ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【WOTOFO・RDA】WARRIOR RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20180817070141j:plain

あああああ、明日から会社だああああああ。昨日まで「ヒマしてるから出勤してたほうがマシ」と考えていたくせに、休暇中に溜まっている仕事のことを思い出して憂鬱になってきたあああああ

と嘆き悲しむサラリーマンの皆様、こんにちは。下記のことをもう一度考えてみてくださいませんか。

  • 夏期休暇後にしようと後回しにしていたお仕事の量
  • 夏期休暇中に溜まったメールの数
  • なまった身体にムチを打つような猛暑
  • 近づく台風

ハイ!どうです? さらに気が重くなってきましたか? 私一人が憂鬱だったら悲しいので皆様を巻き込んでみました。へっへっ



WOTOFOさんから、WARRIOR RDAをもらいました。

<spec.>
 径:25mm
 高さ(ポジピン除く):29mm

f:id:nukayoro:20180817070155j:plain
ここのところのWOTOFOさん、コラボ製品がマイブームなんですかね。WARRIOR RDAはJMT ELITEとのコラボ製品となります。JMT Eliteは有名なコイルビルダーのチーム、VAPE界の住人で知らなけりゃモグリですよ。よって、私はモグリです。

f:id:nukayoro:20180817070158j:plain
25mm径のRDAだと言うのに大きくは見えませんね。背が低く、トップキャップも絞られた形状をしているためコンパクトなイメージを受けます。

f:id:nukayoro:20180817070202j:plain
JMT ELITEはハンドメイドコイルマスターだってことなので、WARRIOR RDAはごついコイルを前提に設計されているのでしょう。たしかに単線ではつらかったですね。かなり焚いてやらないと真価を発揮しないRDAです。

f:id:nukayoro:20180817070204j:plain
BF-Pinは最初からデッキに組み込まれており、ノーマルピンが付属してきます。あ、シングルコイル運用のためにリデューサーが付属していますね。「デュアルコイル前提のデッキだけどリデューサーでシングル運用も可能」なRDAです。経験上、この手のRDAはイケてる製品が多い。20%くらいの確率でアタリが引けるはずです。

f:id:nukayoro:20180817070239j:plain
やはり、付属されてくるプリメイドコイルはごついモノ(WARRIOR RDAに限りませんけどね)。うーん、抵抗値0.28Ωですか・・・デュアルで用いると0.14Ω。海の向こうはともかく、国内でも超低抵抗値を用いるYouTuberさんが現れました。2~3年前に危険と言われていたものが、今そうでない理由があるのならご教示いただきたいところです。メカスコが流行ってバッ直MODが普及した今こそ慎重になったほうがいいと考えてしまうのですが・・・私が時代に取り残されているだけなのかも。

f:id:nukayoro:20180817070208j:plain
WARRIOR RDAはスリーブとデッキがハメ込み式で固定されるようになっています。スリーブがクルクルと回らないので、エアホール開度調整やMODからの取り外しの際に便利。ただ、ことWARRIOR RDAに至ってはこれがマイナスに働いてしまっていますね。

f:id:nukayoro:20180817070210j:plain
ドリップチップはローレット加工の入ったデルリン製(左)とレジン製(右)の2種類で両方共ワイドボア。吸い心地に大きな違いはありませんでしたので、見た目と唇への触感で決めればいいと思います。

f:id:nukayoro:20180817070213j:plain
810サイズですので、汎用品との交換が可能。一番右の図のように変換アダプタを用いれば510ドリップチップの装着もできます。

f:id:nukayoro:20180817070217j:plain
スリーブにはウォリアーがでかでかと鎮座しています。VAPEを始める前の私であれば「だっさっ」と切って捨てていたワンポイントだと思います。今ではこれを見てもなんとも思わないのですから、完全に汚染されていますよね。一般的にはこれを「かっこいい」とは言わないと思いますよ。ただ、加工はきれい。ウォリアーはエングレービングされているのですが、キレッキレの切削具合で塗装もちゃんとしてます。

f:id:nukayoro:20180817070220j:plain
トップキャップの天井は所謂ドーム型。WOTOFOさんはここの作り方がうまいと思う。味に直結しているのか否か今一よくわからないところですが、いかにも味が出てくれそうな加工をいつも施してきます。

f:id:nukayoro:20180817070223j:plain
標準でBF-Pinがセットされてきます。

f:id:nukayoro:20180817070225j:plain
ノーマルピンに交換してチェック。ポジピンはしっかり出ていますね。ハイブリッド環境でも大丈夫でした。(お手元のポジピンは都度チェックをお願い)

f:id:nukayoro:20180817070228j:plain
デッキは2ポールのクランプ式。ポールもベースもしっかり青で塗られていますね。いかにもフラットクラプトンコイルが留めやすそうな形状です。

f:id:nukayoro:20180817070231j:plain
コイル設置には足をクランプの下に通すのですが、スムーズに作業ができるようになっています。ポールやクランプの形が工夫されており、わざわざクランプを持ち上げなくてもコイル足がスッと入っていくようになっていますよ。

f:id:nukayoro:20180817070234j:plain
ジュースウェルは比較的浅め。BF-Pinの出口は一段高いところに位置しますので、不必要なリキッドの戻りは発生しないでしょう。

f:id:nukayoro:20180817070242j:plain
付属のクラプトンコイルをシングルで組んでみました。あれ?0.35Ωになっていますね。試しにいくつかのテクニカルMODに載せてみましたが、どれも0.3Ω以上を指しました。シングル運用でなら無茶苦茶神経質にならなくてもよさそうですね。

f:id:nukayoro:20180817070246j:plain
WARRIOR RDAには「内部空間の狭さ」を信条にしているようですので、コットン足はは少しボリュームを持たせるようにしておきました。

f:id:nukayoro:20180817070251j:plain
同じタイミングでWOTOFOさんからもらったRecurve Squonk Modに載せて吸ってみます・・・・

・・・・味、うっすっ!クラプトンコイルを用いているとは思えないほどの味の薄さに驚きです。最初全開で吸ってみたのですが、超絶スッカスカになりますので話になりません。徐々にエアホールを閉めていったところ、開度30%くらいのところからようやくまともな食感になり始めました。それがですね・・・スッカスカでリキッドの味が飛んでしまうのはわかるのですが、エアホールを絞っても味が載ってきてくれないんですよ。もわ~んって感じ。

テクニカルMODに載せてカツンッと60W(プリヒート120%)をかけてやりました・・・・

・・・・味は出てきました。でもなんだろう、この輪郭の無さは。ミスト量を稼ぐことで味を載せてくるタイプのRDAにはこういった感じ方をするものなのですが、それにしてもボヤけ過ぎ。

f:id:nukayoro:20180819115914j:plain
WARRIOR RDAのエアホールは3x8、合計24個の小さな穴で構成されています。JMT Eliteが『柔らかく均一で、正確に制御ができるエア流入を考慮したため多孔にした』とおっしゃっているので、この形はこれでいいのでしょう。うちの会社の村上くんが提唱するピュー理論にも合致しているところです。エアが縦に入ってくる点もコイルの高さを調整してやれば問題無し。

問題はエアを絞れば絞るほどコイル中心部から外れていく点。上の画像のイメージでエアホールは閉じていくのですが、開口部がだんだんコイルから外れていくことがわかるでしょう。固定されていなければスリーブごとエアホールをコイル位置へ合わせにいけるのですが、それも叶いません。味がボヤケる理由はここなんでしょうね。

f:id:nukayoro:20180817070254j:plain
ならばコイルの位置を合わせにいくしかありません。

いつものように単線を使います。マイクロコイルを中央からずらし、エアホールの正面にくるように設置しました。抵抗値はデュアルで約0.5Ω。コイルは心持ち高め(エアホールの一段目と二段目の正面)に設置してあげたほうがいいと思います。

この状態でテクニカルBF MODに載せ、50W程度をかけてやったところが私にとってのベストでした。エアホールは2列開けています。間違いなく付属のクラプトンコイルをシングルで運用するよりも味の輪郭はハッキリとしてきますよ。本来、ごついクラプトンコイルをデュアルでビルドして、がっつり出力をかけてやるべきRDAなのでしょう。私のように超低抵抗値にびびってチマチマとビルドをするような人間には敷居が高いようです。

MTL全盛期にありながらGoon RDAが流行った頃に逆戻りしたかのようなクラウド寄りのRDA。時代は巡ります。こういった爆煙系がまた流行ることもあるでしょうから一つくらい持っていてもバチは当たんないですかね。でも私なら、安くなってきたGoonを選ぶかな。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび