ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Ystar・RDA】Hell Demons RDA をもらいました

f:id:nukayoro:20181124171448j:plain

『結果にコミットする』

年商2倍以上、当期利益3倍以上。わずか2年という短期間で急成長、1000億超企業の仲間入りをしたRIZAPグループが今期赤字へ転落することが発表されました。159億円の黒字予想から70億円の赤字になるということは、200億円以上の利益の見込み違いがあったということです。企業が事故や災害、不祥事などで一気に赤字転落することはあれど、本業のトレーニングジム事業が黒字のRIZAPにそれが起こるとは。

RIZAPの場合は「負ののれん」を抱え過ぎていました。負ののれんとは『(例えば)純資産5億円の企業を3億円で買収し、差額の2億円を利益として計上』することです。5億円のモノを3億円で買えたのでお得、ってわけにはいきません。企業とは一般的には純資産より高値で売買されるモノなのです。純資産より安いということは倒産や訴訟のリスクを抱えた企業だということ。そういった企業の買収は瞬間的に利益をグンッと押し上げますが、すぐに立て直さないと致命傷となります。

RIZAPのやり方が間違っていたかと言えば一概にそうは言えません。RIZAPのおかげで息を吹き返した企業もたくさんあったのではないでしょうか。ただ、少し急ぎ過ぎましたかね。金が回るスピードに人(の能力)がついていけなかっただけでしょう。本業をここまで大きくした経営陣です。財務体質の健全化も不可能ではないと思いますよ。年商1300億の企業が倒れたらたいへんなことです。他人事ですが、がんばれ~


ベプログshopさんから、Ystar Hell Demons RDAをもらいました。

20180520104508

Ystarというブランドですが、私はすぐに消えると思ってました。RIZAPと違って上昇の期待もしていなかったのですが・・・

  • LEGEND RDA(購入)→ 捨てた
  • Fuumy RDA(購入)→ 捨てた
  • Beethoven RTA(ベプログさんにもらった)→ 捨てた
  • Nuwa RDA(購入)→ 気に入って使ってる

最初の3つで「どうしようもないメーカーさん」とのイメージが植わっていたのですが、Nuwa RDAとHell Demons RDAでその印象を改めました。「立ち位置は変だけど、おもしろいモノを作ってくれるメーカーさん」に。上昇気流に乗ったかな?

【Spec.】
 径:20mm
 高さ(ポジピン除く):27mm

f:id:nukayoro:20181124171619j:plain

  • 誰も作ろうとしない20mm径RDA
  • メノウ石で作られたドリップチップ
  • 大昔の仕様に先祖返りしたかのようなエアフローコントロール
  • 絶対に一般ウケしそうにないトップキャップの絵

やっぱり、へんなメーカーさんですわ。でもね、ベイパーが10人いれば、その内の6人くらいは気に入ると思いますよ。

f:id:nukayoro:20181124171632j:plain
『斬新なRBAを作り続けているYstarより、MTL式RDA 「HELL DEMONS」が登場!!』 これはベプログショップさんの売り文句なのですが、Hell Demons RDAはMTL向きではないと思いますね。他の優秀なMTL向けRDAに怒られますよ。絞り気味DL向けRDAとしておきましょう。

f:id:nukayoro:20181124171633j:plain
ちびちびとMTLでやるRDAだとは思えませんので「ニコチンソルト用」と銘打たれている点も疑問。私にとっては20W前後のベーピングがいい感じでしたが、その環境で30~40mg/ml濃度ニコチンソルトはきつすぎます。

f:id:nukayoro:20181124171638j:plain
今回は試しませんでしたが、BF-Pinが付属していますのでスコンカーでの使用も可能です。予備タンクもあるし、510ドリップチップ変換アダプタもあるしのフルセット。ほらね、付属のプリメイドコイルを見てもHell Demons RDAがニコチンソルト用とは思えませんね。0.6Ωのクラプトンコイルが付属してくるのですが、推奨出力値が20~40Wになっています。サブオーム40Wで高濃度ニコチンソルトリキッドを吸ったらぶっ倒れるかもしれませんよ。

f:id:nukayoro:20181124171720j:plain
どのパーツにも「Ystar色」がムンムンしています。どれだけ人と同じことをするのが嫌いなメーカーさんなのでしょう。無理やりオリジナリティを出そうとしている点が鼻についていた時期もありましたが、今は妥協しないスタンスを好意的に受け止めています。

f:id:nukayoro:20181124171645j:plain
「石でドリチ作ればいいんでね?」
「うん、それでいいんでね」

そんな会話の中から生まれたメノウ石ドリップチップが素晴らしい。触れ心地もいいし、食感もいいし、熱くもならない。少し背が低すぎるきらいがありますが、それを補って余りある存在感がなんとも言えません。エアの通り道はテーパー状になってはおらず、ズドンとストレートに通されています。

f:id:nukayoro:20181124171737j:plain
ドリチのサイズは810サイズ。汎用品との交換も可能ですし、アダプタを用いれば510ドリップチップを使用することもできます。でも、それは邪道ですね。Hell Demons RDAではメノウ石ドリチを使い続けるべきです。RDAを捨てる日が来たとしても、ドリチだけは手元に残しておくべきです。

f:id:nukayoro:20181124171739j:plain
園児の描いた悪魔。

「Hell Demonsなんだから俺が悪魔の絵でも描いておこうか?」
「うん、それでいいんでね。」

そんな会話の中から生まれたトップキャップのデザイン。見れば見るほど愛らしい。ちょっとへんに見えるかもしれませんが、RDAとしての出来がいいので許されると思う。

f:id:nukayoro:20181124171809j:plain
トップキャップはステンとクリアの2タイプから選ぶことができます。使い勝手は同じなので、見栄えで決めればいいと思いますよ。

f:id:nukayoro:20181124171816j:plain
ここから眺めるとドリップチップの形状の驚かされます。肉厚とかといったレベルではありません。ドリチの足が天井の大部分を占めるほどです。

f:id:nukayoro:20181124171824j:plain

手桶のようなデッキが個性的。

f:id:nukayoro:20181124171826j:plain
シングルコイル前提。ジュースウェルはそこそこ深いのですが、小さなRDAですからね、リキッドの保持量はどうしても少なくなります。リキチャ頻度が高くなりますので、それがめんどーな方はスコンカー運用で。

f:id:nukayoro:20181124171828j:plain
ポールに開いたここ(赤矢印)がエアホールです。Bottom to Side、エアはデッキの底から取り込まれ、サイドからコイルへと向かいます。リキッドがホールにまで至ると漏れてきますので、リキチャの際はレベル(エアホールの高さ)を意識しながらどうぞ。

f:id:nukayoro:20181124171837j:plain
ポールには2つの異なる大きさのエアホールが口を開けています。マイナスドライバーでポールを回し、そのどちらかのホールを選択します。

f:id:nukayoro:20181124171840j:plain
小さな穴と大きな穴。ドローの重さで、というよりコイルの大きさで決めればいいと思いますよ。Hell Demons RDAにおけるエアフローコントロールはここだけです。小さな穴を選んだとしてもMTLには軽すぎます。

f:id:nukayoro:20181127202136j:plain

エアはホントに " ボトム " から取り込まれます。ベースの形状から、Hell Demons RDAはMODには完全に密着しないことがわかりますよね。縁の切れ込みからエアが入ってくるようになっています。しかし、ここからリキッドを漏らしてしまったら、MODに悪影響を及ぼしてしまいそう。

f:id:nukayoro:20181124171852j:plain
ポジピンはしっかりと出っ張っていました。これだけ出ていればハイブリッド運用でも大丈夫。(お手元のポジピンは毎回ご確認を)

f:id:nukayoro:20181124171902j:plain
付属のクラプトンコイルを設置、約0.6Ω。

f:id:nukayoro:20181127204003j:plain
コイル足を止めるスペースはガイドもなく平坦な作り。ご想像通り、ネジを締め込むとコイル足はスルッと逃げてしまいます。クラプトンワイヤーを使う場合は苦も無いでしょうが、単線の場合はワイヤーを逃がさないよう気を使いながらネジを締め込んでやる必要があります。

f:id:nukayoro:20181124171904j:plain
ここまでコイルをエアホールに近づけると上からのドリップの際に伝い漏れを起こしてしまいます。リキッドはコイル足の方へ向かって落としてやったほうがいいでしょう。

f:id:nukayoro:20181127204034j:plain
ちょっとコットンを詰め過ぎましたかね。コットン足をモリモリにしようが、漉いてやろうが味の出方にそれほどの違いはありませんでした。元々小さなRDAです、無理やり「内部空間を狭くしてやろう」なんて意識せずとも大丈夫。

f:id:nukayoro:20181124172001j:plain
最初はドリチもしくはトップキャップを外してリキチャをしたほうがいいと思いますよ。「この角度でこれくらいドリップしても漏れない」といった感覚をつかんでしまえば、ドリップチップを付けたままでもリキチャはできます。私はドリチの細い穴にユニコーンボトルの先端を押し込んでいますよ。慣れるまで何度か漏らしましたけどね。

f:id:nukayoro:20181124172014j:plain
この隙間からエアが取り込まれます。ここではエアを絞る等の調整はできません。大昔のアトマイザーに同じような仕様のモノがありましたよね。アトマイザー側ではなく、MOD側にエア取り込み用の切れ込みがあったような・・・。使ったことがないので忘れました。

f:id:nukayoro:20181124172022j:plain
あら、かわいい。

クラプトンコイル 0.6Ω、Ystarさんお勧め出力の30Wで吸ってみます・・・・

・・・・あら、おいしい。まず、メノウ石のドリップチップがいいですね。唇への触れ心地がヌメヌメとしていい感じ。もう少し尖ったミストが上がってくるのかと想像していましたが、けっこうやさしい食感になっています。ドリチの触感がミストの触感に影響しているのでしょうね。ドローの調整がほとんどできないRDAですが、絞り気味のDLが好きな私にはちょうどいいところでした。

やさしいミストですが、味はカチンと輪郭のあるものになっています。これは24mm径以上の大径アトマイザーでは出せない味です。Ystarさん、やりますねえ。22mmをすっ飛ばして、一気に20mmにまで径を落としてきました。時代に逆行、ホントにYstarさんって人と同じことをするのがお嫌いなんですね。

f:id:nukayoro:20181124172026j:plain
この大きさでこの構造です。ショボいコイルでも十分味が出ると思います。0.8Ωのマイクロコイルを置いてメカMODで吸ってみます・・・・

・・・・かーっ、濃いなあ。フルーツミックス系のリキッドを吸うとよくわかると思いますよ。各々のフルーツをしっかりと感じることができるのではないでしょうか。へたにクラプトンコイルを使うよりマイクロコイルのほうが味分けをしやすくなったのは気のせいか。

f:id:nukayoro:20181124172030j:plain
コイルの高さを上げたり下げたりしてみましたが、私にとっては「こころもちコイルの下側にエアが多く当たる」高さがいい感じでした。少なくとも下げ気味より上げ気味がいい。

f:id:nukayoro:20181124172043j:plain
あら、かわいい。

長らくベイパーをやってらっしゃる方は皆体感して知っていることですが、22mm径あたりを境としてRDAの性格はガラリと変わります。ベイパーの「好み」とは、味だけでなく食感や利便性等を含め総合的に決められるモノではありますが、こと味だけで言えばやはり内部空間の小さな小径アトマイザーに分があります。もし、大径アトマイザーしか知らないベイパーさんがいらっしゃるなら、一度Hell Demons RDAを手にしてみてはいかがでしょう。違う世界が広がるかもしれませんよ。

チャレンジングなメーカーさんなので「結果にコミット」なんて口が裂けても言わないのでしょうが、独自性の強い立ち位置を確立したYstarさんのことはちょっと見直しました。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

 

Copyright © 2018 ぬかよろこび