ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Eleaf・Pod Kit】Elven Pod Kit をもらいました

f:id:nukayoro:20190120091040j:plain

ご存知の通り、今VAPE界にはPod Kitが溢れかえっています。大手メーカーは複数の製品をラインナップしており、できたばかりの若いメーカーでも「MODは無いけど、Pod Kitならある」状態。Pod Kitがここまで流行するとは考えもしませんでした。

数はそこそこ出そろってきたものの、今ひとつパッとしなかったPod Kitの背中を押したのは間違いなく「JUULの登場」でしょう。ロサンゼルスに本社を構えるPAX Labs社のPod Kit「JUUL」は米国を中心として爆発的に流行しました。吸い応えのある高濃度ニコチンリキッドを気軽に摂取できることがウケて、わずか3年で米国電子タバコ市場で販売数シェアの5割を握ってしまったのです。流行りが過ぎて未成年にまで広がってしまったことで現在では社会問題の一つに。

膨れ上がったPod Kit市場に対してVAPEデバイスメーカーが攻勢をかけているところなのですが、新製品リリースのペースが速すぎてどこも他社製品との差別化が難しくなってきました。

「軽い、小さい、扱いやすい」が当たり前となる中、各社は形状、デザイン、機能において工夫に工夫を重ねながらユニークな製品を生み出そうとしています。そりゃそうです。これだけたくさんの数の製品が並んでおればVAPE界に生を受けた瞬間に埋もれてしまいますからね。各メーカーの企画・設計担当者はたいへんな思いをしていると思いますよ。

そんな中、変わり種Pod Kitが大手メーカーからリリースされました。


VapeSourcingさんから、Eleaf Elven Pod Kitをもらいました。

【Spec.】
 Size:100 x 20 x 10mm
 Weight:24g
 Material:Aluminum Alloy + Plastic
 Battery Capacity:360mAh
 Capacity:1.6ml
 Coil Resistance:1.6Ω
 Power Range:5W-15W
 Charging Current:370mA / DC5V

f:id:nukayoro:20190120091216j:plain
このPod Kitすごいな・・・

男性的でもなければ、女性的でもない。
高品質というわけでもなければ、質感が低いというわけでもない。
とびきりの性能もなければ、特に不満を覚えることもない。

存在感が無い。
中庸・・・すべての面において中庸。

f:id:nukayoro:20190120091223j:plain
かっこいいわけではない。でも、ぶさいくでもない。
味がすごく出るわけではない。でも、まったく出ないわけでもない。
わりと扱いやすい。でも、手にしっくり馴染むわけでもない。

存在感が無い。
中庸・・・すべての面において中庸。

f:id:nukayoro:20190120091226j:plain
中庸、中庸とディスっているように聞こえてしまいますが、実はこれホメてるんですよ。ここまで自らの存在を消し去ったかような製品はそうそう出会えるものではありません。Pod Kitの運用面から考えると、希薄な存在感は一つの武器です。

f:id:nukayoro:20190120091228j:plain
バッテリー、1.6ΩのPodがふたつ、充電用ケーブル、そしてマニュアル。付属品はありがちな内容です。もうこの時点から中庸感が溢れ返っていますよね。

f:id:nukayoro:20190120091240j:plain
マニュアルには日本語表記があります。このあたりは「さすがEleafさん」といったところでしょうか。VAPE経験者ならマニュアルを読まずとも感覚的に使用することができる製品です。ただ、Elven Pod Kitはリアルタバコからの移行組の窓口となるであろうPod Kitです。日本語表記があるに越したことはないですよね。

f:id:nukayoro:20190120091233j:plain
Elven Pod Kit、いったい何度見失ったことか。自宅に何本も転がっているボールペンの如き存在感の薄さです。『あれ?Elven Pod Kitをどこにやったっけ?』テーブルの上で発見、ペン立てで発見、ジーンズのポケットの中で発見、会社デスクの引き出しの中で発見・・・そこに置いた記憶がありません。自分がElven Pod Kitの存在をまったく意識していないことがわかります。

f:id:nukayoro:20190120091246j:plain
こちらがPod。仕込まれているコイルは1.6Ω、リキッド容量は1.6mlとなります。この抵抗値にこの容量は高濃度ニコチンソルトリキッド運用にぴったり。このPod、本体に差し込む向きによってドローの重さを変えることができるんですよ。

f:id:nukayoro:20190120091322j:plain
メーカーサイトから画像を拝借してきました。Podにも本体にも片側サイドにだけエアホールがあります。互いのエアホール同士を合わせることでドローを軽くすることができるのです。MTL運用、DL運用はPodの向きで切り替えるというわけ。

f:id:nukayoro:20190120091249j:plain
ゴムパッキンを持ち上げてリキチャ。漏れ耐性の高いPodですよ。吸ったり吹いたり手荒く扱ったりしてきましたが漏れは一切ありませんでした。放置耐性もなかなか、数日間の放置程度ではジュルりとこなかったですね。

f:id:nukayoro:20190120091256j:plain
リキッド残量確認窓はこんな感じでとても見やすいモノ。私は確認窓を覗くこと自体が面倒なので、(Elven Pod Kitに限らず)リキッド残量はPodを引き抜いて確認していますけど。

f:id:nukayoro:20190120091303j:plain
お尻に開いたmicro USBポートから充電。LEDのカラーはバッテリー残量を示します。

f:id:nukayoro:20190120091310j:plain
グリーンはバッテリー残量60%以上、ブルーは20~59%、レッドは19%以下を表しています。

f:id:nukayoro:20190120091316j:plain
咥え心地がいいわけではないけど、悪いわけでもないドリップチップ部。Podの吸い口のことをドリップチップ部と呼ぶのはどうも違和感があるな。" 吸い口 " は英語でなんて言うんだっけ。" マウスピース " か・・・ボクサーでもあるまいし。今後は " 吸い口 " にしとこっと。

f:id:nukayoro:20190120091330j:plain
Elven Pod Kitにパフスイッチはありません。吸い込めば自動的に電源が入るオートスイッチになっています。オートスイッチはミストが出てくるまでのタイムラグが使い心地の悪化に繋がるのですが、Elven Pod Kitはなかなかのレスポンス。優秀ですよ。

味の乗りは平均的。Pod Kitはね、平均以上であればなんでもいいんですよ。そもそも味わうためのデバイスではありませんからね。どれだけ爽やかにニコチン摂取できるかが勝負どころです。MTLとDLを切り替えることができるし、漏れないし、ジュルらない。私はこれで十分だと思いますよ。

そんなことより、声を大にして言いたいのは「希薄な存在感」のこと。とても軽くて小さいElven Pod Kitは物体としての存在感が希薄です。デザイン面、性能面の中庸さがそれに拍車をかけまくっています。ホント、何度置き忘れたことか。

この存在感の無さがElven Pod Kit最大の特徴です。製品にひとつでも不満な部分があればここまで希薄にはならないはず。生活に完全に溶け込んでいるところからすると、Elven Pod Kitは(無意識で運用のできる)優秀な製品と言えるのではないでしょうか。

ところで、私のElven Pod Kitを知りません?3日ほど前から行方不明なのですが。





にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび