ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Teslacigs・Starter Kit】WYE II 215W Mod Kit をもらいました

f:id:nukayoro:20181216142802j:plain

Teslacigsと言えばTesla Stealth、Tesla Stealthと言えばステルスMODの代名詞的存在。

Tesla Stealth 40W、Stealth 70W、Stealth 100Wの3台を所持しています。長尺RTA、特にKayfun V5にハマっていたときには必須のMODでした。どのTesla Stealth MODもコンパクトだったんですよね。そして、どれも重たかった。鉄の塊のような重さが如何ともしがたく、外に持ち出さなくなりました。ステルスMODは外出のお供にできなければ魅力は無きに等しい。結局、使わなくなってしまいましたね。

f:id:nukayoro:20181220213449j:plain
あっ・・・昔の記事から画像を引っ張ってきたのですが、当時はカーペットをバックに写真を撮っていたんですね。なんだかなつかしい。

あら? Teslacigsさんのサイトを覗いたところ、製品ラインナップからステルスMODが消えていました。RDAやRTAも消えたのか・・・ 没個性と言うか、パッと見で購買意欲がそそられる製品が無い。Teslacigsの製品ってインパクトの強いところが魅力的だったのですが、良いのか悪いのか、妙に落ち着いてしまいましたね。全体的に地味。

Teslacigs - HomePage


healthcabinさんから、Tesla WYE II 215W Mod Kit With Resin Tankをもらいました。

【Mod Spec.】WYE II 215W TC Box MOD
 Size:56 x 30 x 86mm
 Output Wattage:7 - 215W
 Output Mode:KA / TC-SS316 / TC-NI200 / TC-TI / TCR mode
 Max Output Voltage:7.5V
 Max Output Current:50A
 Battery:2 x 18650 cell
 USB Charging: 5V/1.5A
 Resistance Range:TC 0.05 - 3.0Ω / KA 0.1 - 3.0Ω
 Temperature Range:100 - 300℃ / 200 - 600℉

【Tank Spec.】Resin Subohm Tank
 径:25.5mm(バブルタンク 28mm)
 高さ(ポジピン除く):45mm
 タンク容量:4.0ml / 6.0ml

f:id:nukayoro:20181216142836j:plain

WYE II 215W Mod KitはMOD(WYE II 215W Mod)とクリアロマイザー(Resin Tank)のセット品。「どういった方がどこに目をつけてこの製品を買うのだろう」 いつもそう考えながら記事を書いているのですが、WYE II 215W Mod Kitでそれを見つけるのは無理でした。

f:id:nukayoro:20181216142844j:plain
とにかく「地味」なんですよね。飛びぬけて良いところがあるわけでも、致命的に悪いところがあるわけでもない。誰に向かって、どこをアピールしたいのがさっぱりわからない製品です。

f:id:nukayoro:20181216142854j:plain
これだけ地味な製品も珍しい。予備のタンクや予備のコイルヘッド等、付属品に不足はありません。不足しているのは魅力です。なにも心に響いてこないのです。

f:id:nukayoro:20181216142900j:plain
WYE II 215W Modは軽量が売り。筐体の多くはPC樹脂とABS樹脂から作られています。ABS樹脂は剛性、硬度、耐衝撃性などに優れた素材ですが、直射日光に弱いので日陰でベーピングしてください。

f:id:nukayoro:20181216142907j:plain
最初は違和感を覚えた筐体デザインですが、しばらく使用しているとこの安定感が頼もしく思えてきます。ただ、頼もしいだけでカッコいいとは言えないところ。花が無いんですよね、花が。

f:id:nukayoro:20181216142912j:plain
すべすべさらさらな手触り、艶を消したマットな質感です。よく見ると樹脂製にもかかわらず複雑な造形になっています。中途半端に上質なオーラを纏っていますね。上質がゆえに地味と感じるのかもしれない。いっそのこと割り切って超プラスチッキーにしてしまったほうが花があったかも。

f:id:nukayoro:20181216142919j:plain
MODのトップは26mm径のアトマイザーでツライチとなるサイズ。ここも含めて樹脂製、いわゆるプラスチック製ですが質感は悪くありません。

f:id:nukayoro:20181216142924j:plain
パフスイッチは大きく、ほんの少し斜め上を向いていることもあって指が届きやすい位置となっています。普通に押していればなんてことはないのですが、ゆっくり押すと引っかかりが気になることも。ググググッと触れ合う樹脂と樹脂を指先に感じます。また、クリックが浅いことも気になると言えば気になりますね。うーん、押し心地が良いとは言えないパフスイッチです。

f:id:nukayoro:20181216142930j:plain
ディスプレイは0.96インチの液晶、黒地に白文字がくっきりと浮かび上がっています。最近のMODディスプレイは解像度の向上によりドットが小さくなる傾向にありますが、WYE II 215Wのそれは昔ながらのドットが大きいモノ。ディスプレイサイズが大きい分、粗い印象を受けます。

各種設定の操作感は良し。パフスイッチ5連打で電源ON/OFF、3連打でメニューインとなります。ビギナーでなければマニュアルを見ずとも使えるでしょう。カーブモードが面白いですよ。出力設定をしている画面のままでテストのできるMODは珍しいのではないでしょうか。

f:id:nukayoro:20181216142934j:plain
ディスプレイの下にはUP/DOWNボタンとmicro USBポート。このポートからの充電は5V/1.5Aまで。ファームウェアのアップデートにも対応してそうですが・・・TeslacigsさんのサイトにはWYE II 215Wのファームウェアはアップされていませんでした。WYE II 215Wだけでなく全てのMODもまだみたい。Teslacigsさん、新しいファームウェアを作る気あります?

f:id:nukayoro:20181216142939j:plain
背面は刻まれたデザインになっており、手にした時に滑りにくいようになっています。これが無くたって滑らないでしょうけどね。

f:id:nukayoro:20181216142944j:plain
MODのボトムにベントホールはありません。あれれ?どうやってガス抜きをするつもりなのでしょう。バッテリーハウスを覗いてもガスが抜けていってくれそうな穴は見当たりませんね。あ、あれか。バッテリーが事故ったらサイドパネルがパキンと外れてくれるんだ、きっと。(それは危ない)

f:id:nukayoro:20181216142950j:plain
ガスの圧力で外れてくれる(かもしれない)サイドパネルははめ込み式になっています。パネルはMOD上部の爪に引っ掛けて押し込むだけ。ここは樹脂製の強みでしょう。パチンパチンとはめ込むだけでガタつきもなくしっかりと固定されます。

f:id:nukayoro:20181216142959j:plain
バッテリーハウスには電極の表示。やはりガスが抜けてくれるような穴は見つからないですね。

f:id:nukayoro:20181216143009j:plain
上部端子がスプリング式になっていることもあって、バッテリー装着はスムーズに行うことができます。リボンをバッテリーの下に敷いておけば取り出しもらくちん。

f:id:nukayoro:20181216143017j:plain
WYE II 215W Mod KitにセットされてくるクリアロマイザーはTeslacigs Resin Tank。こちらも地味。

f:id:nukayoro:20181216143019j:plain
立派なチャンバーが特徴的なクリアロです。パーツ点数が増えてしまうことが難点ですが、チャンバーを用いるクリアロは味の出方が安定します。

f:id:nukayoro:20181216143025j:plain
ただ、ちょいとこれが外れにくい。ネジ式になっていますので、プライヤーかなにかで固定させながら回してやりましょう。

f:id:nukayoro:20181216143033j:plain
ドリップチップは810サイズですので汎用品との交換が可能です。ドリチを差し込む部分が微妙に大きいので、汎用品を取り付ける場合はOリングが太めのモノを用います。トップキャップはスライド式ではないんですね。RTAならなんとも思わないのに、クリアロはスライド式になっていないと一言文句を言いたくなってしまいます。

f:id:nukayoro:20181216143035j:plain
左側のバブルタンクは容量が6.0ml、右側のストレートタンクは4ml。

f:id:nukayoro:20181216143042j:plain
コイルヘッドはTS-XX coil 0.18Ω(60-110W)とTS-120X coil 0.15Ω(70-120W)の2種類。両方共メッシュコイルとなっています。味の違いは・・・わかりません。こんな微妙な差を感じ取れるほど私の舌は肥えていません。

f:id:nukayoro:20181216143046j:plain
実はですね、ものすごく低いテンションでこの記事を書いているのです。上の画像で「なにかを拭き取った跡」があることがおわかりになるでしょうか。今回のWYE II 215W Mod Kit、パッケージ内部の白い接着剤がMODにもクリアロにもべったりと付着していたのです。さすがにそのまま撮影するわけにはいかないので、必死に剥がしましたよ。この作業に1時間近くかかってしまいました。もらいモノですから文句は言いませんが、自分で購入したモノだったら暴れているところでした。

f:id:nukayoro:20181216143054j:plain
トップキャップを取り外してリキチャ。ホール位置が深いところにあるので、多少荒っぽくリキチャをしてもこぼれることはないと思います。

f:id:nukayoro:20181216143057j:plain
バンバン焚いてなんぼのクリアロですのでエアもガンガン取り込んでやらなくてはいけません。絞ろうと思えば絞れますが、深呼吸をするように楽しむべきクリアロですから全開のスッカスカでどうぞ。

f:id:nukayoro:20181216143107j:plain

 0.18Ω、0.15Ω、2種類のコイルヘッドを試してみました。推奨値の範囲にある80Wで吸ったのですが、それほどコイル毎の差はありませんでした。味の乗り方は中の下といったところ。ジュルり耐性もありますし、リキッド容量もしっかり確保していますので大きな不満はないんですけどね。一昔前と違い、" 使えない " クリアロマイザーは無くなりました。業界全体が底上げされたことは間違いないのですが、Eleaf等の老舗とそれ以外のメーカーの差は依然として存在します。

Resin Tankはいらないと思う。購入するならMODだけでいい。

WYE II 215Wについては、樹脂製ならではの軽さと取り扱いの手軽さが取り柄。筐体デザインに好き嫌いは出るでしょうが、存在感だけはしっかりとあります。とても地味なので、間違ってもWYE II 215Wは人気商品にはならないでしょう。それゆえに「人と違うMOD」を求めるベイパーにはもってこいです。

感動する部分も無い。所有欲を満たせるわけでもない。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび