ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【DIGIFLAVOR・RDA】DROP SOLO RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20180730233729j:plain

ピュー理論。

うちの会社の村上くんが熱く提唱する理論。コイルに当たるエアが鋭ければ鋭いほどおいしくなるとのこと。ようするにエアホールはできるだけ小さく、そして適切な数になっていないといけないらしい。たしかに一理ある。

大気に漂う空気が小さなエアホールを通る際、メタセシス反応を示すことはよく知られている。エアホールを通過した瞬間、空気は分子内に二重結合を一つ持つオレフィンになる。コイルを形成するカンタルはFeを主成分とするため、次に空気はローゼンムント還元を起こす。こいつがコットンに大きな影響を及ぼすことは容易に想像ができるだろう。還元されて生成されたアルデヒドはコットン繊維に絡みつくように渦を巻きながら内部へ浸透する。ここに熱を加えるとどうだ。パール・クノール合成を見せたリキッドは味を凝縮したミストへと変化することが明白だ。

このように理論立てて考えれば、ピュー理論は否定されるモノでないことがわかる。

 

VapeSourcingさんから、DIGIFLAVOR DROP SOLO RDAをもらいました。


<SPEC>
径:22mm(ビューティーリング 24mm)
高さ(ポジピン除く):32mm

f:id:nukayoro:20180730234016j:plain
ピュー理論を具現化したアトマイザー、DROP SOLO RDA。22mm径のサイズは、MTL向け以外のRDAとしては今どき貴重。サイズは小さいがなかなか堂々とした見栄えですね。ブラックは艶消しになっており、ちょっとした威圧感さえも感じます。

f:id:nukayoro:20180730234024j:plain
DROP SOLO RDAはYouTuberとのコラボ製品です。デザインはThe Vapor ChroniclesのBrianさんの手によるもの。

f:id:nukayoro:20180730232834j:plain
以前記事にしましたが、同じ冠の製品にDROP RDAがあります。

DROP RDAは24mm径でしたが、DROP SOLO RDAは22mm径。似ているのはエアホール周りだけで、デッキもシルエットもまったくの別物ですね。

f:id:nukayoro:20180730234030j:plain
トップキャップ&スリーブは2種類、ステンレス製とアクリル製。今回は試していませんが、BF Pinも付属してきます。

f:id:nukayoro:20180730234033j:plain
DROP RDAはパーツの組み付けに少し渋いところがあったのですが今回は精度抜群。DROP SOLO RDAのパーツ同士、実にスムーズな動きをします。これは気持ちいいわ。

f:id:nukayoro:20180730234035j:plain
ドリップチップは810サイズ。左が標準品、中央は手持ちの汎用品、そして右がアダプタを介した510サイズのドリップチップ。MTL運用でないなら、無理に510サイズを使うより810サイズを使ったほうが食感がいいですよ。

f:id:nukayoro:20180730232909j:plain
トップキャップにはぐるりに溝が掘られており、指にかかりやすい形状になっています。パーツ精度が高いことも相まってエアホール調整が楽ちん。

f:id:nukayoro:20180730232928j:plain
DROP RDAでも見せた独特のエアホール。小さな穴がたくさん、これがピュー理論で理想とされる仕様です。

f:id:nukayoro:20180730232934j:plain
独特の形状をしたトップキャップもDROP RDAと同じ。段差が設けられたトップキャップのスカートが4段にも渡るエアホールを器用に塞ぎます。

f:id:nukayoro:20180730232941j:plain
スリーブとデッキはここの凸凹でがっちりと固定されます。エアホール調整時、トップキャップに釣られていたずらにスリーブが回るなんてことはありません。MODからRDAを外す際も楽ちん。

f:id:nukayoro:20180730232953j:plain
DROP RDAと異なり、DROP SOLO RDAはシングルコイルが前提のデッキ。そびえ立つポールがかっこいいですね。なかなかに見応えのあるデッキです。

f:id:nukayoro:20180730232957j:plain
f:id:nukayoro:20180730233002j:plain
ジュースウェルの深さは5mm。(22mm径との)サイズを考えれば、満足のいくリキッド保持量です。24mm径のDROP RDAに負けてない。(DROP RDAはデュアルコイル前提なのでポールが4本も立っているんですけどね)

f:id:nukayoro:20180730233012j:plain
ポジピンの出っ張り具合はハイブリッド運用も楽勝のレベル。(メカニカルMODでの運用の際は手元のポジピンをしっかり確認してくださいね)

f:id:nukayoro:20180730233035j:plain
付属されてきたプリメイドコイル(フューズドクラプトン)を設置してみました。抵抗値は0.24Ω。うーん、うーん、ちょっと低いけどイケるかな。でも、メカMODでも使うしなあ。やっぱり使うのやめとこ。

f:id:nukayoro:20180730233030j:plain
コイル設置の際、コイル足はこのように底へ向かって伸びるのでカットも簡単。

f:id:nukayoro:20180730233038j:plain
付属されてきたプリメイドコイルの使用は止めて、手持ちのクラプトンコイルを使います。抵抗値は0.75Ω。デッキポールの穴に空間上の余裕があり過ぎて、コイル足が逃げてしまいやすいですね。単線だと固定に少し苦労するかもしれない。

f:id:nukayoro:20180730233047j:plain
コイル設置位置はこのあたり。上から見てデッキの中央にくるようコイルを置きました。上下位置は心持ち高めのところで。この位置でエアホールの一段目と二段目にかかるようになります。

f:id:nukayoro:20180730233056j:plain
エアホールの一段目と二段目にコイルがかかっているのがわかるでしょうか。DROP RDAでもこの高さでコイルを設置していました。私、DROP SOLO RDA使用時には一段目と二段目を塞いでしまいます。三段目と四段目しかオープンにしないので、コイルに直接エアが当たることはありませんが、この位置が一番良かったように思います。

f:id:nukayoro:20180730233117j:plain
コイル下部にスペースを作るようウィッキング。両サイドから入ってくるエアはこのスペースでぶつかることになります。あれ?ピュー理論は直接エアをコイルに当てなくちゃいけないんだっけ?ま、いっか。

f:id:nukayoro:20180730233128j:plain
時計回りでトップキャップを回していくと、エアホールは上の段から下に向かって閉じていきます。全閉の後、今度は右側から左側に向かって「列(縦)」単位でホールはオープンになっていきます。あまりエアホールを縦型で使う方はいないと思うのですが、それでもおいしいんですよね。エアホールをどのように開閉してもしっかり味が乗ってきます。もしかするとコイル位置には厳密にならなくてもいいのかも。

f:id:nukayoro:20180730233140j:plain
なかなかシックでかっこいいRDAでしょう?

シングルクラプトンコイル 0.75Ω、20~30W DLで吸ってみます・・・・

・・・・さすがピュー理論RDA。基本的にはミスト量を稼いで味を出す系統のRDAですが、ポワンとした味にはならずダイレクトな味の乗り方になっていますね。コイルが口元に近いところ(高い位置)に設置されていることもあって、キリッとしている感じ。出力を上げ過ぎるとスピッドバックであっちっちになってしまいますけどね。ま、スピッドバックも味のうち。リキッドの粒を楽しみましょう。

おいしいな、これ。DROP RDAも長く使っていますが、このDROP SOLO RDAに代えようかな。味も見栄えもSOLOのほうがいいですね。いかん、これを載せるための真っ黒な22mm径チューブMODが欲しくなってきた。よしっ、物色しよう。

f:id:nukayoro:20180730233150j:plain
PMMAスリーブはステンレス版とエアホールの構成が異なります。ステンのほうはエアホールを10個も設けてくれていたのに、こちらは6個だけ。穴の数は4割減、味のほうも4割減(ウソ)ですので、こちらを使う理由は見当たりません。いや、なんかかっこ悪いんですよ。このクリアカラーはDROP SOLO RDAに似合っていないと思う。

f:id:nukayoro:20180730233153j:plain
PMMAスリーブには同色のビューティーリングが付属してきます。リングを取り付けると24mm径に。ほら、やっぱりなんかかっこ悪いでしょ?

DROP SOLO RDAはエアを絞ればMTLで吸えなくはないのですが、やはりDLでしょう。ミスト多めでベーピングされることをお勧めします。やっぱりDL向けRDAはいいなあ。MTL向けRDAはドリップチップ径が小さいのでリキチャの際トップキャップを外さなくちゃいけないでしょ? DL向けRDAはたいていドリップチップから直接リキチャできちゃいますもんね。楽ちん、楽ちん。


 


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび