ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Vapefly・RDTA】Galaxies MTL Squonk RDTA をもらいました

f:id:nukayoro:20180805001728j:plain

大昔、「スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」といったビデオゲームが大流行しました。ゲームセンターに客を取られたためにパチンコ屋さんが開店休業状態に陥ったという逸話まで残しています。子供より大人達が熱狂したブームでした。

画面上段から降ってくるインベーダーを撃ち落とすってだけのシンプルなシューティングゲーム。現代の子供達であれば刺激の無いミニゲーム的な扱いをしそうなショボいゲームが社会現象まで巻き起こしたのはなぜでしょうか。

それは「やるかやられるか」という一点に尽きると言われています。それまでにもビデオゲームはたくさんありました。ブロック崩し、テニスゲーム、迷路ゲーム、レースゲーム等々。スペースインベーダーはそこに「相手を倒す(殺す)」といった要素を盛り込んだのです。これがかつて無かった刺激を生み出しました。インベーダーとの生死を賭けた戦いに刺激を求め、大人達はのめり込んでいったというわけです。既存のモノに要素を一つ加えるだけでそれまでに無かった世界が広がることもあるんですね。



Vapeflyさんから、Galaxies MTL RDTAをもらいました。

Galaxies MTL RDA&RTAが好評を博しているVapeflyさんからRDTAの登場。ありがたいことにBFに対応してくれているRDTAです。楽ちんですもんね、これ。

  • 径:22.2mm
  • 高さ(ポジピン除く):40mm


f:id:nukayoro:20180805002353j:plain
ギャラクシー感アップ、星座や天体を模したデザインがスマートですね。天の川のせせらぎが聞こえてきそうな清廉なイメージのアトマイザーです。

f:id:nukayoro:20180805002356j:plain
Vapeflyさんがお送りくださるのはいつもこのパッケージ。これは「サンプル品」なんですね。製品版とはパッケージデザインや付属品が異なる場合がありますが、ご容赦のほどを。

f:id:nukayoro:20180805002400j:plain
標準でセットされてくるポジピンはノーマルピン、速攻でBF Pinへ交換しましょう。Galaxies MTL RDTAはボトムフィーダーで運用してこそのモノですから。ドリップチップは2種類、黒のほうはクリアに比べて1mm程度内径が小さくなっています。

f:id:nukayoro:20180805002403j:plain
BF運用のできるRDTAはホント便利。GAS MODSのNIXONがそうでしたね。あれ、便利だったのですが、圧の関係で押したボトルの戻りが悪かった。Galaxies MTL RDTAはそんなことありませんでしたよ。ストレス無くボトムフィードできそうです。

f:id:nukayoro:20180805002406j:plain
ガラスタンクの容量は2ml。単なるRDTAだとすれば不満の出そうな容量ですが、BF運用が前提だとこれで十分、天使の2mlと思うはず。

f:id:nukayoro:20180805002409j:plain
逆テーパーになっている標準ドリップチップは内径が大きめ。ドローきっつきつの運用をする場合は付属の黒ドリップチップを使ったほうがいいでしょう。私は、Galaxies MTL RDTAをDLでいただく場合もありますのでこちらのクリアタイプを使用しています。

f:id:nukayoro:20180805002436j:plain
トップキャップはフィン状になっています。これ、放熱のためのヒートシンクですね。Hussar RDTAみたい。Vapeflyさんのことですから、このGalaxies MTL RDTAもリーズナブルな価格設定がされているのでしょう。Galaxies RDAもそうでしたが、Vapeflyさんの製品はほんとコスパが高い。

f:id:nukayoro:20180805002439j:plain
「天井がきれいなドーム型になっていないじゃないか!」
いえいえ、この独特なトップキャップ天井はあえてこの形状なのです。名付けて「スーパーアッセンブルチャンバー」、ミストを集約させる役目を果たします。おいしく感じる大きな要因になっているんじゃないですかね。比較的高い位置にコイルを置くGalaxies MTL RDTAならではの仕組みだと思いますよ。

f:id:nukayoro:20180805002442j:plain
シングルコイル前提、2ポスト式のデッキ。

f:id:nukayoro:20180805132228j:plain

エアは、ボトムから以外に両サイド斜め下からもコイルへ供給されます。

f:id:nukayoro:20180805002502j:plain
斜め下からのエアはポストに開いたエアホールから。このエアホールにはイモネジが埋め込まれており、これを上下させることでエア量の調整を行うことができます。重いドローを重視するならポストのホールは塞いだままでいいかもしれません。ただ、三方向からエアを供給してやった方が明らかに味は出ます。

片や「ずっと全開でいいや」と考えたとしても、イモネジを取っ払ってしまうことだけは避けたほうがいいです。イモネジを抜くと、コイルへ向かう道以外にエアの通り道を作ってしまうことになりますので味や食感のバランスが崩れますからね。

f:id:nukayoro:20180805002505j:plain
この筒がリキチャホール。ここにユニコーンボトルの先端を突っ込んでリキッドをチャージします。このタンクへと繋がるリキッドの通り道が単なる筒なのであれば、本体を逆さまにすると漏れてしまうでしょうが、Galaxies MTL RDTAにはそうならないように一工夫がなされています。

f:id:nukayoro:20180805002508j:plain
リキチャホールの筒をタンク側から見るとこのような形に。通常、筒の口は塞がっています(左画像)。ユニコーンボトルで押し込んだときにだけ筒がせり出してくる(右画像)仕様ですので、通常時は筒にリキッドが侵入する心配がないのです。おもしろい仕組みですね。

f:id:nukayoro:20180805002553j:plain
ハイブリッド環境でも余裕なポジピンの出っ張り具合。私はBF MOD以外で使う気はありませんけどね。

f:id:nukayoro:20180805002600j:plain
というわけで、付属のBF Pinへ交換。プラスドライバーで脱着することができます。軽くネジ頭を舐めておきました。サイズの合ったドライバー使用をお勧めいたします。

f:id:nukayoro:20180805002604j:plain
付属のコイル(Ni80 26G 1Ω 内径2.5mm)を設置。オームメーターの抵抗値は0.84Ω。MOD(RSQ)に載せると0.79Ωになっています。

f:id:nukayoro:20180805002620j:plain
コイルの設置位置は心持ち高めにしています。サイドからのエアがコイルの斜め下に当たる感じで。コイルはボトムのエアホールにもう少し近づけたくなりますが、一定の高さは維持したほうがいいと思いますよ。これはポストからのエアを使わない場合も同じ。限度はありますが、トップキャップ天井に設けられたスーパーアッセンブルチャンバーとの距離が短いほどダイレクトな味になります。

f:id:nukayoro:20180805002626j:plain
コイル足置き場はワイヤーの逃げにくい構造になっています。逃げにくいってだけで、細目の単線を使うと余裕で逃げます。

f:id:nukayoro:20180805002629j:plain
今回、「へ~」と思ったのがこのコットン。VapeflyさんがGalaxies MTL RDTAにサンプルを同梱してくれていました。VAPE専用品ですね。

FireBolt Cotton – VapeFly.net

f:id:nukayoro:20180805002633j:plain
太めの束が2つと細めの束が20本入っていました。この細めのコットンのほうがおもしろい。これ、片方のサイドがビニールの筒で固められているのです。針に糸を通すとき、通しやすいように糸の先を濡らすでしょ? あれと同じ効果があります。コットンの先を固めることで、コイルへ通しやすくなっています。

f:id:nukayoro:20180805002652j:plain
こういったコットンがあることは知っていたのですが、ここまで便利だとは思っていませんでした。個人的にはインベーダーゲーム並みの「革命」でしたね。私くらいの年齢になると老眼でビルドも一苦労。このコットンがそれを緩和してくれますよ。いいわー、これ

f:id:nukayoro:20180805002658j:plain
デッキをベースから外してやった方がウィッキングは楽になりますよ。

f:id:nukayoro:20180805002704j:plain
コットン足はこれくらいの長さでカット。これでも長過ぎるくらい。タンクにでろんとコットン足が垂れていたらかっこ悪いですもんね。矢印の先はリキッドが出てくる穴。Galaxies MTL RDTAはタンクのエア抜きがきっちりできていますので、押したリキッドボトルが戻ってこないなんて不愉快な思いをさせられることはありませんよ。

f:id:nukayoro:20180805002707j:plain
トップキャップのエアホールは2ヶ所。一方は三つ穴、もう一方は六つ穴。三つ穴のほうを殺して、片側(六つ穴側)からのみのエア取り込みも可能です。(可能ですが、バランスが崩れて食感が悪くなるので、エアは両サイドから取り込んだほうがいいと思いますよ。)

f:id:nukayoro:20180805002710j:plain
0.8Ω 18W、MLTでいただきます・・・・

・・・・超えてる、Galaxies MTL RDAを超えてる。Galaxies RDAは私のお気に入りMTL用アトマイザーだったのですが、早々と物入れにしまい込んでしまいました。当面、Galaxies MTL RDTA(とAmitt RDA)があれば十分だと考えましたので。

ダイレクトな味わいに感動したAmitt MTL RDAにも負けないミストをGalaxies MTL RDTAは吐き出します。タンクを持っている分、運用はこちらが勝りますね。実はタンクアトマイザーにもかかわらず、本体の高さはAmitt MTL RDAとそれほど変わらないのです。曲面をうまく利用しているので、Galaxies MTL RDTAのほうがコンパクトに見えるくらい。

Galaxies MTL RDTAが持つもう一つの美点がエアフローコントロール。ドローの調整幅がでかいのです。きっつきつのドローからDL可能なドローまで自由自在。なんと懐の深いアトマイザーなのか。

f:id:nukayoro:20180805002712j:plain
重いドローと細い食感が好きな方はドリップチップの交換を。これはこれで使えるドリップチップなのですが、いかんせんブサイクです。なんだか哺乳瓶の吸い口みたいでかっこ悪い。Galaxies MTL RDTAに似合うMTL向けドリップチップを別途探した方がいいですよ。

おいしいわ~ Galaxies MTL RDTA、おいしいわ~





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび