ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Joyetech・Starter Kit】ULTEX T80 with CUBIS Max をもらいました

f:id:nukayoro:20181110170321j:plain

未来を感じた・・・

初めて自分でパソコンを購入したのは20数年前、OSはWindows3.1でCPUはintel i486SXだったかと思います。メモリは8MBだったかな? 当時、メモリは高価だったのですよ。1MB 1,000円と言われていた時代でした。8MBを24MBにするだけで2万円以上かかった記憶があります。

それ以来、数年毎にパソコンを買い換えてきたのですが、『すげえ!』と感動したことは過去2回しかありません。一度目は(PCそのものではないですが)ADSLの登場、ネットサーフィン(死語)が爆速になりました。それまで14400bpsのアナログモデムを使用しており、画像1枚を表示するのに数分待つなんてことはざらでしたからね。未来を感じるほど感動しました。

『すげえ!』と思った二度目が今日でした。めんどーだったので開梱もせずに放ったらかしていた新PCを今日設置したのです。重い腰を上げた甲斐がありました。新しいパソコンはどんなに重い処理でもピュンピュンこなしてくれたのです。パソコンを買い換える毎に処理速度の向上は感じていました。ただ、今日ほど劇的にそれを感じたことはなかったですね。

速度が向上したワケは記憶媒体にあります。メインの記憶媒体をHDDからSSDに切り替えたのです。「なにを今さら」と思われるかもしれませんが、私にとってSSDは初の体験でしたから。爆速となった処理速度に未来を感じるほど感動しました。



VapeSourcingさんから、Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Maxをもらいました。

(近)未来を感じるデザインの製品です。(感動はしてない)

【Mod Spec.】ULTEX T80
 Size:26 x 95mm
 Weight:92.3g
 Battery:single high rate 18650 cell (CDR ≥ 25A)
 Screen:0.49 inch OLED display
 Output:1 - 80W
 Resistance Range:0.05 - 1.5Ω (TEMP) / 0.05 - 3.5Ω (POWER)
 Modes:POWER / BYPASS /TEMP(NI/TI/SS) /TCR

【Tank Spec.】CUBIS Max
 径:26mm(最大部28mm)
 高さ(ポジピン除く):45mm
 タンク容量:5ml
f:id:nukayoro:20181110170447j:plain
Joyetech ULTEX T80 KITはテクニカルチューブMODとクリアロマイザーのセット品です。テクニカルチューブMODと言えばUWELLのNunchakuが少し前に話題になりましたね。買おう買おうと思いながらも、結局買わずに終わったMODでした。

f:id:nukayoro:20181110170455j:plain
よかった。ULTEX T80をもらったのでNunchakuを買わずに済んだ。中学生が描いたような近未来型デザインは好き嫌いが分かれるでしょうが、私は気に入りましたよ。プレーンなデザインのNunchakuに対して複雑な造形のULTEX T80、どちらがいいとか悪いとかって話ではありませんけどね。

f:id:nukayoro:20181110170504j:plain
付属品の中で目に付くのは小さく細切れにされたコットンと金属のプレートでしょうか。山ほどの説明書や予備のガラスタンク等、さすが老舗のJoyetechさんです。ぬかりありません。

f:id:nukayoro:20181110170536j:plain
前、横、後ろ。うーん、いいわー。緻密に計算されて刻まれた凹凸がソソります。中学生が授業中、教科書に描いた落書き的なデザインにキュンキュンきます。有るようでなかなか無いデザインだと思いませんか。

f:id:nukayoro:20181110170508j:plain
ここからの眺めはスイスの奇才造形作家、H・R・ギーガーが描く生物的デザインを彷彿とさせます。私、ギーガーが好きなんですよ。あまりいい趣味だとは言えませんけどね。(ギーガーはエイリアンをデザインした方です)

f:id:nukayoro:20181110170546j:plain
トップはこれまた微妙なサイズ。ULTEX T80 KITにセットされてくるCUBIS Maxは当然ジャストフィットなのですが、26mm径のアトマイザーなんて私は持ってませんよ。25mm径でもそんなに不格好にはならないので別にいいかな。(24mm径を載せるとぶさいく)

f:id:nukayoro:20181110170556j:plain
パフスイッチがまたいいですね。LEDランプが仕込まれていることはどうでもいい、この凝った作りがいいのです。7 x 14mmのサイズの中に「これでもか!」というほどの凹凸が作られています。左右対称のデザインは時としてモッサリと見えるものですが、ULTEX T80は筐体にしろパフスイッチにしろ、うまく処理されていると思います。ナイスな教科書の落書き。ボタンの押し心地もコキッコキッといい感じです。

f:id:nukayoro:20181110170600j:plain
下の方へ目を移すとUP/DOWNボタンとディスプレイが。UP/DOWNボタンはサイズを大きくしてでももう少し凝ったデザインにしてほしかったところですかね。

f:id:nukayoro:20181110170652j:plain
ディスプレイは0.49インチと小さなものですが、必要最低限の情報は表示してくれますし、視認性も悪くありません。チューブMODにこの向きでディスプレイを搭載しようと思えば、このサイズが限界なのでしょう。物理的な制約で決まったであろうサイズですが、ULTEX T80には似合っています。

f:id:nukayoro:20181110170653j:plain
充電は2A高速充電対応、micro USBポートから給電します。この角度からの眺めもいいですね。視覚的にぬめりを感じます。USBケーブルとPCを接続してファームウェアのバージョンアップも可能です。Joyetechさんのサイトに新しいファームが掲載されていましたので、私もファームアップをしておきました。(V1.00 → V1.01)

Software download - Joyetech


f:id:nukayoro:20181110170658j:plain
ボトムの電池蓋も気に入っている部分です。凹凸が付けられているので回しやすいということもあるのですが、このカラーがなんとも言えないのです。今回いただいたブラックのULTEX T80は深みのある「漆黒」なのですが、中でも電池蓋は「漆黒の中の漆黒」。大きな凹凸のあるチューブ部分と比べてあまり光を反射しないので、より黒く見えるのでしょう。ベントホールもちゃんと開けられています。

f:id:nukayoro:20181110170705j:plain
電池蓋に表記されている通り、バッテリーは「-」極が蓋側にくるように入れます。使用可能バッテリーは18650のみ。20700や21700バッテリーが使えるとさらに商品力が上がったと思うのですが。

f:id:nukayoro:20181111220808j:plain
ULTEX T80 KITにセットされてくるクリアロマイザーはCUBIS Max。クリアロマイザーなのにコイルヘッドを使わないアトマイザーです。そう言えば、AspireのRevvo Tankがコイルを使ってませんでした。あれはいいアトマイザーでしたね。入手して半年以上経ちましたが、今でもたまに使っています。
Revvo Tank をもらいました - ぬかよろこび in VAPE


f:id:nukayoro:20181110170717j:plain
CUBIS Maxを分解しました。見慣れたコイルヘッドが見当たりませんね。

f:id:nukayoro:20181110170720j:plain
トップキャップはスライド式、赤い三角マークを押すと蓋が動いてリキチャホールが現れます。ドリップチップは意外や510サイズと控えめなもの。同じノンコイルのAspire Revvo Tankは爆煙仕様でしたがCUBIS Maxは違うのかな。

f:id:nukayoro:20181110170723j:plain
アトマイザーベースをひっくり返して見ると、そこには網目のプレートが一枚。CUBIS Maxではこれがコイルの代わりです。このプレートにリキッドを含んだコットンを触れさせてやることでミストが発生するわけです。

f:id:nukayoro:20181111192008j:plain
Joyetech NCFilm Coil Heater - VapeSourcing

このプレートの名称は「NCFilm Heater」、長持ちすることが特徴です。抵抗値は0.3Ωと意外に高い。Revvo Tankは0.15Ωとかでしたからね。ガンクが付いたら拭き取ってやればOK、Joyetechさんのテストでは3ヶ月以上の使用に耐えたそうですよ。うん、なんとなくわかる。私、Revvo Tankでは半年以上同じプレートを使ってますもん。(もちろんコットンは交換してます) 

f:id:nukayoro:20181110170729j:plain
アトマイザーベースの下にコットンプレートが組み込まれます。プレートのへこみに合わせて平らなコットンを置き、アトマイザーベースへセットします。このコットンは付属品に何枚か含まれていますが、それらが無くなっても自作ができそう。

f:id:nukayoro:20181110170804j:plain
私は普段Kendoコットンを使用しているのですが、NCFilm Heaterに必要な形に成形するのはちょいとめんどくさそうです。資生堂や無印良品のシート状コットンを切り揃えてやればなんとかなるでしょう。

f:id:nukayoro:20181110170735j:plain
ちなみにアトマイザーベースへのコットンプレート取り付けははめ込み式です。切り欠きがありますので、ここに爪をひっかけてやれば外れるでしょう。私が最初、分解に手間取ったので一応書いておきます。

f:id:nukayoro:20181110170739j:plain
クリアロマイザーにしては珍しく、ポジピンはネジ式です。NCFilm Heaterの得体が知れないのでお勧めはしませんが、ハイブリッド環境でも使うことができました。(くれぐれもお手元のポジピンチェックと短絡チェックはお忘れなく)

f:id:nukayoro:20181110170831j:plain
リキチャはトップキャップをスライドさせて行います。スライドは片手だけの操作でOK。

f:id:nukayoro:20181110170834j:plain
CUBIS Maxはトップエアフローを採用しています。エアホール全開でもそこそこの吸い応え。きっちり絞ることもできますが、MTL向きのドローになるほどではありません。

f:id:nukayoro:20181110170837j:plain
電源ON/OFF:パフスイッチ5連打
ロック:UPボタン、DOWNボタンの同時長押し
メニューイン:パフスイッチ、UPボタンの同時長押し

Joyetechさん推奨の40Wで吸ってみます・・・・

・・・・うーん、うーん、うーん、ちょっと浅いかな。フレーバーの芯に惜しいところで手が届かない感じ。完全にAspire Revvo Tankをイメージしてしまっていたので、そこにまで届いていないことがもどかしい。発熱プレートの面積とエアの通り道の太さで差がついたのだと思います。ミストは多めですが、それほど焚かれていないのではないでしょうか。Revvo Tankより圧倒的に燃費がいいですから。

少しディスり気味な文章でしたが、クリアロとしては標準的な味の出方ですので悪いというわけではありませんよ。スッキリ爽やかな爆煙(?)が好みなのであればアリです。立ち上がりも早いですし、ランニングコストを含めて考えれば通常のクリアロより魅力的に映りますね。あと、ULTEX T80とのデザインマッチングはCUBIS Maxでしか成しえないモノがありました。ULTEX T80にいくつかアトマイザーを載せてみましたが、CUBIS Maxに勝るフィット感を持つ製品は見つけることができませんでしたから。

ULTEX T80はデザインさえ気に入ればおすすめ。CUBIS MaxはULTEX T80との組み合わせでならアリ、単体購入だとナシ。そんな感じ。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび