ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VapeSick・リキッド】EVANS GOLD をもらいました

f:id:nukayoro:20180701074614j:plain

「味覚破壊トリオ」って言葉をご存知ですか?

某ジャーナリストが提唱している言葉なのですが、タンパク加水分解物、化学調味料、酵母エキスの3つを指しているそうです。これらは人口調味料で、カレーやシチュー等のレトルト食品に多く含まれています。これらを摂取していると味覚障害を引き起こすそうですよ。週刊新潮の「食べてはいけない国産食品」にも掲載されていました。

パンは危険!ハムやウインナーは毒物!カップ麺もダメ!チョコレートなんてとんでもない! あれもダメ、これもダメ・・・と一部食品の危険性を喧伝しまくり。「アホか。んなこと言うとったら食うもん無くなるやんけ」と思いつつも、週刊新潮の記事を読んでしまうと多少は気になってしまうものです。半信半疑でモヤモヤ。

そんなモヤモヤとした気持ちが今日晴れましたね。「味覚破壊トリオ」を提唱するジャーナリストに質問をぶつけた方がいらっしゃいました。文春さんです。

質問:味覚障害の直接的な原因は亜鉛不足と見られている。では(亜鉛不足とは関係のない)「味覚破壊トリオ」が味覚障害を引き起こす根拠はなに?

回答:私は化学調味料ではなく、シイタケや昆布などの繊細な味をわかって欲しいとの思いがある。どちらかというとスピリチュアルな部分だ。根拠など無い。

スピリチュアルて・・・あかんやつや・・・こんな人間が投稿していた記事だったなんて・・・それをちょっとでも信じてしまった私もアホやったんや・・・

「食べてはいけない国産食品」の記事のすべてが根拠無しってわけでもないのでしょうが、このジャーナリストの一言で掲載内容のなにもかもが信用に足らないモノと化してしまいました。モヤモヤが晴れました。



ベプログshopさんから、VapeSick EVANS GOLDをもらいました。
「味覚破壊トリオ」理論からすると、Eリキッドなどというきっつい味のミストを毎日摂取しているベイパーは皆、味覚障害ですわ。アホらし。

20180520104508


6/25にリリースされたビッグボトルリキッド5種、VapeSick 極~kiwami~シリーズ。今回のEVANS GOLDもその内のひとつ。

  • 味と香りの豊かさ
  • 180~200mlで 4,500 円といったナイスコスパ
  • 月間 各50本の限定生産
  • ものづくりへのこだわり

このような特徴を持つスーパーリキッドなのですが、やはり一番驚かされるのがそのボトルの大きさ。200mlというハンバ無い容量を誇ります。(新富士のみ180ml)

f:id:nukayoro:20180702205751p:plain

EVANS GOLD(200ml 国産)

<ベプログshopより>
① 200mlの大容量!幻の高品質国産リキッド、「極」シリーズの登場!
② しっかりと熟成をしたパイプタバコ葉の様な芳醇でコクのある風味を楽しめます!
③ バランスの取れた甘さと苦みはヴァージニア・キャベンディッシュ葉を彷彿とさせる味わいです。

<VapeSickより>
これまでのラインナップでもとりわけ人気の高かった「EVANS」に「EVANS High」の魅力を足し、さらにレシピを洗練させた EVANS の究極系がこの EVANS GOLD です。フレーバー系タバコの魅力はそのままにより深く、それでいて吸いやすく馴染みやすい香りに仕上げました。
f:id:nukayoro:20180701074645j:plain
『これ、どうするよ・・・』

同じ極シリーズの「フロッキー」の記事でもこの言葉を使いました。「フロッキー、おいしくない。これ以上は吸えない。200mlのほとんどが残ってるけど廃棄しようか。いや、なんだかもったいない。これ、どうするよ?』って意味でしたね。EVANS GOLDは違いますよ。「うわ、うっまっ!どないしたらええんかわからんほどうまいわっ!」って意味なのです。

そもそも私は前身の「EVANS」のファンなんですよね。ベプログ総選挙ではMK Labさんの三光に次ぐ2位で投票していたくらいですから。実はね、私最近までEVANSをUSAリキッドだと勘違いしていたのです。VapeSickさんを米国メーカーだと。『国産でこんな味の出せるメーカーは存在しない』って潜在意識がどこかにあったのでしょうね。ここへきて自分の思い違いに驚いている次第。

上の記事にも書いていますが、EVANSは人を選ぶリキッドだと思います。今回のEVANS GOLDはそのEVANSの進化版なんだそうですが、多少は吸いやすくなったものの、あいかわらず好き嫌いの分かれるフレーバーですね。ベーピングで身体が受ける感覚はEVANSもEVANS GOLDもまったく同じ。私にとっては死ぬほどおいしい!

f:id:nukayoro:20180710233509j:plain
EVANS GOLDをグイッと吸うと口の中をエグみが駆け抜けます。そこには洋酒の香りが乗っているのですが、上品な酒ではありません。言うなれば「ローストされたケミカルっぽいなにか」といったところ。舌の先では酸味を感じ、舌のサイドでは苦味を、舌の奥では甘味を、そして口蓋では渋みを感じます。それが一度にドドッと押し寄せてくるのですから訳がわかりません。とても不思議な味わいに仕上がっています。

肺に吸い込んだ瞬間、複雑な味を持つミストが身体中にスーッと染み渡ります。Baksのリキッドもそうですが、よくできたタバコリキッドは身体に染みるもんなんです。ミストをゆっくりと吐き出すと鳥肌が立ちはじめます。なぜだかEVANSを吸うと背筋にジーンとくるんですよね、私。しっかりとした葉巻味が鼻腔を抜けていくときが至福タイム。EVANSに味覚がフィットするベイパーだけが得ることのできる至福タイム。

正直なところ、味覚的においしいのかどうかは自分でもよくわかりません。でもね、身体がおいしいって言ってるのです。五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)ではないどこかで味わっているのでしょうね。よくわかんないですけど、やっぱしEVANSはおいしいわ。

万が一、味覚障害になったとしてもEVANS GOLDならおいしく吸えそう。

 

20180701074917


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび