ぬかよろこび in VAPE

ぬかよろこび in VAPE

Nukayorokobi in VAPE[nukayoro.vape@gmail.com]

【Teslacigs・Clearomizer】ONE Tank を買いました

f:id:nukayoro:20190317211227j:plain

・・・・・・ ハッ!

我に返りました。私、どうかしてたようです。Teslacigs ONE Tankのおかげで我に返ることができました。さすがはTeslacigs、ブレませんね。一本芯の通った彼らの確固たるスタンスは揺らぐことなく製品に反映されていました。

NuNu Tank(OG Tank)で初めて使い捨てクリアロマイザーを手にした時の衝撃。影響はあまりにも大きく、それ以降私は使い捨てクリアロに走ってしまいました。ビルドどころかコイルヘッドの交換さえも不要だし、しっかりおいしいし、洗浄もいらないし・・・

『これは楽だわwwww』

『十分おいしいしwwwwwwww』

『RTAも普通のクリアロもこの世から消えてしまえwww』

『ビルドなんてバカらしいことやってらんないしwww』

堕落ベイパーの道をひた走っていたそんな私の足を止めてくれたのはTeslacigsのONE Tank。おかげで、使い捨てクリアロマイザーへの熱が冷めました。Teslacigsは神かもしれん。


Teslacigs ONE Tankを買いました。
あいからず " 素人作品に毛の生えたレベル " の製品です。Teslacigsはブレません。

【Spec.】
 径:23.5mm
 高さ(ポジピン除く):40mm
 タンク容量:3ml
 コイル抵抗値:0.2Ω(40 - 70W)

f:id:nukayoro:20190317211249j:plain
Teslacigs ONE Tankは使い捨てのクリアロマイザー、3個入で13ドル(1個あたり約480円)の製品です。私はメンソ素グリ主体の運用なので、コイルの持ちが一ヶ月ほどになることもあります。一ヶ月 500円で済むのなら安いものです。

f:id:nukayoro:20190317211253j:plain
今回、ONE Tankを購入した理由はその径にありました。NuNu Tank(OG Tank)もそうですが、使い捨てクリアロって24mm径が多いのです。これってiStick Pico75に載らないってことなんですね。ONE Tankの径は23.5mm。『もしかしてPicoに載るんじゃね?』と考えたことが購入の動機。

f:id:nukayoro:20190317211255j:plain
使い捨てクリアロマイザーですからバラすことはできません。洗浄不要ですからバラす必要がないんですよね。ドリップチップもタンクとの一体型ですので、当然交換なんてできません。

f:id:nukayoro:20190317211304j:plain
全身がPC樹脂で覆われたONE Tankのリキッド容量は3ml。バラすことができないのですからコイルヘッドの交換はできませんよ。コイルの寿命がくれば潔く本体ごとポイッです。全身樹脂とは言え、コイルヘッドは金属ですので不燃ごみですね。

f:id:nukayoro:20190317211307j:plain
コイルは流行りのメッシュコイルで抵抗値は0.2Ωとなっています。ここがTeslacigsのすごいところ。メッシュコイルを採用しながらも、ここまで薄味に仕上げるのはたいへんなことだったでしょう。メッシュを使えばバカでも味を出せる、と考えていた私にとっては驚きの事実でした。いったいどこをどうすればここまで味を乗せないなんてことができるのでしょうか。

f:id:nukayoro:20190317211311j:plain
AFC(エアフローコントロール)にも驚きです。ここにTeslacigsが持つ技術の粋が集まっています。無段階調整式のエアホールなのですが、さすがはTeslacigs、いい感じです。全開だと当然スッカスカ、なんと全閉にしてもスッカスカ!どこをどうすればこんな製品が生まれるのか素人の私には想像もつきません。ホールを全閉にしたとしてもエアをしっかり取り込む先端技術がONE Tankには盛り込まれています。

f:id:nukayoro:20190317211327j:plain
シリコンキャップを開けてリキチャ。ここは他の使い捨てクリアロ製品と同じですね。

f:id:nukayoro:20190317211331j:plain
ユニコーンボトルによっては先端が入り込んでくれません。他と比べて少し小型(23.5mm径)な製品ですので仕方がないところですかね。リキチャはゆっくり行えばこぼさないで済みますし、ここに大きな不便は感じませんよ。

f:id:nukayoro:20190317211333j:plain
じゃじゃん!狙い通り!iStick Pico75に載りました。私が求めていたのはこのサイズだったのです。Pico75に載る使い捨てクリアロマイザーは初めて。

元々は万が一のときのために使い捨てクリアロを求めていたんですよね。会社でRTAのタンクを割ったことがあったので、そういう場合の予備としてデスクに一つ置いておきたかったのです。出勤時はPico75しか使わないので、とにかくそれに載る使い捨て製品が欲しかった。

f:id:nukayoro:20190317211343j:plain
あきらかに電池蓋に接触していますが全然大丈夫。ONE Tankは樹脂製ですから電池蓋を傷つけるようなことにはなりません。

f:id:nukayoro:20190317211345j:plain
ONE Tankに出会うまでは『どこのメーカーの製品でも、使い捨てクリアロマイザーはイケてる』と考えていました。使い捨てクリアロを使っている限り失敗は無い、とね。ONE Tankのおかげでそれが大きな誤解であることがわかりました。

『あれ?RTAのほうが2万倍おいしいぞ?』 ONE Tankでの一服目にそう感じたのです。ONE Tankの推奨出力は40~70W、その範囲でいろいろと設定してみたのですが大きな違いはありませんでした。『うん、とにかく薄いwww』

なんとか状況を好転させたくてエアホール開度をいろいろと試したのですがそれも大きな違いはありませんでした。『うん、とにかくスッカスカwww』しかも油断してると『イガるしwww』

やはり自分でビルドするのが一番です。使い捨てクリアロに頼っていてはいけません。NuNu Tank(OG Tank)が別格だっただけのようですね。ONE TankではRTAの代わりにはなり得ないでしょう。とは言え、万が一の際の予備品としてはこれでOK。どうせ素グリでしか吸いませんし、ニコチン摂取さえできればいいのですから。

Teslacigsのことは毎回盛大にディスってますけど、私はこのメーカーのことが嫌いってわけではないのです。それどころかけっこう好きな方。なぜでしょうかね。ステルスMODでお世話になった印象が強いのかもしれません。あちらこちらに粗が見えるメーカーではありますが、それも微笑ましく思えるのです。

あばたもえくぼ。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
周りから見ればVAPEは不審物。利用者のモラルが試されています
ニコチンは毒物。取り扱いは法律に沿い、細心の注意をもって

Copyright © 2018 ぬかよろこび