ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VANDY VAPE・RDA】CAPSTONE RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20180823194200j:plain

台風20号がやってきました。スマホの避難警報がピコンピコン鳴り響いています。

関西エリアの鉄道は夕方から間引き運行が始まり、暗くなる頃にはあちらこちらで運転見合せが始まりました。主要路線、特にJRはほぼ全線が20時にはストップしています。明日も始発からダイヤが乱れることは確実でしょう。前回の地震や洪水の傷がまだ癒えていないタイミングでの台風通過、ジッと身を潜めて過ぎ去るのを待つしかありません。

今回は西日本だけでなく、東海地方もひどい降水量が予想されています。最小限の被害で済むことを祈るのみです。皆様、ご安全に。



ベプログshopさんから、VANDY VAPE CAPSTONE RDAをもらいました。

20180520104508

ベプログさん、ありがとう!これ、買おうと思っていたところだったんですよ。スリーブデザインといい、デッキといい、なにやら「やらかしてしまった」感満載っぽかったので。

 径:24mm
 高さ(ポジピン除く):33mm

f:id:nukayoro:20180823194333j:plain
2週間程度使用してみました。特徴的な外観を持つ製品でしたが、結論意外と優等生的なRDAでしたね。

f:id:nukayoro:20180823194339j:plain
そびえ立つピラミッドのようなクランプ式デッキポスト。これを考えた方はすごいと思います。デッキの形状なんて出尽くした感があったのですが、まだこういった工夫の余地があるんですね。

f:id:nukayoro:20180823194343j:plain
ワニガメの甲羅のようなスリーブデザイン。ここは好き嫌いが分かれるところでしょう。先に書いておきますが、Pico21700しかお持ちでない場合はCAPSTONE RDAのご購入を避けたほうがいいですよ。(Pico25ならOK)

f:id:nukayoro:20180823194347j:plain
BERSERKERシリーズといい、PULSEシリーズといい、中国メーカーの中でもVANDY VAPEはセンスのある製品を安定して供給してくれている気がします。なにを取っても大きなハズレの無いメーカー、とのイメージ。

f:id:nukayoro:20180823194350j:plain
なにやらたくさんのパーツが付属してきます。ポジピンはBF-Pinが本体にセットされており、ノーマルピンが付属してきます。スリーブ(トップキャップ)は2種類から選ぶことができるようになっています。私の場合、どちらかに固定させてしまい、もう片方のスリーブの存在は忘れてしまうってのが毎度のパターンなのですが。私は恐らくCAPSTONE RDAでクリアのトップキャップを用いることはないでしょうね。

f:id:nukayoro:20180823194353j:plain
好き嫌いが分かれるとは言ったものの、せっかくCAPSTONE RDAを買ったのであれば、このワニガメの甲羅のようなスリーブデザインを楽しみたいじゃないですか。

f:id:nukayoro:20180823195052j:plain
黒のドリップチップはベースが分離するようにできています。ベースは510アダプターですので、お手元の汎用510ドリチとの交換が可能です。クリアのほうは一体型で810サイズ。

この黒ドリチの内径がもう少し大きければなぁ。唇への触感もデザインも黒ドリチのほうが好みに合っていました。ただ、内径が小さいのでリキッドのドリップがやりにくいのです。ユニコーンボトルの先端をドリチから突っ込んで運用してはいますが、ガラススポイトの場合だといちいちドリップチップを外してドリップしなくてはいけないでしょうね。

f:id:nukayoro:20180823195100j:plain
手持ちの810サイズ、510サイズのドリップチップをとっかえひっかえ取り付けてみましたが、やはり標準品の形状が一番似合っています。

f:id:nukayoro:20180823195104j:plain
クリアのトップキャップはポリカ樹脂製。見ての通り、こちらはエアフローコントロールが利きません。デザインも凡庸、機能的にも劣るクリアキャップの存在意義はどこにあるのでしょう。

f:id:nukayoro:20180823195110j:plain
それはここ。デッキが見えるというのは悪くないね。デッキが特徴的なCAPSTONE RDAにおいては、メーカーさんが「こいつを常に見せておきたい」と考えてもおかしくありません。たしかにかっこはいい。内部にベタッとリキッドの水滴がへばりつくまでは美しいと思います。

f:id:nukayoro:20180823195114j:plain
黒スリーブのほうはトップキャップと組み合わせることによってエアホールの開度調整が可能となっています。CAPSTONE RDAはエアホールの開き方に独特なものがありますよ。

f:id:nukayoro:20180823195117j:plain
うーん、写真の撮り方が悪いな・・・画像の写りはよくないですが、けっこうきれいな作りをしています。

f:id:nukayoro:20180823195120j:plain

f:id:nukayoro:20180823195124j:plain
私がCAPSTONE RDAを購入したいと思った理由がこのポスト形状にあります。真上からドリップしてやると、きれいにリキッドが落ちていってくれそうに思えたから。実際のところ、このピラミッド型の斜面は効果的でした。コイルへ、コットンへ満遍なくリキッドが染み渡ります。

ポストのど真ん中に開いている穴がなんだかわかるでしょうか。これね、ボトムフィーダーで運用した際、ここからリキッドが出てくるんですよ。コイルと同じ高さからリキッドがチャージされるBF RDAなんてそうそう無いですよね。リキッドがチャージされてからコイルへ染み入るまでのタイムラグはごくわずか、リズミカルで心地いいベーピングを楽しむことができます。よく考えられていますね。

f:id:nukayoro:20180823195127j:plain
ピラミッド型のポストをバラしてみます。三段で構成されており、間にスプリングが噛まされていました。付属品の中にスプリングが2つありましたが、ここで使用されています。

f:id:nukayoro:20180823195133j:plain
ポスト頂点のネジを緩めると・・・・ピコンとピラミッドがオープン、この隙間にコイル足を挟み固定するわけです。ネジの緩め過ぎにご注意を。ピヨヨーンとピラミッドが崩壊して飛んでいってしまいます。

f:id:nukayoro:20180823195136j:plain
標準ではBF-Pinが組み込まれてきます。底面にも一工夫がなされていますね。ポジピンを囲むようにOリングがハメ込まれており、MODとの間で滑り止め&緩衝材的な役割を果たしています。うーん、ここにOリングなんて想像したこともなかった。効果は微妙なところがありますが、よく考えられていると思います。

f:id:nukayoro:20180823195140j:plain
ノーマルピンに交換。せり出した絶縁体に囲まれているので出っ張りが少ないように見えますが必要十分、ハイブリッド環境で用いることもできます。(個体差があるとマズいので、お手元のポジピンは毎回チェックをお願いしますね)

f:id:nukayoro:20180823195147j:plain
f:id:nukayoro:20180823195207j:plain
このクランプ式のデッキ、コイルの設置がとても楽ちんでした。両方のコイルをそっと押さえてやりながらネジを締め、その後コイル足を切ってやればハイ完成。軽くネジを締めてやればコイルも遊ばなくなるので微調整がとても簡単。

f:id:nukayoro:20180823195202j:plain
付属品の中にあったこのパーツ、これはコイル足の長さを事前に決めてカットするためのモノです。一度だけ使用してみましたが、恐らく今後使用することは無いと思います。コイル足は事前にカットしておくより、コイルを設置してから余分をカットしてやったほうが私は素早くビルドができたので。

f:id:nukayoro:20180823195213j:plain
ポストが末広がりになっていますので、コットン足を落とし込むスペースは少し狭く感じます。とは言え、内径3mmのコイルで用いたコットンのボリューム程度ではウィッキングに苦労はありませんでした。

f:id:nukayoro:20180823195210j:plain
少しだけ気になったのがデッキ底部中央にあるへこみ。ここに入り込んでしまったリキッドはいつまでも残ったままになってしまうかも、との要らぬ心配が首をもたげてしまいました。神経質になる必要はないのでしょうが念のためコットン足はここまで伸ばしてやりました。

f:id:nukayoro:20180823195217j:plain
さっぱり伝わらないと思いますが・・・上の画像はリキッドを一番最初にドリップしてやった直後の絵です。ど真ん中にポタポタとリキッドを落としてやったのですが、偏りもなくコットン全体にサーッと染み渡っていきました。「おおお!」軽く感動しておきました。ピラミッド型というのは理に適っているのかもしれませんね。

f:id:nukayoro:20180823195220j:plain
左はエアホール全閉の図、トップキャップを回すと右画像のように開いていきます。

f:id:nukayoro:20180823195223j:plain
トップキャップを回し続けるとおもしろいホールの開きかたをしますよ。CAPSTONE RDAはホールを下半分だけオープンさせるといったパターンを持っています。個人的に気に入って使っていたのがこの形。ドローが軽くなり過ぎるきらいはあるのですが、ある程度ミストを焚いてやれば大丈夫、吸い応えもしっかりしたものになります。

f:id:nukayoro:20180823195227j:plain
最初になにげなくPico21700に載せようと思ったんですよね。載るには載ったのですが、Picoの電池蓋とCAPSTONE RDAのスリーブの接触を気にせずゴリゴリとやったところ電池蓋側に傷が入ってしまいました。CAPSTONE RDAの勝利です。たしかにデッキ径は24mmなのですが、スリーブ径は25mm以上ありますのでご注意を。

CAPSTONE RDAですが、スリーブとデッキが固定される仕様です。ど真ん中にコイルを設置した状態でエアホールを左右で絞っていくと、ホールはコイル中心部から外れていってしまいます。激絞りのドローがお好きな方はコイルの位置を左右で調整をしてやる必要があります。

ただ、CAPSTONE RDAはエアホールを上下で絞ることが可能になっています。ドローの重ささえ許容できるのであれば、エアホールは下半分を開けた状態での運用がいいと思いますよ。これならコイルを中心に置いていても大丈夫、位置は高さを気にしてやればいいだけですので調整が楽ですしね。

f:id:nukayoro:20180823195143j:plain
飛び抜けたモノを持っているわけではありませんが、味や食感に関しては平均点以上ではないでしょうか。クリアキャップでも黒ドリップチップでも、唇への当たりがとてもイイ感じ。DL運用がメインの方であれば大きな不満は出てこないと思います。

なにより、リキッドのドリップがホントにやりやすい。なにも考えずに落とし込んでやるだけで、リキッドはデッキ内を満遍なく行き渡ります。こんなところを気に入ってRDAそのものを好きになった経験は初めてかもしれません。ずっと気持ちよく使うことができています。

CAPSTONE RDAのようなピラミッド型のデッキが流行るといいな。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび