ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Aspire・Clearomizer】Nautilus 2S をもらいました

f:id:nukayoro:20190223164103j:plain

 クリアロマイザー 数々あれど、
 クリート アトラン ノーチラス、
 あなたも わたしも アスパイア

太古の昔からVAPE界で詠われてきたクリアロマイザーの歌です。クリアロのオススメを聞かれたら、とりあえず「Cleito」、「Atlantis」、「Nautilus」あたりを推しておけば間違いがないといった意味の歌ですね。これすべてAspireの製品なんですよ。

特にNautilusはずっと昔から有名でした。クリアロを語るときは『ノーチラスと比べると〇〇〇だね』とか『ノーチラスよりも〇〇〇っぽいよね』とか言っておけば " 通 " ぶれたものです。それほどまでに偉大な Nautilus、2014年からのロングセラー製品です。

いやまあ、お粗末なお話しなのですが、実は私ここまで書いておきながら Nautilusのことをほとんど知らないのです。『Nautilusはいいよ~』と知人に勧めたこともあるのに実際は触ったこともなかった、というのはここだけのお話。ま、知人は知人で満足しているみたいなので、まあいいか。あいかわらずてきとーですね。



ベプログshopさんから、Aspire Nautilus 2Sをもらいました。

20180520104508

【Spec.】
 径:23mm
 高さ(ポジピン除く):53mm
 タンク容量:2.6ml

f:id:nukayoro:20190223164129j:plain
ずっと心に引っかかっていたNautilusが我が家へやってきてくれました。Nautilus 2S、Aspireのクリアロマイザーです。ベプログさん、ありがとう。美しいじゃないか。

f:id:nukayoro:20190223164149j:plain
実はベプログさんからは ピコラス2S スターターキットとしていただいたのです。Pico21700とNautilus 2Sを組み合わせたベプログオリジナルセットからNautilus 2Sだけを引っこ抜いて今回記事にしました。Nautilusに触れたことがうれしくって。

f:id:nukayoro:20190223164151j:plain
コイルヘッド、ドリップチップ、ガラスタンクの予備が付属しています。マニュアルに日本語表記は無さそうですね。ピコラス2S スターターキットであれば、ベプログさんが親切丁寧な日本語の説明書を付けてくれてますのでビギナーさんでも大丈夫。

f:id:nukayoro:20190223164153j:plain
正直に申しますと、Nautilus が Nautilus 2 になったとき『野暮ったいデザインになってしまったなあ』と思っていました。Nautilus 2Sも同じ印象でしたが、実物はとてもいいですね。かっこいいとは言えないまでも、いい味を出しています。昔の人が描いた宇宙人っぽいな。

f:id:nukayoro:20190223164155j:plain
パーツのひとつひとつは、いかにも大手のマスプロ品といった感じ。精度にはまったく文句はありません。ただ、せっかく特徴的で目立つドリップチップを採用したのですから、トップキャップとの質感は合わせておいてほしかった。ドリチとトップキャップは表面の仕上げが異なるのです。

f:id:nukayoro:20190223164157j:plain
ドリップチップは510サイズですので汎用品との交換が可能。長さ25mmもあるドリチが目立ちますね。これ、食感も咥え心地もなかなか優秀です。予備のドリチも付属してきますが、せっかくなので長い方を使いましょ。MTLな方もDLな方も。

f:id:nukayoro:20190223164644j:plain
トップキャップはネジ式です。クリクリと一番上まで回してからスライドさせてやると、リキチャホールが顔を見せてくれます。片手ワンアクションでスライドができる製品と比べれば少しめんどーですけどね、なんだか味があるように思えませんか。リキチャの際の儀式みたいなものです。厳かな気持ちでクリクリ回しましょう。

いかんな。Nautilusってだけで私のハードルが下がっている気がする・・・

f:id:nukayoro:20190223164650j:plain
標準でセットされているコイルヘッドは 1.8Ω(10 - 14W)、予備は0.4Ω(23 - 28W)。Nautilus 2Sと印字されている0.4Ωのほうは専用品ですかね。Aspireさんでは珍しいサブオームコイルです。個人的には0.4Ωが好印象。

f:id:nukayoro:20190223164700j:plain
印字されている「Eigate」とはShenzhen Eigate Technology Co., Ltd.のこと。Aspireはこの会社のブランドの一つです。

f:id:nukayoro:20190223164710j:plain
トップキャップをスライドさせてリキチャ。前身のNautilus 2はトップキャップをガポッと外して、むき出しのタンクに注ぐチャージ方式でした。進化してますね。

f:id:nukayoro:20190223164723j:plain
ガラスタンクの多くはトップキャップに覆われています。これ、ガラス保護のためなのでしょうが、それはどうでもいい。Nautilus 2Sでは、開口部から見えるリキッドがとてもきれいに思えるのです。他のアトマイザーに同じリキッドを入れて並べるとそれが明確に。トップキャップの覆いには額縁効果があるようですね。

f:id:nukayoro:20190223164726j:plain
エアホールにはDL用の大きなホールとMTL用の複数の小さなホールがあります。エアホールはいい感じでぬるぬると動いてくれますね。大きなホールを全開、少し重めのドローなDLがとても心地いい。気になったのは小さなホールでしょうか。きっつきつのドローを楽しむことができるのですが、徐々に絞っていくとあるところから急激に味の乗りが悪くなってしまいます。絞りすぎにご注意を。

f:id:nukayoro:20190223164734j:plain
上の画像は、Eleaf iStick Pico21700 と Nautilus 2Sの組合せ(ピコラス2S スターターキット)。ベプログさんのオリジナルセット商品に、Pico 21700とRevvo Tankを組み合わせたピコレボ 21700スターターキット があります。味わいのピコラス、爆煙のピコレボですね。


さて、Nautilus 2Sですが・・・

まず、ドリップチップがおもしろい。この咥え心地は初体験な方も多いのではないでしょうか。ストローを咥えているかのような感覚が新鮮です。細長い管を上がってくることもあって、ミストもきれいに整っていますよ。Nautilus 2Sは他のクリアロマイザーに比べて熱を持ちやすいところがありますので、延々とチェーンすることは難しそうですけどね。

ドローを絞りすぎると多少落ちるところがあるものの、総合的に味の出方は一級品です。クリアロと言うよりもRTAに近い感覚がありますね。複雑なフレーバーのリキッドがとても活きてきます。特に0.4Ωのコイルヘッドが秀逸、どんなリキッドにも合う万能選手です。なにを吸ってもおいしく感じますよ。

ヤバいなこれ・・・

私のRTA離れが加速しそうな気がする・・・






にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび