro:20180701200842j:plain
デッキの仕様がおもしろい。てっきりコイル足2本を1本のイモネジで共締めする仕様だと思っていたのですが違いました。コイル足各々にイモネジが用意されています。コイル足の片方はポール側に留めます。それでは、もう片方のコイル足はどこに留めるのでしょう?

f:id:nukayoro:20180701200848j:plain
ここなんですね。デッキの底にもイモネジがありました。ポールのイモネジとデッキ底部のイモネジをペアとしてコイルを固定させます。このデッキ底部の固定は少しうっとーしいものになっています。コイル設置前に足の長さをちょうどいい長さに切り揃えてやる必要があるんですね。

f:id:nukayoro:20180701201015j:plain
コイル足の長さは付属のプリメイドコイルを真似てカットしてやるとスムーズ。ものさしにしたいので付属コイルは使わない方がいいでしょう。付属コイルはデュアルで組むと0.2Ωを余裕で下回る抵抗値になってしまいますから、どーせ使わないでしょ?

f:id:nukayoro:20180701200844j:plain
Pirate King RDAのデッキはボトムエアフロー式ですが、サイドからもエアを取り入れることができるようになっています。デッキポールの真ん中はイモネジで塞がれていますが・・・

f:id:nukayoro:20180701200847j:plain
こいつを持ち上げてやるとエアホールが現れます。この穴から流入してきたエアがコイル側面に当たるというわけですね。なかなか凝った作りです。

f:id:nukayoro:20180701201201j:plain
付属コイルは抵抗値が低くなり過ぎるので使わずにおきます。スペースドで巻いて約0.4Ω。ボトムエアホールの横幅に合わせて、もう一巻き足しておけばよかったかな。

f:id:nukayoro:20180701201209j:plain
最初はボトム&サイドエアフローを楽しむためにデッキポール真ん中のイモネジは上げておきます。コットン足は心持ち長めにカットしたほうがいいですよ。コイルからジュースウェルの底までそこそこの距離がありますから。

f:id:nukayoro:20180701201210j:plain
全閉時の密閉度も高くAFCは優秀。ホールの開度とドローの重さはちゃんと比例してくれます。ツイン(?)エアフローですので比較的ドローが軽くなるのでいつもの感覚より絞り気味でベーピングすることになるのではないでしょうか。

f:id:nukayoro:20180701201025j:plain
今回、Pirate King RDAに合わせたかったMODはこれ、REDEMPTION ECIG MOD。

ぐぬぬぬ・・・ぜんぜん似合ってない・・・

f:id:nukayoro:20180701201026j:plain
しまった、こっちだったか。Fly Bird Modに合わせにいったほうがよかったかも。でも、それならカラーはシルバーにすべきだった。あああ、なんだかモヤモヤする。シルバーも買っちゃうか。いやいや、こんな異彩を放つRDAが2つもあったら持て余すだろう。どーするかなぁ、なんだかモヤモヤする・・・

さて、Pirate King RDAの出来ですが・・・

・・・これが思っていたよりかなりいい!イロモノ扱いしていたので元々設定していたハードルが低かったこともあるのでしょうが、けっこうダイレクトな味を感じさせてくれます。コイル位置は無理に下げるよりも、ある程度持ち上げてやったほうがいい。ボトムエアホールとの距離よりも、コイルから口元までの距離を意識したほうがスポットを探し当てる手間が少なくて済むのではないでしょうか。

問題はサイドエアホール。ドリップチップからドリップすると、リキッドはデッキポールのサイドエアホールへまっしぐら。まず100%漏れます。上からリキッドをチャージすると漏れるので、サイドエアホールはBF運用時の専用としておいたほうがいいでしょう。まぁ、正直なところ、サイドエアフローの必要性は感じないと思いますよ。ボトムエアフローのみで運用したとしても味はたいして変わりませんから。

ミストは粗めで吸気音もにぎやか。ただ、外見とマッチした食感&ノイズだと思えば、これも不快感を覚えることはありませんよ。世間一般からズレているのかもしれませんが、私はやはりこの見た目にグッときています。さて、今回購入したゴールドのPirate King RDAのデザインにフィットするMODを探すべきか・・・それとも、シルバーのPirate King RDAを購入すべきか・・・もう少し考えます。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび