ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Joyetech・Starter Kit】ESPION Silk with NotchCore をもらいました

f:id:nukayoro:20181123213555j:plain

2025年万博決定、おめでとう!!

昨晩、パリで行われた博覧会国際事務局の総会で2025年万博の開催地が大阪に決まりました。喧伝されている「〇兆円の経済効果」は眉唾モノですが、決まったからには全力で楽しみにしたいと思います。

前回大阪で万博が行われたのは1970年。その跡地は現在、公園(万博記念公園)や商業施設(EXPO CITY)となり府民に馴染み深いエリアとなっています。大阪にとって、日本にとって2025年万博が財産となることを願っています。とにかく "負の遺産" は残しちゃダメだ。
f:id:nukayoro:20181124074649j:plain
万博では各国のパビリオンが立ち並びますが、中国あたりが文化枠で「VAPE館」とか作ってくれないですかね。そうすればVAPEも一気に普及し・・・ないか。


Joyetechさんから、ESPION Silk with NotchCore をもらいました。



【Mod Spec.】ESPION Silk
 Size:29.5 x 40.0 x 80.0mm
 Weight:100.5g
 Battery capacity:2800mAh(内蔵)
 Screen:0.69 inch OLED display
 Output:1 - 80W
 Modes:POWER/BYPASS/TEMP(NI/TI/SS)/TCR(M1/M2/M3)
 Resistance range:
   0.05 - 1.5Ω for TEMP/TCR mode
   0.05 - 3.5Ω for POWER mode
 Max charging current:2.0A

 Colors:Black, Orange, Brown

【Tank Spec.】NotchCore Atomizer
 径:22mm
 高さ(ポジピン除く):44mm
 タンク容量:2.5ml
 コイルヘッド:NotchCoilTM 0.45Ω

f:id:nukayoro:20181123214510j:plain
軽量なMOD(ESPION Silk)とノッチコイルを使うクリアロマイザー(NotchCore Atomizer)のセット品です。MODは軽量化のため、かなり割り切った作りになっていますね。自動車とMODは軽ければ軽いほど良いという考えは世界共通。(かも)

f:id:nukayoro:20181123214513j:plain
弁当箱のようなパッケージ。Joyetechさんはパッケージで高級っぽさを演出しようという考えは無さそうです。iPhoneの外箱に似せてみたり、煌びやかに見せてみたりと工夫している老舗メーカーさんもありますが、Joyetechさんは質実剛健といったところ。

f:id:nukayoro:20181123214514j:plain
パッケージの裏にはしっかり緩衝用ウレタンパッドが貼り付けられています。個人的に運搬中の中身破損がなければパッケージはどうでもいいと思っています。さらに言えば、こんなところに余計な原価をかけてほしくないとも考えています。

f:id:nukayoro:20181123214517j:plain
MOD関係の内容物一式。

f:id:nukayoro:20181123214525j:plain
クリアロマイザー関係の内容物一式。ノッチコイルが目に飛び込んできますね。NotchCore Atomizerはこのノッチコイルがすべて。

f:id:nukayoro:20181123214548j:plain
ESPION Silkは全身がラバーで覆われ、覆面レスラーっぽい印象。ゴムをペタペタと貼り付けただけのように見えますが、手にフィットしやすいよう形状には工夫がなされていますよ。

f:id:nukayoro:20181123214551j:plain
めちゃくちゃ軽いMODですね。これで2800mAhもの容量のバッテリーを内蔵しているとは驚きですわ。手に触れる部分のタッチがソフトな点も「軽量コンパクト」なイメージを増幅させています。

f:id:nukayoro:20181123214554j:plain
軽量化とのトレードオフ、MOD本体は超絶プラスチッキーです。ほとんどがラバーに隠れているため目立ちはしませんが、とにもかくにもボディにはチープ感が炸裂しています。ここはESPION Silkを使っていく上で割り切らないといけない部分ですね。『ラバーを全部剥がせばどんな姿になるのだろう?』さっきからウズウズしっぱなしですが、ESPION Silkのことは気に入っているのでバラすのはやめておきます。

f:id:nukayoro:20181123214558j:plain
トップもチープ感で溢れかえっています。でも大丈夫、ラバーの代わりにアトマイザーがそれを隠してくれます。510コンタクトはスプリングローデット式。

f:id:nukayoro:20181123214601j:plain
逆三角形のパフスイッチはラバー表面とほぼツライチになっています。押しにくそうに思えましたが、そんなことはありませんでした。横向きに入った溝のおかげで指先がパフスイッチを認識しやすくなっています。押し心地はかなり軽め、カチッカチッと節度あるクリック感になっています。ラバーとツライチといった立て付けから、もし押し心地がこれ以上重たければパフがやりにくくなったと思う。

f:id:nukayoro:20181123214605j:plain
0.69インチのディスプレイは視認性良し。飾りっけはまったくありませんが、それを求めるべきMODではありませんよね。

f:id:nukayoro:20181123214608j:plain
ディスプレイの下にはUP/DOWNボタン。褒めるべきはその操作性の良さでしょう。VAPE界に半年も住んでいる方であればマニュアルを読まずとも各種調整を直感的に行うことができると思います。

f:id:nukayoro:20181123214643j:plain
充電はクイックチャージ対応(2A)、PCと接続してファームウェアのバージョンアップも可能です。(11/24現在、メーカーサイトに新しいファームの掲載はありませんでした)

f:id:nukayoro:20181123214637j:plain
プラスチック素材と相まって、マッハで傷だらけになるであろうESPION Silkのボトム。普段見えるところでもないので、気にしない気にしない。穴が5つ開いていますが、内4つがベントホール、1つがリセットボタンになっています。

f:id:nukayoro:20181123214613j:plain
パフスイッチ、ディスプレイ、UP/DOWNボタンはラバーにガードされています。ということが言いたいがためにこの画像を撮影したわけではありません。この角度から眺めると意外とかっこいいなと思っただけ。

f:id:nukayoro:20181123214645j:plain
スターターキットとしてESPION Silkに組み合わされてくるクリアロはNotchCore Atomizer。鉄板にペンキを塗りたくったかのような塗装が特徴的ですね。ESPION Silkには似合ういでたちですが、他のMODとは見栄えの相性が悪そう。

f:id:nukayoro:20181123214700j:plain
あれ?そう言えば、NotchCore Atomizerのことを「クリアロ」としてしまってもいいのでしょうか。RTAっぽくもあるのですが・・・ 基本的にはビルドが不要ですので、やっぱりクリアロとしておこう。

f:id:nukayoro:20181123214705j:plain
トップキャップはスライド式。黒い▲マークのところを押すとリキチャホールが現れます。ドリップチップは510サイズですので汎用品との交換も可能。交換する場合はドリチ側にOリングのある製品を。

f:id:nukayoro:20181123214711j:plain
ミストの通り道はそれほど絞られていませんね。エアホールを絞ったとしてもMTLに耐えるドローにはなりません。NotchCore AtomizerはDL向け。

f:id:nukayoro:20181123214719j:plain
アトマイザーベースのど真ん中に鎮座するノッチコイル。

f:id:nukayoro:20181123214731j:plain
NotchCore Atomizerには付属品を含め5つのノッチコイルが付属してきます。安いんですよ、これ。Joyetechさんの代表的コイルヘッドにProCがありますが、それが5つ入りで13.8ドル。それに対してNotchCoilは5つで5.75ドルとなっています。半値以下ですね。(Joyetechサイト調べ)

f:id:nukayoro:20181123214737j:plain
ノッチコイルはアトマイザーベースにペコンッとはめ込むだけの簡単仕様。

f:id:nukayoro:20181123214807j:plain
ノッチコイルの素材はSS304で抵抗値は0.45Ω・・・のはずですが、MOD計測で0.6Ωと表示されました。うーん・・・気にしない気にしない。いずれにしろ、0.1Ωや0.2Ωの製品がまかり通る現代において、とてもやさしい抵抗値になっているということです。いたずらに抵抗値を下げてこない点は好印象。

f:id:nukayoro:20181123214741j:plain
トップキャップをスライドさせてリキチャを行います。10日間ほど一切使用せずに放置してみましたが、リキッド漏れも無く、ジュルりもきませんでした。とても優秀、優秀。漏れ耐性、ジュルり耐性の低いクリアロは嫌いです。

f:id:nukayoro:20181123214744j:plain
エアホールリングはNotchCore Atomizerの最下部にあります。漏れの心配はつき纏いますが、やはりボトムフローは味の出方に安心感があります。ボトムフローだと『これで味が出なけりゃ仕方がない』と思えますもんね。

f:id:nukayoro:20181123214827j:plain
ノッチコイルの推奨出力値は20~30W(BEST 25W)。推奨範囲内ではありますが、20Wでは弱いです。私は30Wで一番気持ちよくベーピングができました。

味はしっかりと乗せてきてくれます。クリアロ以上、RTA以下といったところでしょうか。ヘタなRTAには勝っていると思いますよ。NotchCore Atomizerのことを「クリアロだ」と考えていれば何の不満も覚えないのではないでしょうか。食感は完全にクリアロのそれ、やっぱりNotchCore Atomizerはクリアロだわ。

f:id:nukayoro:20181123214840j:plain
しばらく使った後、コットンだけを交換してみました。余裕です。楽勝です。何回分のコットン交換に耐えてくれるのかはわかりませんが、高コスパは確定でしょう。とにかくノッチコイルの取り扱いはやさしくやさしく。ノッチコイルの常ですが、過度に熱を入れるとアッという間に焼き切れてしまいます。ガンクはバーンで飛ばすより、やさしく洗って拭き取ってやったほうがいいと思いますよ。

f:id:nukayoro:20181123214855j:plain
『これ、使えるかも』(と毎回思ってますが)

私の通勤用VAPE環境はずーっと「Pico75+Clone Doggy」。Picoは3台目、Clone Doggyも3つ目です。サイズ、バッテリー容量、味、コスパ、それから漏れにくさが運用にハマったのでここから抜けられないんですね。机上の理論ではESPION Silk with NotchCoreは私の運用にマッチするはずです。ミストが多すぎる点が少し心配ですが。

来週から持ち出してみるか・・・




ベプログshopさんでも売ってました。

Joyetech Espion Silk 80W - ベプログショップ


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび