ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【WISMEC・スターターキット】ACTIVE with Amor NS Plus をもらいました

f:id:nukayoro:20180901160838j:plain

技適マークってご存知ですか?

電波法に基づく総務省基準を満たした通信機器に入っているマークのことです。身近なところではスマホや無線LANルータなどのワイヤレス機器に入っており、これが無い製品の利用は国内では電波法違反となります。ワイヤレスヘッドホンが流行ったときに話題になりましたよね。中国からの安価な製品は技適マークが無いので電波法違反だとか・・・
f:id:nukayoro:20180904190033j:plain
ドローン購入を検討していたときに少しだけ調べたことがあるのですが、技適に絡む電波法はけっこうフワッとしたもんなんですよね。(厳密に言えば違うが)技適マークの無いワイヤレス機器は売るのも買うのも違法じゃないけど使ったらアウトとか、外国人が自分で持ち込んだモノは3ヶ月程度なら使っていいよとか。総務省のサイトを読めば「〇〇をすると、電波法違反になる場合があります」等、「場合がある」との記述だらけ。法律と運用の狭間で揺れている案件だと言うことがわかりますね。

総務省 電波利用ホームページ | 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

悪質と認められる場合や他人から本気で告訴された場合以外はお巡りさんがすっ飛んでくることなんてないでしょうが、電波法違反だと「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、悪質な重要無線通信妨害だと「5年以下の懲役又は250万円以下の罰金」ですからね。もし、お縄になったとしても文句は言えません。結局、格安中国製ドローンの購入は諦めました。


VapeSourcingさんから、WISMEC ACTIVE with Amor NS Plus をもらいました。

【Mod Spec.】WISMEC ACTIVE
Size:55.6 x 26.6 x 94.5mm
Weight:166.4g
Output mode:VW / Bypass / TC-Ni / TC-Ti / TC-SS / TCR mode
Output wattage:1 - 80W
Battery:built-in 2100mAh
Resistance range:0.05 - 1.5Ω(TC modes) / 0.05 - 3.5Ω(VW mode)
Temperature Range:100 - 315°C / 200 - 600°F (TC modes)
Maximum Charging Current:2A
Maximum Output Current:50A
Output Voltage Range:0.5 - 9V

【Tank Spec.】Amor NS Plus
径:27mm
高さ(ポジピン除く):42mm
タンク容量:4.5ml(2ml版も有り)

f:id:nukayoro:20180901141310j:plain
ACTIVE with Amor NS Plusは、MOD(ACTIVE MOD)とクリアロマイザー(Amor NS Plus)のセット品となります。ACTIVE MODの主な特徴は3つ。

「(規格は不明だが)防水性が高い」
「シリコンケースで覆われているため耐衝撃性が高い」

そして・・・
「スマホと接続してBluetoothスピーカーとして使うことができる」

f:id:nukayoro:20180901141316j:plain
困ったな・・・ワイヤレス機器ではないですか、これ。ぐるりと見渡した限り技適マークは入っていませんね。内部パーツなどに記している製品もありますので、100%そうだとは言い切れないのですが、十中八九技適マークは無いのでしょう。

WISMECさんがいいかげんってわけではありませんよ。ちゃんと欧州のCEマークは付されています。まあ、市場の小さな日本向けにコストをかけて技適認証なんて受けませんわな。

f:id:nukayoro:20180901141319j:plain
なかなか楽しそうなキットです。中国製の無銘安物ガジェットを開梱するときのようなワクワク感がありますね。「いかにも使えそうに見えるけど実際は使えない」ガジェットが持つオーラをACTIVE with Amor NS Plusにも感じます。

f:id:nukayoro:20180901141323j:plain
シリコンのガードが重々しい。たしかに多少荒っぽく扱ってもビクともしないG-SHOCK的な雰囲気がありますね。シリコンケースで覆われている分、筐体は大柄です。

f:id:nukayoro:20180901141326j:plain
シリコンのガードは簡単に取り外すことができます。かっこいいタフギアも裸になるとえらく貧弱。コンパクトになるからといってガードを外して使うなんてもってのほかでしょう。

f:id:nukayoro:20180901141329j:plain
どのくらいの出力のスピーカーを搭載しているのかはわかりませんが、びっくりするほど質のいい音がでます。いえ、出るとの噂です。さすがに音量を上げていけば高音がビビり始めますが不快にならないレベルに抑えられています。いえ、抑えられているとの噂です。モノラルスピーカーですが、スマホから直接音楽を鳴らすより臨場感が出ますね。いえ、出るとの噂です。いやはや、バカにできないもんですよ。

f:id:nukayoro:20180901141332j:plain
意外なことに大柄なMODではありますが、アトマイザーを載せる座金は22mm径のモノに最適化されています。MODが裸の状態だと24mm径のアトマイザーを載せると違和感を感じるほど。ただ、ごついシリコンガードを装着すれば27mm径までは受け入れてくれます。WISMECは付属のフックを用いてACTIVE MODをベルトやリュックにぶら下げることをイメージしているようですね。

f:id:nukayoro:20180901141336j:plain
パフスイッチの押し心地はプクップクッといった感じ。剛性感は無いものの、小気味のいい押し心地になっています。パフスイッチに限らず、ACTIVE MODのスイッチ類はよくできていると思います。

f:id:nukayoro:20180901141343j:plain
ディスプレイはごくごく普通のモノ。音楽機能に関する表示は一切ここには出てきません。MOD機能と音楽機能は完全に切り離されているようですね。ここにプレイリストやレベルの表示があればかっこいいのに。

f:id:nukayoro:20180901141345j:plain
ディスプレイの下には+-ボタン、そしてmicro USB ポート。USBポートは充電とPC接続(ファームアップ)の用途を兼ねています。防水のためにシリコンガード側の蓋で閉じられていますね。また、陰になって見えにくいのですが、USBポートの右側にはリセットボタンも設けられています。ファームウェアのアップデートでフリーズしたとしても安心。

f:id:nukayoro:20180901141349j:plain
充電は2A 高速充電対応。

f:id:nukayoro:20180901141351j:plain
f:id:nukayoro:20180901141354j:plain
セットされてくるクリアロマイザーはWISMEC Amor NS Plus。正直、ACTIVE MODをキットで買う必要は感じませんでしたね。ACTIVE MODを入手するのにAmor NS Plusは不要だと思います。

f:id:nukayoro:20180901141356j:plain
ドリップチップは510サイズ。横から見ると薄っすらと内部が逆テーパーになっていることがわかります。

f:id:nukayoro:20180901141400j:plain
コイルヘッドはMTL用(1.3Ω)とDL用(0.2Ω)が付属されてきます。MTL用は使い物にならないと思いますよ。たしかにドローは重たくなるのですが、出てくる味に締まりがありません。リキッドによっては生臭ささえ感じられてしまうほどです。Amor NS PlusはDL運用が基本かと。

f:id:nukayoro:20180901141403j:plain
トップキャップをスライドさせてリキチャ。リキチャの際、トップキャップを外さずに済むというのはやはり便利ですね。

f:id:nukayoro:20180901141406j:plain
エアホールは全開にしていてもスッカスカにはなりません。ある程度の吸い応えをキープしています。クリアロとしてはエアフローコントールがきっちりと利くほうですね。ホールの開度とドローの重さがきっちりとリンクしてくれます。MTL運用の場合は一番右にある小さな穴を使うことになると思います。でも、おいしくないです。

f:id:nukayoro:20180901141409j:plain
音楽を鳴らしながら、いや、音楽を鳴らしている気分で吸ってみます。コイルヘッドは0.2Ωのモノ、出力は50W(ごめんなさい、画像はMTLで吸っていたときのものなので18Wになっています)・・・・

・・・・あ、味が出てくれない。2年前のクリアロを吸ってるみたい。ちょっと前のクリアロは一部を除いてこんなのばっかだったよなあ。1.3Ωのモノよりマシですが、0.2Ωのコイルヘッドでもそれほど味は乗ってきませんね。食感は悪くないのですが、これだけ味が出てこないとなるとリキッドがもったいない。やっぱしAmor NS Plusは不要です。

f:id:nukayoro:20180901141412j:plain
MOD背面には音楽関係の操作ボタンが並びます。技適マークの有無がよくわかりませんでしたので、今回私は音を鳴らすことができませでしたが、実際に鳴らした方はこのMODを気に入ってしまうそうです。

-----
一番下のボタンを押してスマホとACTIVE MODをペアリングさせます。ワイヤレスヘッドホンを使ったことがある方なら要領はわかりますよね。一番上のボタンは再生/一時停止ボタン、想像以上にいい音が鳴りますよ。音量も申し分ない。

上から二番目と三番目のボタンは音量調整用。3連打すると次の(前の)曲へスキップしてしまうので、ゆっくりと操作してくださいね。たまに操作が不安定になるときがありますが、気にしない気にしない。

マニュアルにはBluetooth接続範囲が10mと書いていますが、実際は4~5m離れると音切れを起こし始めます。まあ、そんなにACTIVE MODとスマホと離して使うことなんてないでしょうけどね。

最初は「誰が買うんだろ、こんなMOD」と考えていたのですが、音を鳴らしてからは評価が一変、今ではACTIVE MODのことを立派なタフギアとして認識しています。意外と気に入って、手放せないMODになってしまいましたね。
-----

と、EU圏の方はおっしゃっているそうですよ。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび