ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Eleaf・Starter Kit】iJust 21700 with ELLO Duro をもらいました

f:id:nukayoro:20190310202309j:plain
昨年うちの会社を去った村上くん。このブログでも何度か登場してもらいました。彼は元気にしているのだろうか・・・彼の記憶が薄れてきたなあ。どんなベイパーだったのか過去記事を読んで思い出そう・・・

「ぬかよろさん!こんなの使いどころ無いっすよ!もっとイケてる提供品持ってきてくださいよ!」

「しっかりしてくださいよ、ぬかよろさん!いいですか?ぴゅーっ理論っすよ、ぴゅーっ理論!もう、面倒見切れないっすよ!」

「ぬかよろさん、バカぢゃねwwww どんなデッキかを見ずにアトマをポチるなんて、バカぢゃねwwww」

「ぬかよろさんの記事には魂が入ってないんすよ!俺が記事を書いてやりますよ!俺の熱い魂を見せてやりますよ!」

「ぬかよろさん、それはそうとボク今月末で会社変わるんで早く提供品を持ってきてくださいよ! あと3日しかここにいないんすから!」

そっか・・・こんな感じだったよね・・・あっ・・・なんか無性にハラが立ってきた。彼のことを思い出すのはやめておこう。



Eleafさんから、iJust 21700 with ELLO Duroをもらいました。 

【Mod Spec.】iJust 21700
 Size:25 x 97mm
 Weight (without cell):55g
 Battery type:single 21700 / 18650
 Output wattage:80W max
 Resistance range:0.1Ω-3.0Ω

【Tank Spec.】ELLO Duro
 ベース径:25mm
 エアフローリング径:26.5mm
 タンク径:29mm(バブルタンク)
 高さ(ポジピン除く):51mm
 タンク容量:4ml(ストレート) / 5.5ml (バブル)

f:id:nukayoro:20190310203002j:plain
脈々と続くEleaf iJustシリーズの系譜にバッテリー交換式製品が加わりました。そう言えば、村上くんは iJust2を愛用していたなあ。iJustディスり記事になってしまいそうなので、彼のことを思い出すのはやめておこう。

iJust 21700はセミメカMOD。載せるアトマイザーの抵抗値やバッテリーの性能に応じて出力が変わってきます。安全制御機能を持つ " セミ " とは言え一応 " メカ " ですからね、超抵抗値のコイルや怪しげなバッテリーの使用は止めておきましょ。

f:id:nukayoro:20190310203014j:plain
iJust 21700が電池交換式となり、18650バッテリーと21700バッテリーが使用できるようになりました。18650専用にして筐体をコンパクトにしてもよかったのでは? とも考えたのですが、これまでiJustに内蔵されてきたバッテリーは3000mAhでしたからね、既存ユーザーのリプレースを促すには18650では容量不足だったということでしょう。

f:id:nukayoro:20190310203022j:plain
予備タンク、予備のコイルヘッドもちゃんと付属されてきます。別で買えるとは言え、タンクの予備はあってほしいですもんね。基本的にiJust 21700では21700バッテリーを使用します。18650バッテリーを用いる場合は付属されてくるアダプタを利用。

f:id:nukayoro:20190310203056j:plain
今回Eleafさんから送られてきたカラーは「Dazzling」、きれいなレインボーカラーです。iJust 21700のカラーはこの「Dazzling」以外に「Purple Blue」、「Silver」、「Red」、「Black」をラインナップ。

f:id:nukayoro:20190310203100j:plain
かっこいいと思えど高価で手が出ないのですが、自動車のチタンマフラーってこんな感じの焼き色が付くんですよ。たまにはこういったサイケなカラーもいいですよね。

f:id:nukayoro:20190310203102j:plain
MODのトップは25mm径のアトマイザーにジャストフィットするサイズ。iJust 3やiJust ECMと同じサイズですので、それらからの買い替えや買い増しは違和感なく行えるでしょう。

f:id:nukayoro:20190310203104j:plain
おっ、パフスイッチの質感が大きく向上していますね。iJust ECMでは正直「ショボっ、最悪やん」と思ったものですが。質感といい、形状やサイズバランスといい、過去最高でしょう。押し心地も落ち着いたものでとてもいい感じ。

f:id:nukayoro:20190310203137j:plain
ボトムには真ん中にベントホールが開いています。実際バッテリートラブルでガスが噴き出した場合、この大きさで足りるのか否かはわかりませんが、目につきやすいところにベントホールのあるMODには安心感を覚えます。

f:id:nukayoro:20190310203139j:plain
MODボトムの電池蓋を外してバッテリーイン。「+」を頭にして投入します。

f:id:nukayoro:20190310203149j:plain
18650バッテリーを使用する場合はこのようにアダプタを利用します。

これまでのiJustシリーズの内蔵バッテリーは3000mAh、18650バッテリーは2500mAh前後、21700バッテリーは4000mAh前後。やはりここは21700の使用で大容量のメリットを享受すべきところでしょう。

f:id:nukayoro:20190310203151j:plain
以前は「MODでは最低限の制御しかできないので直充電は避けたほうがよい」と言われることもありましたが・・・ これだけ中国製基板の信頼性が上がってきた今日、有名メーカーさんのデバイスなら直充電でもたぶん大丈夫でしょ。そもそも、専用のバッテリーチャージャーもほとんどが中国製ですしね。

f:id:nukayoro:20190317090338j:plain
バッテリー残量はパフスイッチ周りのLEDランプで表示してくれます。してくれているはず・・・うちのiJust 21700はここがまともに光ってくれないんですよね。手で影を作ってようやくわかる程度の光り方なのです。まあ、ランプでバッテリー残量を把握するなんて運用はしないので別にいいんですけど。iJust21700はセミメカMODなので、元気が無くなって(残量が減って)くればなんとなくわかりますよ。

f:id:nukayoro:20190310203204j:plain
iJust 21700に組み合わされるクリアロマイザーはELLO Duro、「おいしい」と定評のある製品です。ELLO Duroに関しては過去記事にも登場していますので、よろしければどうぞ。
Eleaf Lexicon with ELLO Duro をもらいました

Eleaf iStick NOWOS with ELLO Duro をもらいました

f:id:nukayoro:20190310203205j:plain
あれ? こんな形のタンクなんてありましたっけ? バブルタンクとストレートタンク以外にもあったのですね。同じバブルタンクでも角の立った変わった形状です。

f:id:nukayoro:20190310203217j:plain
ドリップチップは810ハーフインチサイズですので汎用品との交換ができます。あいかわらずイケてない見映えのドリチですよね。タンクにデザインを合わせているので仕方のないところではありますが、基本的にクリアカラーのドリチは内部の汚れが目立つのできらいです。

f:id:nukayoro:20190310203219j:plain
おもしろい形状のバブルタンクですね。このタンクで5.5mlのリキッドを保持します。うーん、この大きさなら7~8mlほど入ってもおかしくない気がするんですけどね、最近はコイルヘッドがデカくなる一方ですから仕方がないか。

f:id:nukayoro:20190310203221j:plain
知ってたけど、コイル デカっ! このコイルヘッド、直径が17mmもあるのです。こんな大きなコイルがタンクの中に鎮座しているわけですから、そりゃリキッドもたくさんは入れられませんよね。

猫も杓子もといった感じで最近流行りのメッシュコイルが採用されています。抵抗値が低くなるきらいはありますがメッシュコイルは味を乗せやすいですからね、この風潮はいいと思います。Eleafさんのコイルヘッドは優秀、常に他メーカーのベンチマークとなりうるレベルをずっとキープしています。" Eleafのコイルヘッド " というだけで「間違いない」って気分に私はなりますよ。

f:id:nukayoro:20190310203231j:plain
トップキャップをスライドさせてリキチャ。らくちんらくちん。

f:id:nukayoro:20190310203233j:plain
ヌルヌルと動くエアフローリングは触っていて気持ちがいい。用も無いのに気が付けばヌルヌルとやってしまっています。ドローは基本的にスッカスカです。ホール開度が30%を切ったあたりでようやく「少し絞れたかな」って感じ。がっつり絞るようなクリアロでもないので、これでいいんですよ。

f:id:nukayoro:20190310203235j:plain
この状態では外に持ち出すことはありません。やっぱりバブルタンクはかっこ悪いですからね、自宅専用です。持ち出す際はやせ我慢であろうがストレートタンクに換装です。

iJust 21700は電池交換式、それも21700バッテリーを使える点が大きいですね。バッテリー残量をさほど気にせず運用ができるのは精神衛生上とてもいいものです。人気のiJustシリーズですが、セミメカチューブMODとしては完成形に近いのではないでしょうか。

ELLO Duroのほうも文句がありません。じっくり味わうタイプではありませんが、ミストの量(爆煙)と味の乗りがとてもいい感じでバランスされているクリアロだと思いますよ。クリアロの良し悪しはコイルヘッドに依存してしまうもの。コイルヘッドの質でEleafに勝てるメーカーは無い。たぶん。知らんけど。(信者)

Eleaf iJust 21700 with ELLO Duro - Eleafworld

Eleaf iJust 21700 with ELLO Duro - HealthCabin

Eleaf iJust 21700 with ELLO Duro - VapeSourcing

Eleaf iJust 21700 with ELLO Duro - HeavenGfts


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび