ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【VAPJOY・MOD】FUFDA PRO MECH MOD を買いました

f:id:nukayoro:20190223234445j:plain

ある統計では、「メンタルヘルス不調者が在籍している」企業は6割に上るとなっています。

私は毎年管理職向けのメンタルヘルス研修を受講しているのですが、この問題が急激に深刻化していることを感じます。当然、個々のケアについて焦点を当てることも大切ですが、企業としては事業存続の観点でも物事を考えなくてはいけなくなっています。

私が属する業界では既に顕在化しているのですが、少子化に伴う労働力の不足が社会問題になっています。いくら「モノ」と「カネ」があっても、「ヒト」がいなくては事業存続はできません。企業はメンタル問題で労働力を減少させるわけにはいかないのです。この問題にしっかり取り組む企業、メンタル不調者とうまく付き合っていける企業が最後に勝つのではないでしょうか。

「つらければ辞めればいい」なんて悠長なことは言ってられないのですよ。メンタル不調者に退職勧告をする前にそんなことを口にする管理職を降格させたほうがよっぽどその企業のためになります。

私の周りに関すれば、メンタル不調者は真面目な方が多いような気がします。過剰な仕事量を抱えているにも関わらず、手を抜くことなくそれを遂行しようとする真面目な方が。「知らなかったことにしよう」とか「見なかったことにしよう」といったユルい感覚もある程度必要なのかもしれませんね。

 

私が最近「見なかったことにしよう」としていたのがこちら、VAPJOYのFUFDA PRO MECH MOD。
f:id:nukayoro:20190223234603j:plain
荷物を開梱した瞬間、『これ、あかんやつや。』とピピッと感じました。『おやすみなさい・・・』パッケージをそっ閉じしてそのまま半年ほどスティープしてやりました。見なかったことにしておきたかったのです。


VAPJOY FUFDA PRO MECH MODを買いました。

VAPJOY-ECIG, A Brand for Premium ECIG Device

【Spec.】
 Size:83.65 x 28.1mm
 Weight:128g
f:id:nukayoro:20190223234555j:plain
メカニカルチューブMODは単なる金属の筒です。電池から直接電気を取り出すような極めて危険なデバイスを一部のベイパーはなぜ好むのか。" 色気 " と " 馴染み " に尽きるのではないでしょうか。金属が織り成すなんとも言えない色気に誘われ、ベイパーはメカチューブを手にします。そして、手にしっくりと馴染んでくるにつれて手放せなくなるなってくるのです。機能性や理屈ではない世界ですかね。

f:id:nukayoro:20190223234614j:plain
で、このFUFDA PROなのですが、全体的にはとてもきれいに作られています。ブラスの筒を包み込むSS(stainless steel)の加工もピシッと気合いが入っていますし、塗装もしっかりと乗っています。ただね、色気が無いのです。無味無臭というか、無機質というか・・・触れてみたいとの気持ちが湧いてこない。購入して半年間も放置してしまったのはそれが原因でした。『じゃあ買うなよ』と言われるとまったくもってその通り。ポチッた理由が自分でもまったくわからないのですから。

f:id:nukayoro:20190223234610j:plain
FUFDA PROはハイブリッド接続のMODです。メカMOD、特にハイブリッド接続の製品には使用に細心の注意が必要です。バッテリーは正常品か、被覆は破れていないか、アトマイザーのポジピンはしっかり出っ張っているか等、チェックすべきところはしっかりと見ておきましょう。あと、バッテリーはアトマイザーを取り付けた後に投入しましょうね。

f:id:nukayoro:20190223234616j:plain
こちらがスイッチ、すごーーーーーっく押しにくいスイッチ。スイッチの重さは絶品です。これを「手に馴染むわ~」と言えるベイパーがいるならお会いしたい。ごめん、うそ、脳みそから指先までガッチガチの筋肉でできているような人には会いたくない。

f:id:nukayoro:20190223234618j:plain
スリーブが二重化されているので4ピースの構成。金属の切削はきれいなんですけど、触っていてもワクワクしませんね。クローンのほうがよっぽど楽しいんじゃないかな。

f:id:nukayoro:20190223234631j:plain
トップパーツの裏側はこんな感じ。この面に絶縁シートを設けてくれたりする丁寧なメーカーさんもありますが、FUFDA PROは金属むき出し。

f:id:nukayoro:20190223234634j:plain
ブラスのスリーブとSSのカバーには切り欠きが作られていますので、カチッと固定させることができます。カバーだけがくるくる回るなんてことはないわけですね。もし回ってしまうと、カバーがベントホールを隠してしまうかもしれませんしね。

f:id:nukayoro:20190223234654j:plain
ブラスのスリーブにはベントホールが16ヶ所も開けられています。どういった握り方をしていたとしても、ガスをうまく逃がしてくれるでしょう。スリーブとカバーの開口部はきっちりと合っています。

f:id:nukayoro:20190223234658j:plain
すごーーーーーっく押しにくいスイッチに採用されているコンタクトピンはカッパー(っぽい)ですね。黒いリングパーツはバッテリーのがたつきを抑えるためのモノ、スリーブ内でバッテリーが遊んでいる場合はリングを上昇させてバッテリーをきっちりと固定させます。
f:id:nukayoro:20190223234719j:plain
メカチューブMODのスイッチにはスプリング式とマグネット式がありますが、FUFDA PROはスプリング式を採用しています。スイッチの重さの元凶がこのスプリングなんですね。線径が大きいくせにスプリング径が小さいのです。そりゃ、重たいわけだ。自由長を変えずに巻き数をひと巻き減らすくらいが良かったのではないでしょうか。スプリングを取り替えない限り、一般人には扱えません。

f:id:nukayoro:20190223234724j:plain
オームメーター(もしくはテクニカルMOD)でショートしていないことを確認したアトマイザーを先に取り付けてからバッテリーを投入します。

f:id:nukayoro:20190223234728j:plain
メーカーさんのサイトによれば、FUFDA PROは24mm径と25mm径のアトマイザーにフィットするそうです。というわけで24mm径のRDAを載せてみました。うん、たしかにこれ以上小さいと不格好になりそうです。

f:id:nukayoro:20190223234739j:plain
25mm径のアトマイザーがジャストフィット。

パーツパーツの作りもいいし、脱着もスムーズ。スレッドもきれいに切られているし、トップとスイッチに施されたローレット模様も悪くない。なのにどーにもこーにもテンションが上がってきません。なんなんだ、このMODは。

f:id:nukayoro:20190223234744j:plain
いてててっ・・・ てててっ・・・・・・・・・ぶんっ

窓開けてぶん投げてやりました。

スイッチが重い点は目をつぶりましょう。いつもと握り方を変えればなんとかなりますから。ただ、握り手が痛くなるのはなんともなりません。「重いスイッチを押そうと思えばどうしても手に力が入ります。スリーブカバーにたくさん設けられた縦長の開口部が手に当たって痛いのなんのって。「手にしっくり馴染むMOD」とは3000kmほどかけ離れた作りです。

まったく使えない不良品ならなんとも思わないのでしょうが、なまじ使えてしまうことに腹が立つ。薄汚れた作りなら平気なのでしょうが、なまじきれいに作られていることに腹が立つ。自分さえ我慢すればちゃんと使えるきれいなMODを廃棄する罪悪感に腹が立つ。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび